【通販】はえぬきの特徴や値段 | おいしいお米.com

はえぬきの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

はえぬきの特徴・由来など

はえぬきとは

はえぬきは、山形を代表するお米です。

日本穀物検定協会が認定する食味ランキングにおいて山形内陸産はえぬきが14年連続、山形庄内産はえぬきが12年連続で特Aを認定されたことからもわかるように、味ではブランド米の魚沼産コシヒカリに全くひけをとりません。

知名度は低いですが、セブンイレブンのおにぎりに使用されており、知らず知らずのうちに食べたことのある人が殆どだと思います。

ちなみに、1993年に山形県で開発された「はえぬき」ですが、名前は「生え抜き」という言葉に由来しており、山形で生まれ山形で育つという意味が込められています。

はえぬきの掛け合わせ

はえぬきは、ササニシキの後継品種を目指し、山形農業試験場庄内支場で「秋田31号(あきたこまち)」と「庄内29号」を掛け合わせ、1990年「山形45号」として誕生しました。
翌年1991年に、公募した名称を基に「はえぬき」と命名されました。

良食味を持ち、冷害と倒伏に対し強い品種でで、いもち耐病性は「やや弱」が特徴です。

そんなはえぬきですが、山形県以外ではほとんど作られていません。
というのも、はえぬきは山形の気候や風土を計算して作られた品種なので、他の地域では山形県程の品質に育たないからです。

はえぬきの味

はえぬきは非常に美味しいお米で、その美味しさが高く評価されており、品種登録からわずか数年で山形県内の作付けシェア60%を獲得しました。

また、はえぬきの味の特徴は、米の一粒一粒がしっかりとしており、適度な水気と旨みを持っている点です。そのため、炊き上がりの形が崩れず、心地の良い歯ごたえと甘みを感じることが出来ます。

また、粘り気が少なくベトベトとしないので冷めても美味しく、お弁当やおにぎりに特に向いています。

はえぬきに合う料理

はえぬきは、米の一粒一粒がしっかりとしているのが特徴で、弾力感のある歯ごたえが魅力です。

甘みは控えめであっさりとしているので冷めても美味しく食べれるため、お弁当やおにぎりなどと相性が非常に良いです。

また、コシヒカリのように強い味ではないので、いろんな料理との相性が良く、薄味の和食から、濃い味付けの洋食まで幅広いおかずとの相性が良いです。

【Amazon】おいしいはえぬきの通販や購入はこちらから


品種 はえぬき
育成年 1992
育成場所 山形農試庄内支場
粒形 中形で溝やや深く頭部が尖っがている。中飴色。
名前の由来 米どころ山形県で生まれ育ったオリジナルの米、まさに生え抜きの米が大きく飛躍し続けることを願ったネーミング。
稲の特性
はえぬきの来歴

はえぬきの口コミ/評判

はえぬきの口コミ/評判

生産地 :山形県
内容量:30kg / 料金:9000円
はえぬきは、程よいもっちり感とパリッとした炊き上がりが魅力です。特に山形の庄内産のはえぬきは本当にふっくら美味しいお米です。玄米で食べても白米で食べても、ほんのりした甘みが感じられとても美味しいし、冷めてももっちりした感じは変わらず、お弁当でも美味しく食べられます。

生産地 :山形県
内容量:10kg / 料金:3000円
味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

生産地 :山形県
内容量:10kg / 料金:3000円
つや姫と違い、甘さは少ないかとは思いますが、日常的に食べるご飯としては申し分ないお米だと思います。ぼそぼそすることもなく、べちゃべちゃと粘りがあるわけでもなく、お弁当などにも利用しやすいオールマイティなお米です。新米はやはりおいしいですが、古米になってもおいしいお米だと思います。

【Amazon】おいしいはえぬきの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地