おいしいお米.com

宮城県産米の銘柄・品種や特徴

宮城県の特徴

宮城県の特徴

宮城県産のお米

 宮城県の気候は、夏は酷暑が少なく冬の降雪量は東北の中では少ないので比較的過ごしやすい。

 特に仙台市などの沿岸部は緯度の割には温暖である。

 気候区分は北部が太平洋側気候三陸型気候、南部が同関東型気候に属する。

 三陸海岸などは、夏季はやませの影響を受けやすく冷涼であり真夏日になることは少ない。 また、仙北地域では、内陸性気候となり冬季は寒さが厳しいといった特徴がある

宮城県産のお米の銘柄や特徴

 宮城県には18種類の奨励品種(宮城県で栽培するのに適している品種)があります。

 10年ほど前までは「ササニシキ」が宮城県内で最も多く作られていましたが、平成5年の冷害の時に「ササニシキ」の被害が大きかったため、低温に強くておいしい「ひとめぼれ」の作付けが増え、現在は宮城県で最も多く作られる代表品種となっています。

宮城県で作られるお米の銘柄

【Amazon】宮城県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


宮城県産米の口コミ/評判

宮城県産米の口コミ/評判

品種 :ひとめぼれ
内容量:5kg / 料金:2500円
ひとめぼれは程よく粘りがあって、適度な甘みがあります。個人的には炊きあがった時の香りがいいなと思います。正直、新米の時期以外すごくおいしい!という程ではありませんが、おかずがなくてもすすみますし、毎日安心して食べ続けられるお米だなと思っています。

品種 :ひとめぼれ
内容量:30kg / 料金:7500円
ひとめぼれは、おにぎりにも、お弁当にも最適です。朝おにぎり作って昼に食べる時も、一口噛んで歯ごたえと、甘みが損なわれず時間をおいても美味しいです。お弁当にしても、時間がたっても美味しさを損なわない所が好きでひとめぼれ一本で日々くらしています。

品種 :ひとめぼれ
内容量:10kg / 料金:3000円
飛び出た強い個性があるわけでもないが、甘い香りと旨味は飲み込んだ後はもちろん、冷えても残るので飽きがきません。また炊き方によってパラパラからモッチリまで粘り気の幅があるので、カレーやチャーハン、おにぎりまで使い所を選ばずに美味しく食べることのできるお米だと感じています。

品種 :ひとめぼれ
内容量:30kg / 料金:8000円
炊き上がりがふっくらしていて、ツヤもあり、ご飯だけで食べても美味しいと感じました。 特にガス釜で炊いたひとめぼれは、子供から大人まで、どの世代にも好まれるような優しい味で、噛むと甘みも感じます。 お米によっては少しベタつくものもありますが、ひとめぼれはそれもなく、ご飯そのものが美味しいと思えました。

品種 :ひとめぼれ
内容量:5kg / 料金:2000円
ひとめぼれは、お米の粒がしっかりしており大き目なのが特徴です。香りが良く、お米一粒一粒の艶が輝いて見え綺麗に炊き上がります。食感は、もっちりとさっぱりの中間で、毎日食べても食べ飽きないお米です。お肉、魚、野菜どんなお料理にもマッチし、おかずの味を邪魔せず引き立ててくれます。

品種 :まなむすめ
内容量:10kg / 料金:3520円
まなむすめは、ひとめぼれを親に持つ品種で味がとてもひとめぼれに似ています。ですが、ひとめぼれに比べ粒が大きくその割に知名度が低い為ひとめぼれより安い価格で手に入る買う側にはとても懐に優しいお米です。玄米の光沢も素晴らしいので玄米好きの方にもおすすめのお米です。耐冷性があるせいかおむすびによく合います。冷え飯がべチャッとせず美味しく頂けます。弾力と甘みを冷えたままでも楽しめるお米です。

品種 :ひとめぼれ
内容量:25kg / 料金:8000円
自宅に精米機があるので玄米で購入しています。以前は白米のみで食べていましたが、現在は玄米と白米を混ぜて食べています。白米のみの場合は、モチモチした食感があって食べ応えがあると思います。玄米を混ぜるとプチプチとした食感とモチモチとした食感が混ざって、雑穀米を食べているようでまた違ったおいしさがあります。甘みも引き立ってオススメの食べ方です。

品種 :ひとめぼれ
内容量:5kg / 料金:1200円
ひとめぼれはそのまま食べてもおにぎりにしても美味しくいただけます。冷めても味が落ちないので、お弁当にも向いていると思います。そこまで水分を多く含んでいないので、チャーハンやチキンライスなどの炒め物を作りやすいです。値段がお手頃な点も気に入っています。

宮城県の生産量/作付面積

宮城県の市区町村一覧

石巻地方
石巻市
東松島市
女川町
仙台都市地方
岩沼市
塩竈市
仙台市
多賀城市
名取市
大郷町
七ヶ浜町
大和町
富谷町
松島町
山元町
利府町
亘理町
大衡村
大崎地方
大崎市
加美町
色麻町
美里町
涌谷町
仙南地方
角田市
白石市
大河原町
川崎町
蔵王町
七ヶ宿町
柴田町
丸森町
村田町
栗原地方
栗原市
気仙沼・本吉地方
気仙沼市
南三陸町
登米地方
登米市
仙台市の区一覧
青葉区
泉区
太白区
宮城野区
若林区

【Amazon】宮城県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地