おいしいお米.com

長崎県産米の銘柄・品種や特徴

長崎県の特徴

長崎県の特徴

長崎県産のお米

 長崎県は対馬、壱岐、五島列島などの大きめな島から小さな島まで600を超える島々から構成されており、また複雑に入り組んだリアス式海岸という地形を有しているため海岸線の長さが北海道についで日本で二番目に長い県です。

 陸地では山が多く、1000mを越す山としては1483mの平成新山、1359mの雲仙普賢岳、1076mの経ヶ岳などがあり、これ以外にも多くの山々があります。

 長崎県は陸地面積は小さい方ですが数多く点在している離島のために県域が広く、壱岐と対馬、長崎市と五島、雲仙周辺やその他の山地の3つの地域によって区別されることも多いですが、山岳地帯を除けば全体的に暖流の対馬海流の影響により温暖で雨の多い海洋性気候となっています。

 冬場は東シナ海側を中心に曇りがちの天気になることが多く、時雨や雪を降らせることがあります。積雪することは少ないですが、すぐ西側は東シナ海なので季節風の風向によっては、雪雲が遮られずに供給されることにより、大雪となることがあります。

長崎県産のお米の銘柄や特徴

 長崎県は島原、長崎、西彼杵、北松浦の4つの半島と、壱岐、対馬、五島列島など596の島からなっています。

 そのため、他県に比べると平地が少なく、水田面積が少ないため、お米が多く取れる県ではありません。

 また、夏は台風の影響や水不足に悩まされることもあるため、早期栽培を中心に行われています。

 作付される品種としては、あさひの夢、キヌヒカリ、コシヒカリなど多くの品種があります。

長崎県で作られるお米の銘柄

【Amazon】長崎県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


長崎県産米の口コミ/評判

長崎県産米の口コミ/評判

品種 :ヒノヒカリ
内容量:30kg / 料金:6500円
農家から直接玄米で購入します。新米は程よい粘りと、甘みがあり、とてもおいしいです。コシヒカリなどの有名ブランド米に比べて安価だし、それでいておいしさは申し分ないので、お買い得なお米だと思います。玄米で購入するので長期保存でき、市価よりもお安いので家計的にも助かります。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:30kg / 料金:7000円
地元の米ですが、甘み・つや・もちっと感がありおいしいお米だと思います。コシヒカリやあきたこまちなど全国的に名の知れた米ではありませんが、決して負けてはいないと思います。長崎では割とポピュラーに作られている米なのですが、もっと全国の人に知ってほしいと思います。

品種 :にこまる
内容量:5kg / 料金:1700円
ながさきにこまるは、比較的新しい品種で、知名度は高くありませんが、炊飯器で炊いてもふっくらたきあがり、甘みがあります。また、粒がそろっているのでつやつやに炊きあがります。やや柔らかいので、小さい子どもさんや、ご高齢の方にも食べやすい品種だと思います。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1800円
ひのひかりはそこまで粘り気が強くなく、クセもないのでとても食べやすいと思います。お米自体にクセがないため、もち麦やその他色々な雑穀と混ぜても味がケンカせずおいしく食べられます。また、価格もそこまで高くないのにおいしく感じるのでもっぱらこの品種ばかり購入しています。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:30kg / 料金:10000円
ヒノヒカリはお米の粒は小さいですが、かすかな甘みを感じ、若干もちもちとした食感があり、水分を程よく感じます。朝食には一番合う種類ではないかと思います。もちもちとした食感があるのでカレーにも合います。またおにぎりにしてもあまり固くなるようなこともありません。

品種 :にこまる
内容量:5kg / 料金:1800円
にこまるは、まず、食感が良いです。ふっくらとしていて、多めに水を入れてたいても、ジトジト、べちゃべちゃしないです。ふわっと、柔らかく炊き上がります。粒も大きく感じます。味は、すっきりとした甘味、水っぽさを全く感じない、密度の濃ゆい味わいです。

長崎県の生産量/作付面積

長崎県の市区町村一覧

壱岐地域
壱岐市
県央地域
諫早市
大村市
島原地域
雲仙市
島原市
南島原市
県北地域
西海市
佐世保市
平戸市
松浦市
川棚町
佐々町
波佐見町
東彼杵町
対馬地域
対馬市
長崎地域
長崎市
時津町
長与町
五島地域
五島市
新上五島町

【Amazon】長崎県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地