おいしいお米.com

滋賀県産米の特徴や購入/通販情報など

滋賀県の特徴

滋賀県の特徴

滋賀県産のお米

 滋賀県は、日本列島のほぼ中央部に位置し、周囲に1,000m前後の山脈が連なり、中央部には日本最大の琵琶湖を擁する大きな盆地で、北部は北陸・山陰型の日本海側気候、南部は太平洋側気候および瀬戸内海式気候を併せ持っています。

 また、南は伊勢湾、北は若狭湾によって本州で一番狭くなった所に位置し、大阪湾から若狭湾に至る低地帯の一部であり、それぞれの湾から入る気流の通路となっています。

 北部や山間部には豪雪地帯が広がり、中でも最北端の長浜市余呉地区は近畿地方で唯一の特別豪雪地帯に指定されています。

滋賀県産のお米の銘柄や特徴

 滋賀県内で生産される「うるち米」「酒米」「もち米」を総称して「近江米」と呼ばれ、日本一の琵琶湖を最大限に活かした稲作が行われています。土づくりを基本に、品質と食味を重視し、周辺環境にも優しい「安全・安心・おいしい」米づくりが取り組まれています。

 滋賀県は、四方を山々に囲まれ、豊かな自然に恵まれていることから、米作りに最適の環境だと言われています。

 作付の多くはコシヒカリ、キヌヒカリ、日本晴ですが、滋賀県が独自に育成したみずかがみや秋の詩なども栽培されています。

滋賀県で作られるお米の銘柄

【Amazon】滋賀県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


滋賀県産米の口コミ/評判

滋賀県産米の口コミ/評判

品種 :キヌヒカリ
内容量:5kg / 料金:1700円
カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

品種 :コシヒカリ
内容量:30kg / 料金:8000円
コシヒカリは、炊き上がりに光沢があり、もちもちした食感、さらに粘りも強いお米です。粘りというと「ベタベタ感」を思われるかもしれませんが「ベタベタ感」は全くありません。ですから冷えても硬くなりにくく、おにぎりやお弁当におすすめです。とにかく美味しいお米で、塩だけ、昆布だけ、ふりかけだけの添え物があれば充分なお米です。

品種 :コシヒカリ
内容量:2kg / 料金:1000円
滋賀県産コシヒカリは、スーパー等で見かけることが多く、値段も手頃で甘みがあっておいしいです。コシがしっかりしており、炊くとお米の粒が立っておりつやつやしています。冷蔵・冷凍しても甘みがあまり落ちることが無く、非常に扱いやすいお米だと言えます。

品種 :キヌヒカリ
内容量:10kg / 料金:3000円
近郊で取れているというのもあり、以前からよく食べているお米でなじみがあります。味的には甘味も程よくあり、どちらかというと一粒がしっかりしています。なので柔らかめが好きな人は水の量を気持ち多めにしたら柔らかいご飯になると思います。サッパリとしていておかずによく合います。

品種 :みずかがみ
内容量:5kg / 料金:1800円
柔らかくて食べやすいです。炊いたお米はつやつやで、冷めてもおいしいです。噛めば噛むほど旨みがあり飽きのこない味です。夏の高温に強く、農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らして栽培しています。価格帯もお求めやすいです。普段使いに、ぜひおすすめのお米です。

滋賀県の生産量/作付面積

滋賀県の市区町村一覧

湖東
近江八幡市
東近江市
彦根市
愛荘町
甲良町
多賀町
豊郷町
日野町
竜王町
湖南
大津市
草津市
甲賀市
湖南市
守山市
野洲市
栗東市
湖西
高島市
湖北
長浜市
米原市

【Amazon】滋賀県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地