【通販】あきたこまちの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきたこまちの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あきたこまちの特徴・由来など

あきたこまちとは

あきたこまちは、日本のイネの栽培品種の1つです。

1984年に秋田県の奨励品種に採用された。

秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種ですが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていません。

育成年は1984年ですが、1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持しています。

また、2005年(平成17年度)の作付面積は約13万ha、順位は第4位で、東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位となっています。

ちなみに、日本穀物検定協会が発表した2016年産米の「食味ランキング」で、秋田県の県南産「あきたこまち」は特Aを獲得。2012年に特Aに返り咲いて以来、四年連続での特A受賞となりました。

あきたこまちの掛け合わせ

交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号で、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれた。
1977年に雑種第一代1個体分の雑種第二代種子を秋田県農業試験場が譲り受け、その年の圃場栽培から後代の育成・選抜を行ないました。

その後、1981年に雑種第六代の選抜終了後、有望系統に「秋田31号」の地方番号が与えられ、1982年以降の各種試験に供されました。

1984年に秋田県の奨励品種に採用され、秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなみ「あきたこまち」と命名されました。

あきたこまちの味

コシヒカリを親に持つあきたこまちは、コシヒカリ譲りの味の良さを誇ります。

香りも良く、粘りもありモチモチとした食感の良さが特徴で、旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどバランスが非常によく、完成されたお米と評価されています。

また、他のお米よりも水分含有量が多いのも特徴で、炊き立てはもちろん、冷めても美味しいお米です。

そんなあきたこまちは、玄米でも美味しく食べられる品種で、一般的な品種では、玄米にするとどうしても、ぱさつきやすくなってしまいますが、あきたこまちでは、玄米でも発芽玄米でも粘り気が強く、良い食感を楽しめます。

あきたこまちの合う料理

あきたこまちの特徴は、コシヒカリ譲りの甘みや旨みを持ちながらも、味のバランスが良いのであっさりとしている点です。

そのため、、あきたこまちに合う料理は、繊細で比較的薄味の和食との相性が非常に良いです。また、刺身やお寿司にも良く合います。

また、コシヒカリほど腰が強くないので、おにぎりにも合いますし、うな重や丼ものにもおすすめです。冷めても美味しく頂くことが出来ます。

【Amazon】おいしいあきたこまちの通販や購入はこちらから

品種 あきたこまち
育成年 1984
育成場所 秋田県農試
粒形 中形で基部ややせまい。中飴色。
名前の由来 秋田県雄勝町小野の里に生まれたと伝わる小野小町にちなみ、おいしい米として名声を得るようにとの願いをこめて。
稲の特性 主産県の秋田では、高冷地を除く県内一円の平坦地に適する。
白葉枯病に弱いが耐冷性やや強い。
あきたこまちの来歴

あきたこまちの口コミ/評判

あきたこまちの口コミ/評判

生産地 :長野県
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちはコシヒカリを親に持つお米で、香り・旨味・甘味・粘りのバランスが良いのが魅力です。 できたてはもちろん、冷めても美味しいので気に入っています。 コシヒカリよりも割安で、産地によって味に差が少ない気がします。 いつも購入しているお米です。

生産地 :秋田県
内容量:10kg / 料金:2650円
ササニシキはさっぱりしすぎ、コシヒカリはもっちりしてるけど、弁当に詰めるとべちゃっとした感じになります。あきたこまちは適度な硬さと歯ごたえがあり、暖かいときは香ばしく、冷めても、ぱらっとした粒感が残って口当たりがいいです。生産者からのお取り寄せで、割高ですが満足しています。

生産地 :秋田県
内容量:5kg / 料金:1780円
あまり品種にはこだわりませんが、粘り気がないご飯が好きなので、あきたこまちもそんなになかったので、ブレンド米を選んでいます。チャーハンやカレーの時にべたべたしないので作りやすく、美味しいと思います。おにぎりにした時はちょっとパサつくので、水を多めにして炊くことをお勧めします。

生産地 :秋田県
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは炊き上がりはもちろんふっくらしているが、水気も多くない為、良い意味で芯があるお米です。ゆめぴりか等は水分が多い為、柔らかい炊き上がりで、炊き立てをすぐに食べるには良いが、あきたこまちは炊き立てはもちろん、時間が経っても美味しく食べられるお米です。

生産地 :長野県
内容量:5kg / 料金:1900円
あきたこまちはコシヒカリを親に持つ米で、味も歯ごたえも良いです。 代表的な生産地は秋田ですが、全国で生産されています。 どこの生産地のものでも、味にあまり差はないです。 美味しいのに比較的リーズナブルなので、気に入って購入しています。 どんな料理にも合い、冷めても美味しいです。

生産地 :秋田県
内容量:5kg / 料金:2000円
高いお米ではないので、粘り気はあまりなく、アッサリ系です。炊き上げると、なんとなくベッチャリしやすいような気がします。少し固めに炊いて一粒ずつをシッカリさせたほうがおいしく感じます。おにぎりにしても、コンビニおにぎりのほうが美味しいのですが、普通に食べれます。

生産地 :秋田県
内容量:10kg / 料金:3000円
あきたこまちは、炊くともちもちしていて、甘みがあります。米自体の味がしっかりしていると思うので、炊きたてだとおかず無し米だけで数杯いけます。さっぱりサラサラ系の米好きにはおすすめできませんが、もちもち系好きな日本人は多いと思うので、私はあきたこまちがおすすめです。冷めても甘みやもちもち感が続くので、おにぎりやお弁当にもベストなお米だと思います。

生産地 :埼玉県
内容量:5kg / 料金:1980円
手荒れがひどいので無洗米を購入してます。スーパーで安い時に購入、味も普通のお米と変わらないと思います。炊き立て時はつやもあり美味しいと思います。でも、実家の新潟、魚沼産のこしひかり(自然乾燥米)は全然違いますね、つや、ねばり、水分が多く炊く時の水の量を間違えるとおかゆみたいになってしまいます。上手く炊けた時はおかずがいらないくらいです。

【Amazon】おいしいあきたこまちの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地