【通販】はえぬきの特徴や値段 | おいしいお米.com

はえぬきの特徴や生産地・通販など

はえぬきの特徴・由来など

はえぬきの特徴・由来など

はえぬきとは

はえぬきは、山形を代表するお米です。

日本穀物検定協会が認定する食味ランキングにおいて山形内陸産はえぬきが14年連続、山形庄内産はえぬきが12年連続で特Aを認定されたことからもわかるように、味ではブランド米の魚沼産コシヒカリに全くひけをとりません。

知名度は低いですが、セブンイレブンのおにぎりに使用されており、知らず知らずのうちに食べたことのある人が殆どだと思います。

ちなみに、1993年に山形県で開発された「はえぬき」ですが、名前は「生え抜き」という言葉に由来しており、山形で生まれ山形で育つという意味が込められています。

はえぬきの掛け合わせ

はえぬきは、ササニシキの後継品種を目指し、山形農業試験場庄内支場で「秋田31号(あきたこまち)」と「庄内29号」を掛け合わせ、1990年「山形45号」として誕生しました。
翌年1991年に、公募した名称を基に「はえぬき」と命名されました。

良食味を持ち、冷害と倒伏に対し強い品種でで、いもち耐病性は「やや弱」が特徴です。

そんなはえぬきですが、山形県以外ではほとんど作られていません。
というのも、はえぬきは山形の気候や風土を計算して作られた品種なので、他の地域では山形県程の品質に育たないからです。

はえぬきの味

はえぬきは非常に美味しいお米で、その美味しさが高く評価されており、品種登録からわずか数年で山形県内の作付けシェア60%を獲得しました。

また、はえぬきの味の特徴は、米の一粒一粒がしっかりとしており、適度な水気と旨みを持っている点です。そのため、炊き上がりの形が崩れず、心地の良い歯ごたえと甘みを感じることが出来ます。

また、粘り気が少なくベトベトとしないので冷めても美味しく、お弁当やおにぎりに特に向いています。

はえぬきに合う料理

はえぬきは、米の一粒一粒がしっかりとしているのが特徴で、弾力感のある歯ごたえが魅力です。

甘みは控えめであっさりとしているので冷めても美味しく食べれるため、お弁当やおにぎりなどと相性が非常に良いです。

また、コシヒカリのように強い味ではないので、いろんな料理との相性が良く、薄味の和食から、濃い味付けの洋食まで幅広いおかずとの相性が良いです。

【Amazon】おいしいはえぬきの通販や購入はこちらから

品種 はえぬき
育成年 1992
育成場所 山形農試庄内支場
粒形 中形で溝やや深く頭部が尖っがている。中飴色。
名前の由来 米どころ山形県で生まれ育ったオリジナルの米、まさに生え抜きの米が大きく飛躍し続けることを願ったネーミング。
稲の特性
はえぬきの来歴

はえぬきの口コミ/評判

はえぬきの口コミ/評判

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:5kg / 料金:1900円
もっちりと、甘く、水分が多いです。粘り気もあり、炊き上がって、茶碗に盛り付けた時に、ふっくらとしたとした外観が目に優しく、香りもほのかにただよいとても美味しいです。米粒はやや大きめで、おにぎりや、おすしなど、米が主体になる、あるいは、米そのものを味わう料理に適していると感じます。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:10kg / 料金:3000円
味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:10kg / 料金:3000円
つや姫と違い、甘さは少ないかとは思いますが、日常的に食べるご飯としては申し分ないお米だと思います。ぼそぼそすることもなく、べちゃべちゃと粘りがあるわけでもなく、お弁当などにも利用しやすいオールマイティなお米です。新米はやはりおいしいですが、古米になってもおいしいお米だと思います。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:30kg / 料金:9000円
はえぬきは、程よいもっちり感とパリッとした炊き上がりが魅力です。特に山形の庄内産のはえぬきは本当にふっくら美味しいお米です。玄米で食べても白米で食べても、ほんのりした甘みが感じられとても美味しいし、冷めてももっちりした感じは変わらず、お弁当でも美味しく食べられます。

品種 :はえぬき
生産地:秋田県
内容量:5kg / 料金:1500円
はえぬきは、コシヒカリやあきたこまちなどとくらべるとあまり有名でないブランドですが、あまり個性の強くない味で毎日食べるのに飽きない味です。炊きあがりもモチモチといった感じではありませんが、固めが好きなので固めで炊飯すると美味しいと感じます。また有名なブランド米より若干安いことが多いのも魅力です。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:30kg / 料金:8000円
はえぬきはコシヒカリほどもちもちとした食感ではなく、歯切れのよいかみごたえです。また、コシヒカリよりもさっぱりとした味わいとなってます。さっぱりとした味わいなので、毎日食べ続けても飽きずに食べられます。食べ心地のよい水分とうまみを、コメの一粒一粒が持っています。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:10kg / 料金:3500円
知名度の割りに値段が安かったため購入したのですが、甘みがしっかりしており水分もしっかり含んでモチっとして美味しいと思います。また主人がおにぎりを毎日職場に持って行くため冷めても美味しいお米を求めていたのですが、こちらのお米は冷めても美味しくいただけます。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:10kg / 料金:4000円
「はえぬき」はコシヒカリに比べると知名度は落ちますが、もちもちとした、ほどよい粘りと甘みのバランスが良く、美味しいお米だと思います。また、冷めても風味が落ちず、お弁当やおにぎりにしても味わいがあります。コシヒカリとヒケをとらないにも関わらず、美味しさがの認知が低いのが残念です。コンビニンエンスストアのオニギリなどで使われているという話もありますが、ぜひ食べてみてほしいお米です。

品種 :はえぬき
生産地:山形県
内容量:10kg / 料金:5000円
はえぬきは、甘さも感じるけれど甘さが気w立ちすぎないあっさり感とのバランスが良いと思います。塩辛い料理にも甘辛い料理にもよく合います。歯ごたえがありつつもっちりとした食感も楽しめます。冷めても美味しく、パサつかないところが美味しいと感じます。お弁当に入れてもおにぎりにするのもおすすめのお米だと思います。

【Amazon】おいしいはえぬきの通販や購入はこちらから

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

おいしいお米の生産地