おいしいお米.com

奈良県産米の特徴や購入/通販情報など

奈良県の特徴

奈良県の特徴

奈良県産のお米

 奈良県には海がなく四方を陸で囲まれているため、基本的には内陸性気候に属します。ただ、地域によっては多少気候が異なり、北部は瀬戸内海式気候、南部は太平洋側気候の特徴も見られます。

 奈良県の気候は全体的に温暖ですが、北部の北西部大和盆地では内陸性気候、北部の北東部大和高原では内陸性気候と山岳性気候の特徴を持っています。また、気温の日較差は大きく、夏は暑く、冬は寒くなります。

 特に大和高原では冬は厳しい寒さとなりますが、南部山岳部では山岳性気候の特徴を有し、特に、大台ケ原山を中心とする南東山地は、日本屈指の多雨地帯であり、夏の雨量が極めて多く、冬は厳しい冬山の様相になります。

 また、台風の影響は内陸部ということもあり、大きな被害を受けることは稀です。

奈良県産のお米の銘柄や特徴

 奈良県の特徴としては、寒暖差の激しい内陸性の気候が挙げれられ、南部では温暖で雨が多いのが特徴です。

 奈良県での稲作は、大和平野と大和高原を中心に行われていますが、全国的に見ても大規模とは言えません。

 そんな奈良県では、あきたこまちや、キヌヒカリ、コシヒカリなどが作付されていますが、県内で最も多く作付されているのはヒノヒカリです。県全体で見ても6割を占めるなどヒノヒカリの栽培に力が入れられています。

奈良県で作られるお米の銘柄

【Amazon】奈良県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


奈良県産米の口コミ/評判

奈良県産米の口コミ/評判

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1800円
他の品種を購入したことが無い(実父が作っているヒノヒカリをもらうことが多い)ので比べようがありませんが、特Aランクということなので、かなりおいしいお米なのだと思います。炊き上げた時に美しいつやがあり、やわらかく炊いても固めに仕上げても飽きることなく最後までおいしくいただけます。

奈良県の生産量/作付面積

奈良県の市区町村一覧

北部地域
生駒市
宇陀市
香芝市
橿原市
葛城市
五條市
御所市
桜井市
天理市
奈良市
大和郡山市
大和高田市
安堵町
斑鳩町
王寺町
大淀町
河合町
川西町
上牧町
広陵町
三郷町
下市町
高取町
田原本町
平群町
三宅町
吉野町
明日香村
山添村
南部地域
上北山村
川上村
黒滝村
下北山村
曽爾村
天川村
十津川村
野迫川村
東吉野村
御杖村

【Amazon】奈良県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地