おいしいお米.com

北海道産米の銘柄・品種や特徴

北海道の特徴

北海道の特徴

北海道産のお米

 北海道の気候は、西岸海洋性気候や温暖湿潤気候が見られる道南の一部沿岸地域を除くと、 ほぼ全域が亜寒帯湿潤気候である。

 夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は日本でも1,2を争うほどの積雪量となる。

 また、道内全域が豪雪地帯、一部地域は特別豪雪地帯になっている。

 道北、道東は寒さが非常に厳しく、沿岸部を除くほぼ全域で最寒月の平均気温が-8度以下となり、 -30度以下まで下がることが多い。

 そのため道内近辺で使用される自動車などは寒冷地仕様でなければならない。

北海道産のお米の銘柄や特徴

 日本でも、有数の米どころとしても知られる北海道で栽培される米の特徴は、様々で、多種多様の品種があることが特徴です。主食として食べられるうるち米だけでも、十数品種もあります。

 また、粘りや食感、甘みなど、それぞれの持ち味も、じつに個性的なものが多く存在します。

北海道で作られるお米の銘柄

【Amazon】北海道産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


北海道産米の口コミ/評判

北海道産米の口コミ/評判

品種 :ななつぼし
内容量:5kg / 料金:1800円
ななつぼしは、粘り気のあるお米ではなくどちらかというとさっぱりした後味のお米です。子どもたちが主に食べるのですが、さっぱりとしているので、チャーハンやピラフなどのチャチャっと料理には最適です。また、カレーやどんぶりなどのお米としても最適な気がします。飽きにくいお米です。

品種 :ななつぼし
内容量:5kg / 料金:1900円
以前はコシヒカリを食べていましたが、価格が少し安いため今はななつぼしを買って食べています。味の感想としてはコシヒカリより粘りは少ないですが、ふっくらと炊き上がることが多く扱いやすいように感じています。カレーや丼物にはとても相性が良いと思います。

品種 :きたくりん
内容量:10kg / 料金:4000円
きたくりんは北海道米の新しい品種です。 知名度はあまりありませんがお値段が安価でさらに美味しいという隠れた名米?だと思います。 粘り気が多いので、気持ちお水は少な目にして炊いています。冷めてもパラパラしません。 甘みはそれほど強くありませんが我が家はシンプルな味のお米が好きなのでとても美味しくいただいています。

品種 :ななつぼし
内容量:10kg / 料金:3500円
北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

品種 :ゆめぴりか
内容量:5kg / 料金:2000円
最近はゆめぴりかを購入しています。他の有名ブランドに比べるとお値段がお手頃なので、購入するようになりました。他のお米ブランドよりもお値段がお安いので、味に疑問を持っていましたが、お米の品質や味は他の物と大きく変わることはないように感じます。炊いたご飯が冷めると味が落ちるような気がしますが、炊き立ては問題なく美味しく食べれると思います。

品種 :ゆめぴりか
内容量:30kg / 料金:7500円
知り合いの農家さんから直接お米を買っています。スーパーのお米は色々な農家さんのお米が混じっていて、味がイマイチに感じるのですが、一つの農家さんのお米なのと、玄米をその都度食べる分だけ精米しているので、一粒一粒がしっかりしていて、炊きたては本当にツヤツヤで美味しいです。 わりと粘りの強いお米です。

品種 :ゆめぴりか
内容量:5kg / 料金:2600円
ゆめぴりかは、もちもちっとした食感が炊き立てでも冷めてもおいしいです。特に炊き立ての味は甘くてどんなおかずでも合うんじゃないかと思います。炊き立てのつやつやしたご飯を見ると幸せを感じます。また、冷めてもおいしいのでお弁当にも持って行ってます。たらこおにぎりが一番好きです。

品種 :きたくりん
内容量:5kg / 料金:1900円
きたくりんの前はゆめぴりかでした。粘りがつよくおいしいのですが炒め物などには不向きかとは思っていました。正直お米のおいしさはよくわからない方でしたが、はじめてきたくりんを食べたときにおいしいとすぐに感じました。強すぎない甘みと適度なサラっと感が食べやすいです。価格も安いのにどうしてこんなにおいしいのかと思ったくらいです。友人にもすすめたところ今のところ100パーセントみんなきたくりんに変えています。

北海道の生産量/作付面積

北海道の市区町村一覧

道央地方(空知/石狩/後志/胆振/日高)
赤平市
芦別市
石狩市
岩見沢市
歌志内市
恵庭市
江別市
小樽市
北広島市
札幌市(全域)
砂川市
滝川市
伊達市
千歳市
苫小牧市
登別市
美唄市
深川市
三笠市
室蘭市
夕張市
厚真町
安平町
岩内町
浦臼町
浦河町
雨竜町
えりも町
上砂川町
喜茂別町
京極町
共和町
倶知安町
栗山町
黒松内町
様似町
積丹町
白老町
新十津川町
新ひだか町
寿都町
壮瞥町
秩父別町
月形町
当別町
洞爺湖町
豊浦町
奈井江町
長沼町
南幌町
新冠町
仁木町
ニセコ町
沼田町
日高町
平取町
古平町
北竜町
むかわ町
妹背牛町
由仁町
余市町
蘭越町
赤井川村
神恵内村
島牧村
新篠津村
泊村
真狩村
留寿都村
道北地方(上川/留萌/宗谷)
旭川市
士別市
名寄市
富良野市
留萌市
稚内市
愛別町
枝幸町
遠別町
小平町
上川町
上富良野町
剣淵町
下川町
鷹栖町
天塩町
当麻町
苫前町
豊富町
中川町
中頓別町
中富良野町
羽幌町
浜頓別町
美瑛町
東神楽町
東川町
比布町
美深町
幌加内町
幌延町
増毛町
南富良野町
利尻町
利尻富士町
礼文町
和寒町
音威子府村
猿払村
占冠村
初山別村
道東地方(網走/十勝/釧路/根室)
網走市
帯広市
北見市
釧路市
根室市
紋別市
足寄町
厚岸町
池田町
浦幌町
遠軽町
雄武町
大空町
置戸町
興部町
音更町
上士幌町
上湧別町
清里町
釧路町
訓子府町
小清水町
佐呂間町
鹿追町
標茶町
標津町
士幌町
清水町
斜里町
白糠町
新得町
大樹町
滝上町
津別町
弟子屈町
豊頃町
中標津町
浜中町
美幌町
広尾町
別海町
本別町
幕別町
芽室町
湧別町
羅臼町
陸別町
更別村
鶴居村
中札内村
西興部村
道南地方(渡島/檜山)
函館市
北斗市
厚沢部町
今金町
江差町
奥尻町
長万部町
乙部町
上ノ国町
木古内町
鹿部町
知内町
せたな町
七飯町
福島町
松前町
森町
八雲町
札幌市の区一覧
厚別区
北区
清田区
白石区
中央区
手稲区
豊平区
西区
東区
南区

【Amazon】北海道産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地