おいしいお米.com

熊本県産米の特徴や購入/通販情報など

熊本県の特徴

熊本県の特徴

熊本県産のお米

 熊本県の気候は4つの区分に分けられ、県内全域が太平洋側気候に属し温暖ですが、冬と夏で寒暑の差が激しいのが特徴です。

 熊本地方は、熊本平野を中心として夏は蒸し暑く、冬の冷え込みが厳しい内陸的な気候です。また、阿蘇地方は、阿蘇外輪山に囲まれ海抜高度が400mを越す山地型の気候です。

 島の多い天草・芦北地方は、天草灘・八代海に面した海洋性気候の特徴を持ち、球磨地方は、人吉盆地を中心とした内陸的な気候と山地型の気候となっています。

熊本県産のお米の銘柄や特徴

 熊本県は、世界一のカルデラをもつ阿蘇山や120あまりの島々からなる天草諸島など、豊かな自然に恵まれています。

 県全体で見ると、温暖な地域ですが、熊本市周辺は内陸性気候のため、寒暖差が大きのが特徴です。また、梅雨や夏には、台風など集中豪雨に見舞われることが多々あります。

 菊池川や白川、緑川などが流れる熊本平野、球磨川が流れる人吉盆地と八代平野が米作りの中心で、超早場米から早場米、そして普通期米まで7月下旬から10月下旬の約4ヶ月にわたって新米を継続的に出荷できるのが特徴です。

熊本県で作られるお米の銘柄

【Amazon】熊本県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


熊本県産米の口コミ/評判

熊本県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
コシヒカリの産地は各地あるけれど、今食べている熊本県阿蘇市産のコシヒカリは、もう一か所贔屓にしている福島県会津市産のコシヒカリより粘り気は少なめだけど、しっかりとしたお米の味はご飯を食べているって感じです。煮物など味濃い系のおかずに負けないコシヒカリが好きです。

品種 :矢部米
内容量:5kg / 料金:1900円
矢部米はコシヒカリなどよりも価格が安くお手頃なお米ですが、美味しさも引けを取りません。普段頂くお米としては十分です。ぱさついていることもなく、ちょうどいい水分量だと思います。お米の甘さもちゃんと感じられますし、くせの無い万人受けしそうなお米です。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1600円
とてもおいしいとは言いにくいのですが、ほとんどの料理に組み合わせが可能で家庭で食べるには向いていると思います。4時間たつと変色が目立つ感じがするところと、固くなりやすい感じはあります。どちらかというと急速炊飯より通常の炊飯の方が米がふっくらしている気がします。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:4000円
ヒノヒカリは、何より「もっちりとした食感」が魅力。 味も良く(粘りや甘みがすごく強い…というわけではありませんが)噛みしめるほどに甘みとお米のいい香りが口いっぱいに広がります。また、冷めてもモチモチ感が失われずオイシイのがこの品種! 家族みんなでヒノヒカリのとりこです。

品種 :森のくまさん
内容量:5kg / 料金:1780円
もりのくまさんは熊本が産地のお米で、特Aクラスを頂いたおコメでもあります。特Aクラスになるとお米がつやつやしてて甘味がすごいです。九州人は醤油なども甘い傾向が多いので、お米も甘い傾向にあるのかもしれません。普通のクラスのもりのくまさんのおコメでもふっくらして甘味があり又お手頃なんで購入はいつも森のくまさんです。

品種 :あきげしき
内容量:5kg / 料金:1700円
もちもちしていて、適度な甘みがあり、炊き上がりがツヤツヤしており、ボソボソ感は全くないです。粘り気は少なめです。シンプルな味なので、基本的にどんなおかずにもよく合い、飽きずに食べ進められます。季節に応じて、水加減を調節すれば、美味しく食べられます。

熊本県の生産量/作付面積

熊本県の市区町村一覧

阿蘇地域
阿蘇市
小国町
高森町
南小国町
産山村
西原村
南阿蘇村
天草地域
天草市
上天草市
苓北町
玉名地域
荒尾市
玉名市
玉東町
長洲町
和水町
南関町
宇城地域
宇城市
宇土市
美里町
菊池地域
菊池市
合志市
大津町
菊陽町
熊本市
熊本市
球磨地域
人吉市
あさぎり町
多良木町
錦町
湯前町
五木村
球磨村
相良村
水上村
山江村
芦北地域
水俣市
芦北町
津奈木町
八代地域
八代市
氷川町
鹿本地域
山鹿市
熊本市の区一覧
北区
中央区
西区
東区
南区
上益城地域
嘉島町
甲佐町
益城町
御船町
山都町

【Amazon】熊本県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地