おいしいお米.com

銘柄(種類)ごとの特徴や生産地・ランキングなど

発芽米、発芽玄米って何、その違いや特徴とは

発芽米・発芽玄米って何?

健康志向の方々には、玄米や胚芽米などが注目されていますが、その中の一つに、発芽米・発芽玄米があります。

この発芽米・発芽玄米というのは、玄米をわずかに発芽させたお米で、発芽の際に眠っていた酵素が活性化し、出芽のために必要な栄養を玄米の内部に増やしていくため、玄米よりも栄養価が高いのが特徴です。

さらに玄米よりも、硬い糠もやわらかくなるため、白米と同様に手軽に炊飯することが出来ます。

発芽米は、玄米を約1~2日程度、32度前後のぬるま湯に浸し、1mmほどの芽が出た状態にしたものです。

市販の発芽玄米は人工的に成長を止め、保存性のために再乾燥等がされているため、価格が高くなりがちです。

白米の特徴

  • 食べやすい
  • 栄養価が低い

一般的に食される白米は、食べやすいが玄米や胚芽米と比較すると栄養価が下がります。

金芽米の特徴

  • 栄養価が高い
  • 口触りがよい

金芽米は、栄養価があり、白米に比べてコクがあります。

胚芽米の特徴

  • 栄養価が高い
  • 口当たりがよくない

玄米の胚芽を80%以上残して精米したお米です。栄養はありますが、口当たりがよくありません。

発芽米/発芽玄米の特徴

  • 栄養価が高い・豊富
  • 白米のように炊飯できる
  • 食べやすい

発芽玄米は、栄養価が豊富で、白米のように炊飯出来ます。

玄米の特徴

  • 栄養価が高い
  • 消化が悪い

もみ殻を取り除いただけのお米です。栄養価は高いが消化が悪いです。

発芽米と発芽玄米の違い

発芽米と発芽玄米は、度々使い分けられることがありますが、違いはなく、基本的には同じものを指しています。

一般的には、「発芽玄米」が用いられることが多いです。

発芽玄米の種類

発芽玄米は、精米方法により、名付けられた名前のため、各品種ごとに発芽玄米が存在することとなります。

コシヒカリ発芽玄米、ひとめぼれの発芽玄米といった具合です。

あくまで一例ですが、次のような品種の発芽玄米が販売されています。

【Amazon】おいしい発芽米の通販や購入はこちらから


<< 金芽米の種類や品種・銘柄など 発芽玄米の危険性は嘘?体に悪い・毒とも…。 >>

おいしいお米の生産地

合わせて読みたい

お米に関する記事