【通販】きぬむすめの特徴や値段 | おいしいお米.com

きぬむすめの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

きぬむすめの特徴・由来など

きぬむすめとは

「きぬむすめ」は、1991年(平成4年)に九州農業試験場(現九州沖縄農業研究センター)において、母「キヌヒカリ」と、父「祭り晴」を交配して誕生した品種です。

2005年に、食味で優れたキヌヒカリの資質を受け継いだ優良ブランドに育って欲しいとの願い込めて「きぬむすめ」と命名されました。

関東から四国にかけての温暖地向きに開発された早生品種で、中国地域等の7府県で奨励品種に採用され、現在の主な生産地は、島根県を中心に、大阪府、和歌山県、鳥取県、兵庫県、山口県、静岡県などで栽培されています。

きぬむすめの掛け合わせ

母「キヌヒカリ」と、父「祭り晴」を交配して誕生した品種で、暑さに強いと言う特徴を持っています。

きぬむすめの味

食味は「コシヒカリ」より淡泊ですが、粘りがあり、産地によっては 「キヌヒカリ」以上の食味値になる場合もあります。

また、米粒の大きさは中粒で、お米の特徴としては、とても白く艷やかな炊きあがり、粘りが強く、やや柔らかめの食感となります。

コシヒカリに比較すると淡白であっさりした飽きのこない味です。

きぬむすめに合う料理

きぬむすめの成分をコシヒカリと比較すると、たんぱく質もアミロースも食味スコアもほぼコシヒカリと同等であり、コシヒカリのようにおいしいという事がよく分かります。

そのため、そのまま食べるのもあり、おかずと一緒に食べるのもあり、基本的に美味しく頂くことが出来るお米です。

【Amazon】おいしいきぬむすめの通販や購入はこちらから


品種 きぬむすめ
育成年 2006
育成場所
粒形 収量性や品質など他の形質のバランスが良く安定
名前の由来 「きぬむすめ」は「日本晴」より2日程度、コシヒカリより1週間程度晩生(おくて)で、特性のバランスが良く栽培しやすいのが特長です。
稲の特性 中国地域

きぬむすめの口コミ/評判

きぬむすめの口コミ/評判

生産地 :鳥取県
内容量:30kg / 料金:8000円
きぬむすめは少し粘りがあるような気がします。中国地方に引っ越してきて初めてきぬむすめを食べたのですが、コシがしっかりと感じられてすごくおいしいです。 炊きあがりのみずみずしさが食欲をそそります。 鳥取県ではきぬむすめがとても有名だそうで、米農家さんにとても勧められました。

生産地 :島根県
内容量:10kg / 料金:3000円
コシヒカリときぬむすめを利用するのですがあまり違いがないです。 きぬむすめもコシヒカリのように味わい深くややもっちりした感じです。 ただ、きぬむすめはコシヒカリよりはやや硬めでややこしがある感じです。 きぬむすめはコシヒカリよりも見た目が白くつやがあるので、固めに炊いたら家庭で作るお寿司に向くのではないでしょうか。

生産地 :岡山県
内容量:30kg / 料金:7000円
きぬむすめは、主人が兼業農家で一生懸命田んぼを耕すとこからして苗を植えて育ててます。農薬を使わずにしてるから美味しいと評判で、インターネットで関東地方へ義理妹が売ってます。岡山市は晴れの国で、雄町の冷水から湧き水が出てるのでお米はおいしいと思います。

【Amazon】おいしいきぬむすめの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地