おいしいお米.com

鹿児島県産米の特徴や購入/通販情報など

鹿児島県の特徴

鹿児島県の特徴

鹿児島県産のお米

 鹿児島県は本土から薩南諸島最南部の与論島まで、南北の距離が600kmと広範囲におよんでいるため、地域によって多少気候が異なってきます。

 気候は,温帯気候帯から亜熱帯気候帯まで広範囲で、年平均気温は15度から23度とかなりの温度差があります。

 降水量は地域によって相当の差がありますが、おおむね2,000mmから3,000mmです。

 夏秋期には、毎年のように暴風雨を伴う台風に見舞われています。しかし、夏季には干ばつ害をしばしば受けています。

鹿児島県産のお米の銘柄や特徴

 九州の南端に位置し、薩摩、大隈半島と種子島、屋久島など大小200あまりの島々から構成される鹿児島県。

 温帯から亜熱帯性気候に属し、温暖で雨と日照時間に恵まれています  そんな鹿児島県では、地域にあわせて普通期と早期の収穫時期をわけた米作りが行われています。特に種子島で作られるお米は、日本一早い超早場米として知られています。

 その他にも、早期米のコシヒカリ、普通期米のヒノヒカリ、かりの舞など様々な品種が栽培されています。

鹿児島県で作られるお米の銘柄

【Amazon】鹿児島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


鹿児島県産米の口コミ/評判

鹿児島県産米の口コミ/評判

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:2500円
ここ5年程ずっとこのお米を気に入って食べています。程良く甘味があって、癖がなく食べ易いので誰にでも愛される味わいだと思います。 変わりご飯にも使い易くてとても良いですね。 ちょっと水を少な目にして若干時間長めに炊くと、ふっくらした出来上がりになってまたとても美味しいです。

品種 :伊佐米
内容量:30kg / 料金:7000円
伊佐米は全国的にはあまり聞かれないかもしれませんが、鹿児島県産のお米の中では非常に有名で手に入りにくいお米の一つになっています。鹿児島県内のスーパーでの購入も可能ですが、取り扱っていないお店が多いです。私の場合は農家さんから10月頃に直接売ってもらっています。甘くてお米の硬さもちょうどいいお米で、新米時期は全国的においしいと言われるお米と比べても引けを取らないお米なので現在はこのお米を食べ続けています。

品種 :伊佐米
内容量:5kg / 料金:3500円
鹿児島出身ということもあり、食べるのであれば地元のものをと思い購入し始めた。伊佐米はヒノヒカリという種類のお米を減農薬で育てたお米になります。米の粒自体は小さ目ですが、粘りがあり、もちもちっとした食感で、ツヤがあり、炊き立てはもちろん、冷めたときにおいしさが際立つという不思議な特徴がある。お弁当などには特に最適。

鹿児島県の生産量/作付面積

鹿児島県の市区町村一覧

姶良・伊佐地区
姶良市
伊佐市
霧島市
湧水町
北薩地区
阿久根市
出水市
薩摩川内市
さつま町
長島町
大島地区
奄美市
天城町
伊仙町
喜界町
瀬戸内町
龍郷町
知名町
徳之島町
与論町
和泊町
宇検村
大和村
鹿児島地区
いちき串木野市
鹿児島市
日置市
十島村
三島村
南薩地区
指宿市
枕崎市
南九州市
南さつま市
大隈地区
鹿屋市
志布志市
曽於市
垂水市
大崎町
肝付町
錦江町
東串良町
南大隅町
熊毛地区
西之表市
中種子町
南種子町
屋久島町

【Amazon】鹿児島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地