おいしいお米.com

佐賀県産米の特徴や購入/通販情報など

佐賀県の特徴

佐賀県の特徴

佐賀県産のお米

 佐賀県は九州の北西部に位置し、東は福岡県、西は長崎県に接し、北は玄界灘、南は有明海に面しており、九州地方の中でも、最も面積が小さく人工も少ない県として有名です。

 佐賀県は3つの区分に分けて気候が変わります。県内全域の気候として、全国と比較すると気候は温暖な地域です。しかし、冬季の冷え込みがかなり激しく、関東地方よりも冬季は寒くなります。

 また、梅雨時期の雨量が多い傾向にあり、台風が通過し被害を受ける事も多々ありますが、九州地方の中では雨による災害も少なく、穏やかな気候が特徴です。

 佐賀市を中心とした南部の平野部では、夏の降水量が多く猛暑日が多い傾向にあり、有明海側より吹き付ける風による塩害が発生しやすく、内陸なので冬季は乾燥しやすい環境となっています。

佐賀県産のお米の銘柄や特徴

 九州地方の北西部に位置する佐賀県。平均気温は15.4度で降水量は年平均2,000mmと多く降ることでも知られています。

 そんな佐賀県で行われる米作りは、有明海に面する広大な筑紫平野などで二毛作も行われるなど、盛んに米作りが行われています。

 特に「さがびより」は佐賀県農業試験研究センターが10年がかりで研究・ 開発を行い、夏場の高温といった近年の気候変動にも対応できる新たな佐賀の期待の星として、平成21年から佐賀県下でも本格的に栽培されています。

佐賀県で作られるお米の銘柄

【Amazon】佐賀県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


佐賀県産米の口コミ/評判

佐賀県産米の口コミ/評判

品種 :さがびより
内容量:6kg / 料金:3500円
さがびよりは、もともと実家の親からの勧めもあり購入に至りました。朝1度だけ炊飯し夜の分は保温せずに夫々のお茶碗に次ぎ分けたり、週末用に冷凍したりとするのが一般的なのですが、そのような食べ方をしても炊き立てを感じられるツヤともちっとした感じでいつでも炊き立てを感じられるお米です。 何より粒がおおきいです。

品種 :夢しずく
内容量:5kg / 料金:2700円
昨年2016年12月までよく食べていました。 現在は海外在住なので日本のお米を食べていませんが、一人暮らしの時に買うお米は夢しずくでした。 九州に住んでいたので購入しやすいことも理由です。 一人暮らしだったので、炊飯器も手頃な価格でよい釜だとは言えないものを使っていました。 それでももちもちとした食感で美味しく食べていました。 もっと性能がよい炊飯器で炊くともっと美味しくいただけたんだろうと思います。

品種 :さがびより
内容量:5kg / 料金:1500円
炊き上がりの香りが良く、炊飯器を開けた瞬間、目に飛び込んでくるつやに食欲をそそられます。もっちりした味わいと触感が特徴的で、時間がたってもパサつかないのでおにぎりやお弁当にもぴったりです。コメの食味ランキングで最高評価の特A評価を獲得しているのにお値段もお手ごろで毎日食卓に潤いを与えてくれるお米です。

品種 :夢しずく
内容量:5kg / 料金:1500円
特にいつも銘柄を決めているわけではありません。夢しずくは福岡県の米で、隣の佐賀県にいるのでよく入荷されてきて比較的他の米よりも安価なので買ってみたといった感じです。味は特にくせもなく、食べやすいと思います。その他には特に特徴は感じられません。

品種 :さがびより
内容量:5kg / 料金:2000円
「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

佐賀県の生産量/作付面積

佐賀県の市区町村一覧

伊西地域
伊万里市
有田町
杵藤地域
嬉野市
鹿島市
武雄市
大町町
江北町
白石町
太良町
佐城地域
小城市
佐賀市
多久市
唐松地域
唐津市
玄海町
三神地域
神埼市
鳥栖市
上峰町
基山町
みやき町
吉野ヶ里町

【Amazon】佐賀県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地