おいしいお米.com

福島県産米の特徴や購入/通販情報など

福島県の特徴

福島県の特徴

福島県産のお米

 福島県は面積が広く、奥羽山脈と阿武隈高地の二つの山系が存在するため、 気候が東西で異なり、山系で隔てられた地域を、会津・中通り・浜通りの区域に分けられる。

 会津地方は、日本海側気候となり雪の多い地域となっており、 全域が豪雪地帯(半数以上が特別豪雪地帯)に属する。

 浜通り地方は、太平洋沿岸部は暖流(黒潮)の影響により夏は涼しく、冬は暖かい顕著な海洋性気候。

 中通り地方は、基本的に内陸性気候の特徴が混じった太平洋側気候であるが、 阿武隈川流域の西側は冬型の気圧配置が強まると日本海側気候の影響を受け降雪することが多く、 福島市の一部などが豪雪地帯に指定されている。

福島県産のお米の銘柄や特徴

 福島県で栽培されるお米の中でも、高品質・低価格、安全生産を両立した「ひとめぼれ」は注目されます。

 平成22年産米の食味ランキングで、「会津コシヒカリ」が最高ランクの「特A」と認められ、平成8年産より15年連続の快挙です。

 「ひとめぼれ」は、安定生産と良食味の2つの特長を合わせ持つ数少ない品種です。

 価格的にも大変リーズナブルな上、何よりもそのおいしさが自慢で、ぴかぴかした光沢とツヤがあり、もちもちとした食感を味わうことができます。

福島県で作られるお米の銘柄

【Amazon】福島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


福島県産米の口コミ/評判

福島県産米の口コミ/評判

品種 :ひとめぼれ
内容量:10kg / 料金:4000円
10年位ひとめぼれを食べています。細長い印象のお米で粘りは強くないように思います、お米どうしがくっついて固まってしまうようなことはないです。特徴的な香りもないように感じます。特に気に入っているのは冷めてからも美味しいのです、お昼のお弁当のご飯がおいしいのです!

品種 :天のつぶ
内容量:10kg / 料金:4000円
粒立ちが良く冷えてもおいしく食べることができる。しかし、販売されている量が少なくいつでも手に入るとは限らない。コシヒカリほどべたべたしないので、好みにもよるが自分としては好みになる。納豆、カレーと和食や洋食のどちらでも合うのがよい。ピラフやチャーハンでもおいしいのでもっと食べたい。

品種 :ひとめぼれ
内容量:30kg / 料金:8500円
地元福島県産のひとめぼれを毎日食べています。よく悪いお米は米粒によって硬さが異なることがありますが、福島県産ひとめぼれは硬さに異なりがなく、米粒の大きさも均等で、食感も硬すぎず柔らかすぎず、適度な甘みがあり、食欲をそそるお米です。様々なお米を食べたことありますが、福島県産ひとめぼれは値段も高すぎず適度な値段で品質の良いお米です。

福島県の生産量/作付面積

福島県の市区町村一覧

会津地方
会津若松市
喜多方市
会津坂下町
会津美里町
猪苗代町
金山町
下郷町
只見町
西会津町
磐梯町
三島町
南会津町
柳津町
北塩原村
昭和村
檜枝岐村
湯川村
浜通り地方
いわき市
相馬市
南相馬市
大熊町
新地町
富岡町
浪江町
楢葉町
広野町
双葉町
飯舘村
葛尾村
川内村
中通り地方
郡山市
白河市
須賀川市
伊達市
田村市
二本松市
福島市
本宮市
浅川町
石川町
小野町
鏡石町
川俣町
国見町
桑折町
棚倉町
塙町
古殿町
三春町
矢吹町
矢祭町
泉崎村
大玉村
鮫川村
玉川村
天栄村
中島村
西郷村
平田村

【Amazon】福島県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地