おいしいお米.com

銘柄(種類)ごとの特徴や生産地・ランキングなど

お米の減農薬栽培とは

減農薬栽培とは

「減農薬栽培」は、読んで字のごとく、農薬を減らして栽培する農業の手法です。

ただ、現在は「特別栽培農産物」に統一されており、「減農薬栽培」「無農薬栽培」という表記は使えなくなりました。

というのも、「無農薬栽培○○○」や「減農薬栽培○○○」の表示は誤解を与えたり定義が曖昧などの理由から、農林水産省「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」により平成16年に禁止されました。

減農薬栽培のメリット・デメリット

通常の農薬使用 減農薬・無農薬
収穫量 増加 減少
収穫量の年次変動 安定 不安定
農作物の質(=価格) 向上 低下
農作業の手間と労力 減少 増加
農薬散布の手間とコスト 増加 減少
農薬散布する人の危険性 増加 減少
自然環境、土壌への悪影響 増加 減少

JAS制度とは、マークや記号

JAS制度のマーク・記号

「無農薬栽培」や「減農薬栽培」の表記が禁止された際に、有機食品の表示に一定の基準が設けられることになり、JAS有機認証制度が出来ました。

このJAS制度は、一定の農場で一定期間(3年)以上無農薬、無化学肥料で栽培した農産物にのみJASのマークをつけることと、有機の表示をして販売することが認められるという制度です。

そのため、、有機の表示のある農産物には必ずJASのマークが付けること、JASのマークのない有機農産物は有機農産物として販売できないということになりました。

また、有機栽培生産者になるためには、申請書の提出が義務付けられています。

認定後も記録の記帳が義務付けられ,毎年、認定機関の監査があります。

もし、違反した場合には厳しい罰則も定められています。

【Amazon】おいしいお米の通販や購入はこちらから


<< お米の有機栽培とは 胚芽米と分づき米の違い >>

おいしいお米の生産地

合わせて読みたい

お米に関する記事