【通販】コシヒカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

コシヒカリの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

コシヒカリの特徴・由来など

コシヒカリとは

コシヒカリは、福井県農事試験場で産み出され、新潟県農業試験場で育てられました。

開発に関わった新潟県と福井県の両県がかつて含まれていた「越国」(こしのくに)にちなみ、「越の国に光輝く米」という願いを込めて「コシヒカリ」と命名されました。

そのコシヒカリですが、1956年(昭和31年)に農林登録され、品種別 作付面積食味が良く非常に、知名度の高いブランド米として人気のある品種で、適正地も広い為に、現在では日本の栽培地の1/3以上で作付けされている品種です。

コシヒカリの掛け合わせ

コシヒカリは、農林22号と農林1号が掛け合わせれた品種です。

日本で栽培されている品種の中で、味のバランスが良く、安定して収穫できるのが特徴です。
東北地方以南九州まで広い地域で栽培されているため、産地によって大きく味に違いが出ています。

コシヒカリの味

コシヒカリが美味しいとされているのは、成分(アミロース、アミノペクチン、タ ンパク質等)それぞれのバランスが良く、粘り・つや・香りが優れ、弾力があり、冷めても美味しいためです。

アミロースとアミノペクチンは、でんぷんの主成分といわれており、アミロースとアミノペクチンは反比例の関係になっています。また、アミロースの割合が高いお米は、粘りが少なく、アミノペクチンが高いお米は、粘りが強いとされています。

コシヒカリに合う料理

コシヒカリは濃い味と強い粘りが特徴のお米です。
そのため、おかずや合わせる料理も、濃い味の物が良く合います。
また、粘りが強いので、お寿司やチャーハンなどお米を調理するメニューはベトベトしてしまいあまり合いません。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

品種 コシヒカリ
育成年 1956
育成場所 福井県農試
粒形 中形で基部やや広く平ら。中飴色。
名前の由来 熟色鮮美な北陸の品種であることによる。
稲の特性 主産県の新潟では、平坦地・中山間地に適する。
いもち病に弱く、かつ、稈が弱くて極倒伏し易い。
コシヒカリの来歴

コシヒカリの口コミ/評判

コシヒカリの口コミ/評判

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
新潟出身なので、県外に住んでいてもお米は新潟産のものを選んで購入しています。 コシヒカリはもっちりとした食感で、噛むほど甘みが強く感じられ、とても腹持ちのいいお米です。塩むすびのようなシンプルな食べ方でも十分満足できますし、焼魚や煮物など和食との相性もバッチリです。

生産地 :新潟県
内容量:2kg / 料金:1080円
コシヒカリの玄米のせいか、玄米100%で炊いてもコシヒカリ特有の粘りと甘みがあるように感じます。玄米ご飯だと硬いとかもそもそする食感が苦手という人もいますが、特にそういったことは感じず、玄米の風味がありながらも白米のようなもっちり感を味わうことができています。

生産地 :新潟県
内容量:10kg / 料金:3800円
新潟産のコシヒカリだからといっても、値段が安いせいなのかはよくわかりませんが、他の産地のコシヒカリと比べてもそれほど味に違いを感じず、他の産地のものでいいものがあればそれを買ってもいいとは思います。普段からコシヒカリを食べ慣れているせいなのかもしれませんが、他の品種のお米と比べるとやはりコシヒカリの方が美味しく感じます。

生産地 :広島県
内容量:10kg / 料金:4800円
コシヒカリはお米として全国的にも有名で、ほぼ全国どこでもスーパーなどで購入できるし、新米でなくても、開封から日にちが経過しても、味も色つやも炊いたときの良い香りも変わらないところが大好きです。名前を聞いて知らない人がいないという安定感があるので、試しに食べなくても美味しいのがわかるのがいいです。

生産地 :熊本県
内容量:5kg / 料金:2000円
コシヒカリの産地は各地あるけれど、今食べている熊本県阿蘇市産のコシヒカリは、もう一か所贔屓にしている福島県会津市産のコシヒカリより粘り気は少なめだけど、しっかりとしたお米の味はご飯を食べているって感じです。煮物など味濃い系のおかずに負けないコシヒカリが好きです。

生産地 :新潟県
内容量:10kg / 料金:3500円
炊きあがりが凄くツヤが綺麗で美味しそうな匂いがします。一口食べるとモチモチしていて、よく噛めば噛むほど甘さも増してきて美味しいお米です。もちろん、チャーハンなどの料理にしても合いますが、味噌汁や納豆などの和食に合わせることによって、より本来の味が引き立ちます。

生産地 :栃木県
内容量:30kg / 料金:8000円
栃木産コシヒカリには鬼怒川に河川近辺砂地で生産されるブランド米宮おとめがありますが私には甘味が強すぎて内陸部の黒ボク(黒土)で採れたコシヒカリがさほど甘味が強くなく毎日食べても秋が来ないので黒ボクの田んぼで採れたコシヒカリを10年以上生産農家から直接仕入れています。

生産地 :茨城県
内容量:5kg / 料金:2000円
食べている茨城県産コシヒカリは味はしっかり感じれると思います。長くおいておいてもあまり黄色くなるような感じはしません。ご飯を冷凍して解凍してもあまり味の変化は感じられないと思います。普通の水の量で炊くと少し軟らかい気がするので自宅では水を少なくして炊いています。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地