おいしいお米.com

広島県産米の特徴や購入/通販情報など

広島県の特徴

広島県の特徴

広島県産のお米

 広島県は、北部の豪雪地帯は日本海側気候、それ以外の地域は瀬戸内海式気候に分類され、県中央部には、中国地方最長の江の川が流れています。

 冬は広島市など安芸地域にでは北西の季節風の影響で曇りや雨・雪の日も少なくなく、山沿いを中心に積雪することもある。また、備後地域の沿岸部では冬でも晴天日数が比較的多く、岡山県南部に似た天気傾向となります。

 広島県では、冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂に見舞われることもある。また、夏は沿岸の都市部や内陸の盆地などで猛暑日になる日も少なくない。

広島県産のお米の銘柄や特徴

 広島県の米の流通は生産量が約14万tに対し消費量が約19万tで、広島県で生産された米はほとんどが県内で消費されています。

 作付される品種は、コシヒカリやヒノヒカリ、あきたこまちなどが栽培され、中でもコシヒカリは、全体の4割を占めています。

 また広島県には、平成6年に県の奨励品種に採用されたオリジナル品種「あきろまん」も存在しています。

 広島県は日本の縮図と言われており、お米以外にも、温暖な瀬戸内海沿岸の島しょ部ではみかんが生産され、中国山地沿いの積雪地帯ではりんごも生産されています。

広島県で作られるお米の銘柄

【Amazon】広島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


広島県産米の口コミ/評判

広島県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:4800円
コシヒカリはお米として全国的にも有名で、ほぼ全国どこでもスーパーなどで購入できるし、新米でなくても、開封から日にちが経過しても、味も色つやも炊いたときの良い香りも変わらないところが大好きです。名前を聞いて知らない人がいないという安定感があるので、試しに食べなくても美味しいのがわかるのがいいです。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1600円
あまりねっちょりはしていません。味付けしても味のノリもよく、味付け無しでそのまま食べても甘味が強い方です。水を増やしてやわらかめに炊いた場合は卵かけごはん。普通の硬さで白ご飯。大分時間がたってカリカリになったらチャーハンにするのが、個人的にオススメです。

広島県の生産量/作付面積

広島県の市区町村一覧

芸北
安芸高田市
安芸太田町
北広島町
江田島市
呉市
広島西
大竹市
廿日市市
尾三
尾道市
三原市
世羅町
備北
庄原市
三次市
広島中央
竹原市
東広島市
大崎上島町
広島
広島市
海田町
熊野町
坂町
府中町
福山・府中
福山市
府中市
神石高原町
広島市の区一覧
安芸区
安佐北区
安佐南区
佐伯区
中区
西区
東区
南区

【Amazon】広島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地