【通販】あきたこまちの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきたこまちの特徴や生産地・通販など

あきたこまちの特徴・由来など

あきたこまちの特徴・由来など

あきたこまちとは

あきたこまちは、日本のイネの栽培品種の1つです。

1984年に秋田県の奨励品種に採用された。

秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種ですが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていません。

育成年は1984年ですが、1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持しています。

また、2005年(平成17年度)の作付面積は約13万ha、順位は第4位で、東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位となっています。

ちなみに、日本穀物検定協会が発表した2016年産米の「食味ランキング」で、秋田県の県南産「あきたこまち」は特Aを獲得。2012年に特Aに返り咲いて以来、四年連続での特A受賞となりました。

あきたこまちの掛け合わせ

交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号で、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれた。
1977年に雑種第一代1個体分の雑種第二代種子を秋田県農業試験場が譲り受け、その年の圃場栽培から後代の育成・選抜を行ないました。

その後、1981年に雑種第六代の選抜終了後、有望系統に「秋田31号」の地方番号が与えられ、1982年以降の各種試験に供されました。

1984年に秋田県の奨励品種に採用され、秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなみ「あきたこまち」と命名されました。

あきたこまちの味

コシヒカリを親に持つあきたこまちは、コシヒカリ譲りの味の良さを誇ります。

香りも良く、粘りもありモチモチとした食感の良さが特徴で、旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどバランスが非常によく、完成されたお米と評価されています。

また、他のお米よりも水分含有量が多いのも特徴で、炊き立てはもちろん、冷めても美味しいお米です。

そんなあきたこまちは、玄米でも美味しく食べられる品種で、一般的な品種では、玄米にするとどうしても、ぱさつきやすくなってしまいますが、あきたこまちでは、玄米でも発芽玄米でも粘り気が強く、良い食感を楽しめます。

あきたこまちの合う料理

あきたこまちの特徴は、コシヒカリ譲りの甘みや旨みを持ちながらも、味のバランスが良いのであっさりとしている点です。

そのため、、あきたこまちに合う料理は、繊細で比較的薄味の和食との相性が非常に良いです。また、刺身やお寿司にも良く合います。

また、コシヒカリほど腰が強くないので、おにぎりにも合いますし、うな重や丼ものにもおすすめです。冷めても美味しく頂くことが出来ます。

【Amazon】おいしいあきたこまちの通販や購入はこちらから

品種 あきたこまち
育成年 1984
育成場所 秋田県農試
粒形 中形で基部ややせまい。中飴色。
名前の由来 秋田県雄勝町小野の里に生まれたと伝わる小野小町にちなみ、おいしい米として名声を得るようにとの願いをこめて。
稲の特性 主産県の秋田では、高冷地を除く県内一円の平坦地に適する。
白葉枯病に弱いが耐冷性やや強い。
あきたこまちの来歴

