おいしいお米.com

大分県産米の特徴や購入/通販情報など

大分県の特徴

大分県の特徴

大分県産のお米

 大分県は瀬戸内海に面した九州北東部にあり、温暖な気候と九州本土一高い久住の山々と緑豊かな森林に育まれた豊富な水資源、温泉源泉数や湯量が日本一の別府温泉に代表されるようなさまざまな天然自然に恵まれています。

 そんな瀬戸内海に面し、温暖な気候で自然災害も比較的少ない大分県ですが、気候区分は、大きく4つに分けられます。

 北部は瀬戸内海気候区に属しますが、冬は北九州方面や関門海峡からの季節風の影響で天気が悪く、曇りの天気が多くなります。 また、中部は冬の季節風時には県北西部の山地の影響で北部・西部に比べ天気がよくなります。

 西部は内陸地にあるため夏は雷雨が多くなります。また秋から初冬に発生する日田や湯布院の盆地霧は有名です。 また、南部は県内でもっとも温暖多雨の地域で夏の大雨と冬の晴天に特色があります。

大分県産のお米の銘柄や特徴

 九州の東側に位置する大分県。別府湾に注ぐ大分川の下流には大分平野があり、そのほかには、中津盆地、日田平野があります。

 海沿いの地域は温暖ですが、山沿いでは冬になると寒さの厳しい地域となります。

 そんな大分県で作られるお米の90%が大分県内で消費されています。

 主な作付品種としては、あきたこまち、あきまさり、にこまるといったものがあります。

大分県で作られるお米の銘柄

【Amazon】大分県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


大分県産米の口コミ/評判

大分県産米の口コミ/評判

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1500円
ひのひかりは、甘く水分が多いので、もっちりとしています。おにぎりにすると、塩が甘さを引き出してくれます。炊き込みご飯にしても、おいしいです。焼き飯には、不向きかもしれません。炊きたてのふっくら感、もちもち感は、本当に良いです。ふりかけや、混ぜご飯との相性もよいです。

大分県の生産量/作付面積

大分県の市区町村一覧

北部地域
宇佐市
中津市
豊後高田市
中部地域
臼杵市
大分市
津久見市
由布市
東部地域
杵築市
国東市
別府市
日出町
姫島村
南部地域
佐伯市
豊肥地域
竹田市
豊後大野市
西部地域
日田市
玖珠町
九重町

【Amazon】大分県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地