おいしいお米.com

香川県産米の特徴や購入/通販情報など

香川県の特徴

香川県の特徴

香川県産のお米

 香川県の気候は、瀬戸内海式気候で、晴天の日が多く雨量が少ないのが特徴です。日照時間が長いことが塩の生産・発展に役立ち、「塩田王国香川」と言われていました。

 四季を通じて温暖少雨で、気候温和、明るい瀬戸内海の気候に恵まれています。

 積雪も一冬に1、2回程度は起こりますが、大雪は少ない。また、夏は瀬戸内海の凪や四国山地越えのフェーン現象などの影響で、猛暑日や熱帯夜になる日も多い。

 地形は半月型で、南部には讃岐山脈が連なり、北部には讃岐平野が展開しています。河川は讃岐山脈に源を発し、北流して瀬戸内海に注いでいます。

香川県産のお米の銘柄や特徴

 香川県といえば、全国で最も小さな県として知られて、年間の日照時間が2116時間と日本で一番長く、年間を通して雨の少ない地域です。

 香川県で行われる稲作は、全国でも比較的小さく、二毛作が行われています。雨が少ない地域なため、ため池にたよっています。

 作付される品種は、あきげしきやあきたこまち、さぬきよいまいなどがありますが、2013年に新しく「おいでまい」が出来たことでも注目を集めています。

 この「おいでまい」は香川県で生まれた新しいお米を多くの人に食べて欲しい、食べにきてほしい。殿思いが込められ命名されました。

香川県で作られるお米の銘柄

【Amazon】香川県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


香川県の生産量/作付面積

香川県の市区町村一覧

西讃
観音寺市
三豊市
中讃
坂出市
善通寺市
丸亀市
綾川町
宇多津町
琴平町
多度津町
まんのう町
東讃
さぬき市
東かがわ市
三木町
高松地域
高松市
直島町
小豆地域
小豆島町
土庄町

【Amazon】香川県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地