おいしいお米.com

沖縄県産米の特徴や購入/通販情報など

沖縄県の特徴

沖縄県の特徴

沖縄県産のお米

 沖縄本島地方の年平均気温は23℃前後です。同じ県内の宮古島や石垣島と比べて、北に位置するため、0.5~1度程度低くなっています。

 しかし、本土に比べるとはるかに暖かく、東京や大阪と比べても年平均気温は6~7度、沖縄本島地方の方が高くなっています。

 冬は、平均気温が15度を下回ることはないが、北からの風が強く吹き込み、体感温度は意外と低く感じます。

 湿度は一年を通じて高く、月平均相対湿度は冬場でも70%弱、梅雨時期には80%以上に達します。本土の梅雨時期や真夏でも月平均相対湿度は70~75%程度なので、いかに湿度が高いかがわかります。

沖縄県産のお米の銘柄や特徴

 日本の最南端、最西端に位置し、大小160の島々で構成される沖縄県。亜熱帯性気候に属し、年の平均気温が23度と暖かい気候です。

 八重山地域や億分の離島地域を中心に稲作が行われていますが、台風や病害虫の発生が多く、収穫量、規模も小さいですが、温暖な気候を活かして二期作を行う農家もあります。

 品種によって粒の大きさは異なるのですが、米粒がふっくらと張りのいいお米が作られ、作付される品種としては、ひとめぼれやちゅらひかりなどがあります。

沖縄県で作られるお米の銘柄

【Amazon】沖縄県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


沖縄県の生産量/作付面積

沖縄県の市区町村一覧

先島諸島
石垣市
宮古島市
竹富町
与那国町
多良間村
南部
糸満市
浦添市
豊見城市
那覇市
南城市
南風原町
八重瀬町
与那原町
中部
うるま市
沖縄市
宜野湾市
嘉手納町
北谷町
西原町
北中城村
中城村
読谷村
北部
名護市
金武町
本部町
大宜味村
恩納村
宜野座村
国頭村
今帰仁村
東村
離島
久米島町
粟国村
北大東村
座間味村
渡嘉敷村
渡名喜村
南大東村

【Amazon】沖縄県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地