おいしいお米.com

茨城県産米の特徴や購入/通販情報など

茨城県の特徴

茨城県の特徴

茨城県産のお米

 茨城県の特徴としては、太平洋側気候を呈し、冬季は少雨乾燥、夏季は多雨多湿。

 また、太平洋沿岸部は海洋性気候、内陸部は内陸性気候となる。

 全般に冬季は朝晩は沿岸部を除き放射冷却により気温が下がり、 夏季は埼玉県に近接する一部地域を除き北東気流の影響を受けやすく比較的冷涼である。

 豪雪地帯に指定されている地域は存在しないが、 南東部を除く地域、特に北西部山間部は南岸低気圧や北東気流の影響で局地的に大雪となることもある。

茨城県産のお米の銘柄や特徴

 茨城県の水稲は約78,200ヘクタールに作付けされ、農業産出額の約22%を占める主力作物です。

 「ゆめひたち」が育成された平成9年当時の茨城県の中生品種は良食味米の「コシヒカリ」と「キヌヒカリ」が主力でしたが、「コシヒカリ」は倒伏しやすい、「キヌヒカリ」は穂発芽しやすい等の欠点があり、それらの改良が求められていました。

 そのため、倒伏しにくく栽培しやすい良質・良食味品種の育成が進めました。

茨城県で作られるお米の銘柄

【Amazon】茨城県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


茨城県産米の口コミ/評判

茨城県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:2kg / 料金:1000円
毎回、無洗米を購入しています。炊きたては、もちもちとした食感で程よい甘味が、感じられます。他の産地も試してみたのですが、茨城県産が最も美味しいように思いました。普段から多めに米を炊いて、小分けに冷凍保存をしているのですが、特に味が落ちることもなくパサパサにはなりません。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:1400円
柔らかめでなく、わりとしっかりとしたお米が好きなため、コシヒカリを好んで食べています。 新潟産のコシヒカリも米どころだけあっておいしいのですが、毎日食べるには多少値が張るので、価格がお手頃でおいしく、飽きることなく食べることのできる、茨城県産のコシヒカリを購入しています。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
食べている茨城県産コシヒカリは味はしっかり感じれると思います。長くおいておいてもあまり黄色くなるような感じはしません。ご飯を冷凍して解凍してもあまり味の変化は感じられないと思います。普通の水の量で炊くと少し軟らかい気がするので自宅では水を少なくして炊いています。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:1800円
いつも生協で購入しています。茨城コープだからか、茨城県産のお米が安くなっていることが多いので、買っています。こしひかりは、日本を代表する米の種類だけあって、いつもおいしく食べています。あまり、他の種類は食べないので、よくわかりませんが、こしひかり大好きです。

茨城県の生産量/作付面積

茨城県の市区町村一覧

県南地域
石岡市
稲敷市
牛久市
かすみがうら市
つくば市
つくばみらい市
土浦市
取手市
守谷市
龍ケ崎市
阿見町
河内町
利根町
美浦村
鹿行地域
潮来市
鹿嶋市
神栖市
行方市
鉾田市
県央地域
小美玉市
笠間市
水戸市
茨城町
大洗町
城里町
県北地域
北茨城市
高萩市
那珂市
常陸太田市
常陸大宮市
日立市
ひたちなか市
大子町
東海村
県西地域
古河市
桜川市
下妻市
常総市
筑西市
坂東市
結城市
かつらぎ町
五霞町
境町
八千代町

【Amazon】茨城県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地