おいしいお米.com

三重県産米の特徴や購入/通販情報など

三重県の特徴

三重県の特徴

三重県産のお米

 三重県は、紀伊半島の東部に位置し、地形は「鷲」が羽を広げた形をしています。 そのため、三重県の気候は平野部、盆地部、山地部と地形の複雑さから、多様な地域気候特性があります。

 東紀州(南部)は、潮岬からの台風の直撃を受けることが多く、台風銀座と呼ばれ、伊勢湾沿岸から熊野灘沿岸が太平洋側気候で、伊賀は内陸性気候の特徴を持っています。

 平野部では雪が積もることが少なく、冬は乾燥し晴れた日が続きますが、夏は雨が多いですが、山間部では雪が2m以上も積もることがあります。

三重県産のお米の銘柄や特徴

 三重県は温暖な気候と豊かな水に恵まれています。中でも伊勢平野と伊賀盆地が稲作の中心となり、早場米産地としての地位を確立しています。

 そんな三重県では、あいちのかおりやあきたこまちなどが栽培されていますが、注目を集めているのは、「結びの神」ではないでしょうか。

 2012年に三重県で開発された新品種で食や地域社会、自然などの「つながり」への気持ちを込められ命名されました。

三重県で作られるお米の銘柄

【Amazon】三重県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


三重県産米の口コミ/評判

三重県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:4000円
今まで食べていた米より、マイルドで味わい深い味です。家族全員気に入っています。忍者の里に近いということで、最初は興味本位で買いました。気に入ったので何度かリピートしています。購入は主に通販を利用し、玄関先まで持ってきて貰えるので楽です。セールやポイントを利用すると、より安く買えることもあります。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:3500円
私かよく買うお米は、炊き上がった時にお米のいい匂いがして、口に入れて食べた時にしっかりと味を感じるようなお米です。私の家族の好みで、お米かべちゃべちゃにならないようにお水を少し少なめに入れて炊くようにしています。若干かためになりますがそれが絶妙でいい感じなんです。

品種 :コシヒカリ
内容量:30kg / 料金:10000円
甘みがしっかりとあるお米です。また、香りも良く炊きたてのお米はつやつやと光っています。お米の一粒一粒がしっかりとしていますが粘りが強いので、お年寄りや子供でも食べやすい食感だと思います。冷めてもパサパサせずしっとりとしているため、お弁当に入れても美味しく食べる事ができます。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
三重県産にこだわって地元で購入していますが炊き上がったときの香りが非常に好きです。おいしいかそうでないかというとおいしい部類に入ると思います。購入するところによって少し違いますがおコメにはほどよい甘さもありご飯だけを食べていても満足する味だと思っています。

三重県の生産量/作付面積

三重県の市区町村一覧

伊賀
伊賀市
名張市
南勢
伊勢市
志摩市
鳥羽市
大紀町
玉城町
南伊勢町
度会町
北勢
いなべ市
亀山市
桑名市
鈴鹿市
四日市市
朝日町
川越町
木曽岬町
菰野町
東員町
東紀州
尾鷲市
熊野市
紀宝町
紀北町
御浜町
中勢
津市
松阪市
大台町
多気町
明和町

【Amazon】三重県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地