あきたこまちの口コミ/評判

あきたこまちの口コミ/評判

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:30kg / 料金:9000円
あきたこまちは炊き上がりもツヤツヤしていて、お米もふっくら。そのまま食べても甘みのあるお米だと思います。古米でも水加減をいつもより少し多くするだけだくで、新米に近いくらいの炊き上がりになり素晴らしい品種だと思います。食べ方としては、炊き上がりのアツアツに筋子です。わたし個人の感想ですが。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:10kg / 料金:3400円
炊き上がると、つやつやふっくらとしています。水分が多く、もちもちとして粘り気が強いです。甘みがあり、噛めば噛むほど旨味が出てきます。炊きたてはもちろん美味しいですが、冷めてもとても美味しいです。混ぜる時、お茶碗によそう時、おにぎりを握る時等力がかかる時は、優しくふわっとするとつぶれず、でもお米の粘り気でくっつくので美味しく食べられます。塩おむすびが何個でも食べられます。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:10kg / 料金:3000円
炊飯器にもよるかとおもいますがほどよい粘りがあって好きな食感です。さっぱりとした炊きあがりが好きなので水をすこし控えたりもしますがふっくら炊きあがります。冷えたご飯もまた美味しく食べられます。お昼のおにぎりなどよく使いますが十分美味しいです。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは適度にモチモチしていて、和食にぴったりです。煮物や焼き魚など和風の料理によく合うと感じます。ほどよく甘みもあり、お米をゆっくり噛んで味わうのが楽しいです。家族もあきたこまちが一番好きです。たまにコシヒカリなどにするのですが、やっぱりあきたこまちが一番美味しいという結論に至ります。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:10kg / 料金:4500円
炊き上がりからふっくらとしていて、食べた時に程よくもっちりとした食感を感じられます。お弁当など冷めた状態で食べても、ベタッとした感じがなく、ふっくらとしたご飯のふくよかさがキープされていて、とても美味しいですし、ご飯の風味も感じられるので食べやすいです。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:10kg / 料金:3000円
特に美味しくも、まずくも無く普通です。 粘りはそれほどなく、あっさりしています。 このお米を選んだ理由は、値段です。 怪しくなく、気持ち悪くないお米の中で一番安いからです。 おにぎりにして弁当に持っていっても、普通に美味しいです。 特に特徴はないですね。

品種 :あきたこまち
生産地:山形県
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちの無洗米を購入しています。洗わなくていいので特に冬場が便利で助かります。どちらかというともちもちではなくあっさりしていておかずは何でも合うし、冷めてもおいしいのでお弁当にもぴったりです。値段もそこそこなので我が家ではもう十年以上同じお米です。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:5kg / 料金:2100円
あきたこまちは甘みと旨みのバランスがいいです。なので、どんな料理とも相性がいいように思います。また、お米一粒一粒がしっかりしているので、おにぎりなんかにもぴったりのお米です。価格もそれほど高くなく、スーパーならばいつでも手に入るのでとても身近なお米だと思います。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:5kg / 料金:2200円
ご飯は柔らかめが好きです。柔らかめに炊いて美味しいのは、あきたこまちだと思います。 甘すぎず、ちょうどよい加減だと思います。また、お米自体の味がそこまで強くないので、どんなおかずでも、ぴったり合うと思います。おにぎりにしても、あっさりした味になって好きです。

品種 :あきたこまち
生産地:秋田県
内容量:5kg / 料金:1800円
あきたこまちは、コシヒカリほどの粘りはなく、比較的あっさりとしたブランドですが、その分どのような食事にも合い食べ飽きることなく、ご飯を毎日食べ続けることができます。またあきたこまちの最大の特長は「さめてもおいしい」ことで、子どもたちのお弁当作りが欠かせない我が家では、とても重宝しています。

【お米の高い・安い】銘柄ごとの価格差の理由

理由①品種と生産地
稲の品種や栽培地の条件によって、お米の品質や収穫量が異なります。一部の高級銘柄は特定の地域や気候風土に適した条件で栽培されるため、生産量が限られることがあります。そのため、需要に対して供給が少なくなり、価格が高くなる傾向があります。
理由②生産方法
お米の生産方法には、農薬や化学肥料の使用の有無、有機栽培や無農薬栽培などがあります。高級銘柄の一部は、より自然な栽培方法を採用しているため、生産コストが高くなることがあります。
理由③処理と精米方法
お米の品質を保つために、適切な処理と精米方法が行われる必要があります。高級銘柄では、より細かい精度で加工や選別が行われることがあります。これには専用の設備や技術が必要となり、それによって生産コストが増加し、価格が高くなります。
理由④ブランディングとマーケティング
高級お米の一部は、ブランドイメージやマーケティング戦略によって付加価値を持たせています。広告やパッケージングなどを通じて特別感や高品質のイメージを醸成し、価格を高めに設定することがあります。

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

おいしいお米の生産地