【通販】コシヒカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

コシヒカリの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

コシヒカリの特徴・由来など

コシヒカリとは

コシヒカリは、福井県農事試験場で産み出され、新潟県農業試験場で育てられました。

開発に関わった新潟県と福井県の両県がかつて含まれていた「越国」(こしのくに)にちなみ、「越の国に光輝く米」という願いを込めて「コシヒカリ」と命名されました。

そのコシヒカリですが、1956年(昭和31年)に農林登録され、品種別 作付面積食味が良く非常に、知名度の高いブランド米として人気のある品種で、適正地も広い為に、現在では日本の栽培地の1/3以上で作付けされている品種です。

コシヒカリの掛け合わせ

コシヒカリは、農林22号と農林1号が掛け合わせれた品種です。

日本で栽培されている品種の中で、味のバランスが良く、安定して収穫できるのが特徴です。
東北地方以南九州まで広い地域で栽培されているため、産地によって大きく味に違いが出ています。

コシヒカリの味

コシヒカリが美味しいとされているのは、成分(アミロース、アミノペクチン、タ ンパク質等)それぞれのバランスが良く、粘り・つや・香りが優れ、弾力があり、冷めても美味しいためです。

アミロースとアミノペクチンは、でんぷんの主成分といわれており、アミロースとアミノペクチンは反比例の関係になっています。また、アミロースの割合が高いお米は、粘りが少なく、アミノペクチンが高いお米は、粘りが強いとされています。

コシヒカリに合う料理

コシヒカリは濃い味と強い粘りが特徴のお米です。
そのため、おかずや合わせる料理も、濃い味の物が良く合います。
また、粘りが強いので、お寿司やチャーハンなどお米を調理するメニューはベトベトしてしまいあまり合いません。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

品種 コシヒカリ
育成年 1956
育成場所 福井県農試
粒形 中形で基部やや広く平ら。中飴色。
名前の由来 熟色鮮美な北陸の品種であることによる。
稲の特性 主産県の新潟では、平坦地・中山間地に適する。
いもち病に弱く、かつ、稈が弱くて極倒伏し易い。
コシヒカリの来歴

コシヒカリの口コミ/評判

コシヒカリの口コミ/評判

生産地 :千葉県
内容量:5kg / 料金:2500円
コシヒカリは何処の県でも良く出されているお米でもある為、県は特に拘りませんが第一印象はお値段で決めています。そして精米日も見ています。千葉県のコシヒカリは小さ目の粒ですが艶もありふっくら炊けるのが特徴だと思います。チャーハンなどにも向いているかと思います。粘り気はそこまで無いので向いています。お握りなども粘りがさほど無い為握りやすく冷めてもベタつきなく美味しいです

生産地 :新潟県
内容量:2kg / 料金:1500円
コシヒカリは甘味があって、やわらかく炊いても、かために炊いても、ツヤが良く味わいがありとても美味しいです。また、ほぼ毎日、1合炊いて2人で食べていますが、余った際に、冷凍したり、炒飯にしたりしても、非常に美味しく食べる事ができます。特に、新米は最高です。

生産地 :三重県
内容量:10kg / 料金:3260円
コシヒカリは、甘味がありますが、くどい甘味というよりもあっさり、ほのかな甘味なので食べあきない。老なく男女に好まれるお米だと思います。それにわが家では、このコシヒカリにもち麦を混ぜて炊きます。もち麦を入れて炊いても、とても美味しく、冷凍し再度食べる時に温めても美味しいです。

生産地 :秋田県
内容量:2kg / 料金:1000円
昔はコシヒカリと言えば美味しいお米の代表格のようなイメージだったが、今は他のブランドのお米も充分美味しく、久しぶりに買ったコシヒカリは昔ほど感動的な美味しさを感じなくなった。とは言え、やはり日本のお米だけあって無難と言うか、裏切らない美味しさではあった。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
コシヒカリは、お米の中で一番 THE お米!という位、お米の味が強く、どんなおかずにも合い美味しいです。粘り気のあるのが好みなので、少し多めに水を入れ蒸らすと、もっちりと甘味の深いご飯が炊けるので、リピートしています。噛めば噛むほど味が出てくるコシヒカリが大好きです。

生産地 :兵庫県
内容量:5kg / 料金:2000円
お米は持ち帰るのが重いので、何時も近所のスーパーで買っています。コシヒカリが多いですが、本場の新潟県産ではないのでやはり味や風味は落ちます。また冷えた時に当日焚いたご飯ならまだ食べられますが、一日以上時間が経つと味などが急に落ちて、余り美味しいとは思いません。

生産地 :福岡県
内容量:5kg / 料金:1800円
程よい粘り気と甘味があってとてもおいしく感じます。以前はヒノヒカリ?を買っていましたが、子供がいて良く弁当を作るのですが、冷めた時にヒノヒカリよりもコシヒカリのほうが冷めても美味しいと好評だったので買っていた品種を変えました。私個人の感覚ですが、確かに冷めた白米を炒飯などに調理するときヒノヒカリよりもコシヒカリのほうが美味しく感じます。

生産地 :茨城県
内容量:2kg / 料金:2000円
茨城で作っているコシヒカリは、筑波山やいくつもの川、湖など理想的な自然の中でストレス無く育っているので、クセがなくとても美味しいです。ごはんの本来の甘さが感じられるこのコシヒカリは、出来れば土鍋で、美味しいお水を入れて炊いて頂くとすごく美味しくなります。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地