おいしいお米.com

石川県産米の特徴や購入/通販情報など

石川県の特徴

石川県の特徴

石川県産のお米

 石川県は、本州の中央部で日本海に面した位置を占めています。

 東は宝達丘陵により富山県に、南は白山、大日山の両白山地が岐阜県と福井県と接し、北部は能登半島が日本海側に大きく突き出しており、低標高の小起伏山地と丘陵地とで形成されています。

 加賀地方の平野部では比較的温和な気候ですが、冬は北陸特有のしぐれ現象で天気はぐずつく日が多くなります。  平均気温は13~15度、年降水量は2,100~3,100mmとなっていて、年日照時間は1,400~1,700時間で、夏期は月平均約180時間に対し、冬期は月平均約70時間と極端に少なくなっています。

 能登地方は日本海に大きく突き出し、寒暖の季節風の影響を受けやすく、このため、季節の移り変わりがはっきりとしています。  他の北陸の都市と比べ、夏はやや涼しく、冬は比較的雪も少ないのが特徴です。平均気温は、13~14度ですが、能登北部はやや低めとなっています。年降水量は1,700~2,100mm。年日照時間は1,500~1,700時間となっています。

石川県産のお米の銘柄や特徴

 石川県は、全国でも有数の良質な米の生産地として知られています。石川県のお米は、粘り強さと柔らかさを併せ持つことが特徴に挙げられます。

 県内で最も多く生産されている品種は、全国でも人気の「コシヒカリ」です。

 そのほかにも、2003年に名称が決まった「ゆめみづほ」や、能登地方で栽培される「能登ひかり」、「ほほほの穂」などの品種もあります。

 また、産地や栽培方法に特徴のあるものでは、山間部で減農薬・減化学肥料で栽培されているコシヒカリ「天恵米・宝陽米」や、「神子原米」、「滝の精」、「蛍米」、「姫九谷」などが知られています。

石川県で作られるお米の銘柄

【Amazon】石川県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


石川県産米の口コミ/評判

石川県産米の口コミ/評判

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:4000円
数年前から、有名どころのコシヒカリやササニシキよりもあきたこまちを好んで買ってます。口コミやお米屋さんの話だと、あきたこまちは有名どころよりも粒が大きいと言いますが、私は何故だかそれらより粒が小さく感じ、食べやすいのです。あっさりとした甘味とくせのない味が好きです。あとは、石川県も実はお米が美味しいということをこの数年で耳にし、それ以来新潟や富山・秋田ではなく若干価格が下がる石川産のを購入しています。

品種 :ミルキークイーン
内容量:2kg / 料金:1300円
ミルキークイーンは他のお米と比べてもっちりとした触感と味の美味しさが特徴です。また炊いた後もご飯が固くなりにくいので、そのまま食べたりおにぎりにして食べるとより美味しく食べれました。次回は他のお米とブレンドにして食べても美味しそうだったのでトライしてみたいです。

石川県の生産量/作付面積

石川県の市区町村一覧

加賀地方
加賀市
金沢市
かほく市
小松市
野々市市
能美市
白山市
内灘町
川北町
津幡町
能登地方
珠洲市
七尾市
羽咋市
輪島市
穴水町
志賀町
中能登町
能登町
宝達志水町

【Amazon】石川県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地