【通販】コシヒカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

コシヒカリの特徴や生産地・通販など

コシヒカリの特徴・由来など

コシヒカリの特徴・由来など

コシヒカリとは

コシヒカリは、福井県農事試験場で産み出され、新潟県農業試験場で育てられました。

開発に関わった新潟県と福井県の両県がかつて含まれていた「越国」(こしのくに)にちなみ、「越の国に光輝く米」という願いを込めて「コシヒカリ」と命名されました。

そのコシヒカリですが、1956年(昭和31年)に農林登録され、品種別 作付面積食味が良く非常に、知名度の高いブランド米として人気のある品種で、適正地も広い為に、現在では日本の栽培地の1/3以上で作付けされている品種です。

コシヒカリの掛け合わせ

コシヒカリは、農林22号と農林1号が掛け合わせれた品種です。

日本で栽培されている品種の中で、味のバランスが良く、安定して収穫できるのが特徴です。
東北地方以南九州まで広い地域で栽培されているため、産地によって大きく味に違いが出ています。

コシヒカリの味

コシヒカリが美味しいとされているのは、成分(アミロース、アミノペクチン、タ ンパク質等)それぞれのバランスが良く、粘り・つや・香りが優れ、弾力があり、冷めても美味しいためです。

アミロースとアミノペクチンは、でんぷんの主成分といわれており、アミロースとアミノペクチンは反比例の関係になっています。また、アミロースの割合が高いお米は、粘りが少なく、アミノペクチンが高いお米は、粘りが強いとされています。

コシヒカリに合う料理

コシヒカリは濃い味と強い粘りが特徴のお米です。
そのため、おかずや合わせる料理も、濃い味の物が良く合います。
また、粘りが強いので、お寿司やチャーハンなどお米を調理するメニューはベトベトしてしまいあまり合いません。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

品種 コシヒカリ
育成年 1956
育成場所 福井県農試
粒形 中形で基部やや広く平ら。中飴色。
名前の由来 熟色鮮美な北陸の品種であることによる。
稲の特性 主産県の新潟では、平坦地・中山間地に適する。
いもち病に弱く、かつ、稈が弱くて極倒伏し易い。
コシヒカリの来歴

コシヒカリの口コミ/評判

コシヒカリの口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
生産地:香川県
内容量:5kg / 料金:3000円
新米を購入しましたが、コシヒカリはある程度水分を含んでもっちりしてくれるので、柔らかめのご飯が好みであればよいと思います 。また冷えても固くなりにくく、夏に冷飯を食べるのも美味しいです。ほんのり甘みが感じられることも美味しさの要素かと思います。

品種 :コシヒカリ
生産地:茨城県
内容量:2kg / 料金:1000円
毎回、無洗米を購入しています。炊きたては、もちもちとした食感で程よい甘味が、感じられます。他の産地も試してみたのですが、茨城県産が最も美味しいように思いました。普段から多めに米を炊いて、小分けに冷凍保存をしているのですが、特に味が落ちることもなくパサパサにはなりません。

品種 :コシヒカリ
生産地:栃木県
内容量:5kg / 料金:1980円
みずみずしくて、お米の粒が立っています。 つるつるしていて、甘さがある。 水も気持ち控えぎみで炊いても、ボソボソしないです。 新米ともなると、少しのおかずでどんどん食べられます。 涼しい気候で、のびのびと育ったから味にも影響があるのだと思います。 とても、お米作りに適した環境だと思います。

品種 :コシヒカリ
生産地:新潟県
内容量:5kg / 料金:1680円
一粒一粒がしっかりしているので食べごたえがあり、炊き上がった時にふっくらとして綺麗な印象があります。お米が甘くて、炊き上がった後時間が経ってしまっても美味しいです。仲のいい友人が新潟にいるので新潟県産のお米を食べるたびにその子のことを思い出します。

品種 :コシヒカリ
生産地:新潟県
内容量:10kg / 料金:4500円
海外生活をしているので、日本から持ってきて大事に食べているのですが、もう甘みから艶から全てが違う。炊いたときに立ち上る湯気がもう既に美味しい。もっちりしていて、すっきりした甘みがあって、絶妙な粘り気があって、梅干半分でお茶碗1杯食べられます。

品種 :コシヒカリ
生産地:新潟県
内容量:10kg / 料金:5000円
粘りが強いのに加え旨味が強く食べ応えがあります。他のものをあまり食べたことがないのですが粘りの強さは特徴的です。外食して食べるお米でもコシヒカリであれば匂いや粘りですぐにわかるはずです。一度食べると他のものには手を出しにくくなるくらい美味しいお米です。新米の時期は粘り気もより強くなりとても美味しくなります。

品種 :コシヒカリ
生産地:茨城県
内容量:2kg / 料金:2000円
茨城で作っているコシヒカリは、筑波山やいくつもの川、湖など理想的な自然の中でストレス無く育っているので、クセがなくとても美味しいです。ごはんの本来の甘さが感じられるこのコシヒカリは、出来れば土鍋で、美味しいお水を入れて炊いて頂くとすごく美味しくなります。

品種 :コシヒカリ
生産地:千葉県
内容量:5kg / 料金:2000円
一粒一粒がたっており、とても食べやすい印象でした。炊きたてはもちろん、保温・冷凍でもそこまで味の劣化が見られず色々な用途に汎用が効くので便利です。 いつも無洗米を購入していますが、すぐに炊くことができる上通常のものと変わらず美味しくいただけるので忙しい方にもオススメです。

品種 :コシヒカリ
生産地:千葉県
内容量:5kg / 料金:1900円
昔から千葉県産コシヒカリを食べています。香りもよく、粘りもちょうどよく、和洋中どんなおかずでも合うバランスのいいお米だと思います。コシヒカリ以外のお米をあまり食べたことがないのですが、1年ほど海外に行っていたときはコシヒカリをなかなか入手できず、日本と同じお米ではあるのですが味も香りもイマイチで、コシヒカリのバランスの良さを実感しました。

品種 :コシヒカリ
生産地:新潟県
内容量:5kg / 料金:2500円
新潟産のコシヒカリを好んで食していますが、この米は甘みが強いのが特徴ではないでしょうか。まったく飽きるることなく長年楽しんでいます。また、炊き立てのコシヒカリと一緒に辛子明太子を食することもありますが、これはもう最高です。なんだか自分の好みだけを書いているような気がしますが、コシヒカリには粘り気も感じることができるのも、このコメを選んでいるひとつです。

【お米の高い・安い】銘柄ごとの価格差の理由

理由①品種と生産地
稲の品種や栽培地の条件によって、お米の品質や収穫量が異なります。一部の高級銘柄は特定の地域や気候風土に適した条件で栽培されるため、生産量が限られることがあります。そのため、需要に対して供給が少なくなり、価格が高くなる傾向があります。
理由②生産方法
お米の生産方法には、農薬や化学肥料の使用の有無、有機栽培や無農薬栽培などがあります。高級銘柄の一部は、より自然な栽培方法を採用しているため、生産コストが高くなることがあります。
理由③処理と精米方法
お米の品質を保つために、適切な処理と精米方法が行われる必要があります。高級銘柄では、より細かい精度で加工や選別が行われることがあります。これには専用の設備や技術が必要となり、それによって生産コストが増加し、価格が高くなります。
理由④ブランディングとマーケティング
高級お米の一部は、ブランドイメージやマーケティング戦略によって付加価値を持たせています。広告やパッケージングなどを通じて特別感や高品質のイメージを醸成し、価格を高めに設定することがあります。

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

おいしいお米の生産地