おいしいお米.com

銘柄(種類)ごとの特徴や生産地・ランキングなど

金芽米の産地はどこ?新潟?北海道?

金芽米の産地は決まっていない

お米といえば、コシヒカリヒノヒカリなどの品種による違いと、新潟県や岩手県などの産地による違いが味を大きく分けます。

おいしいと話題になっている金芽米の産地はどこなのでしょうか?

実は、金芽米の産地は決まっていません。

また、品種もコシヒカリやななつぼしなど、固定のものがあるわけではありません。

というのも、「金芽米」というのは、お米の品種名ではなく、玄米、精米、胚芽精米のようなお米の精米方法を表す名称です。

金芽米って何?その特徴とは

様々な金芽米の種類

つまり、金芽米は、玄米や胚芽米のような名称なので、

  • コシヒカリの金芽米
  • ひとめぼれの金芽米
  • ゆめぴりかの金芽米

などが、存在することとなります。

また、同様に、

  • 新潟県産の金芽米
  • 岩手県産の金芽米
  • 北海道産の金芽米

などもありえます。

そのため、金芽米の産地はどこ?という場合には、決まっていないということとなります。

ちなみに、タニタ食堂の金芽米には、さまざまな産地の物がブレンドされています。

  • 大分県産/ヒノヒカリ
  • 佐賀県産/さがびより
  • 長野県産/こしひかり
  • 福井県産/あきさかり
  • 鳥取県産/ひとめぼれ
  • 島根県産/きぬむすめ

など。

【Amazon】おいしい金芽米の通販や購入はこちらから


<< 金芽米の水分量や浸漬時間など おいしい金芽米の秘密とは >>

おいしいお米の生産地

合わせて読みたい

お米に関する記事