【通販】コシヒカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

コシヒカリの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

コシヒカリの特徴・由来など

コシヒカリとは

コシヒカリは、福井県農事試験場で産み出され、新潟県農業試験場で育てられました。

開発に関わった新潟県と福井県の両県がかつて含まれていた「越国」(こしのくに)にちなみ、「越の国に光輝く米」という願いを込めて「コシヒカリ」と命名されました。

そのコシヒカリですが、1956年(昭和31年)に農林登録され、品種別 作付面積食味が良く非常に、知名度の高いブランド米として人気のある品種で、適正地も広い為に、現在では日本の栽培地の1/3以上で作付けされている品種です。

コシヒカリの掛け合わせ

コシヒカリは、農林22号と農林1号が掛け合わせれた品種です。

日本で栽培されている品種の中で、味のバランスが良く、安定して収穫できるのが特徴です。
東北地方以南九州まで広い地域で栽培されているため、産地によって大きく味に違いが出ています。

コシヒカリの味

コシヒカリが美味しいとされているのは、成分(アミロース、アミノペクチン、タ ンパク質等)それぞれのバランスが良く、粘り・つや・香りが優れ、弾力があり、冷めても美味しいためです。

アミロースとアミノペクチンは、でんぷんの主成分といわれており、アミロースとアミノペクチンは反比例の関係になっています。また、アミロースの割合が高いお米は、粘りが少なく、アミノペクチンが高いお米は、粘りが強いとされています。

コシヒカリに合う料理

コシヒカリは濃い味と強い粘りが特徴のお米です。
そのため、おかずや合わせる料理も、濃い味の物が良く合います。
また、粘りが強いので、お寿司やチャーハンなどお米を調理するメニューはベトベトしてしまいあまり合いません。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

品種 コシヒカリ
育成年 1956
育成場所 福井県農試
粒形 中形で基部やや広く平ら。中飴色。
名前の由来 熟色鮮美な北陸の品種であることによる。
稲の特性 主産県の新潟では、平坦地・中山間地に適する。
いもち病に弱く、かつ、稈が弱くて極倒伏し易い。
コシヒカリの来歴

コシヒカリの口コミ/評判

コシヒカリの口コミ/評判

生産地 :岡山県
内容量:3kg / 料金:2000円
ほかの米を食べたことがないので、比較ができないのですが、おかずによく合う米だと思っています。しかし、炊飯器が安いものなので米に申し訳ないと感じています。高級炊飯器で炊けばもっとおいしい米になると確信しています。晴れの国岡山の米ですからね。おいしいに違いありません。

生産地 :広島県
内容量:10kg / 料金:4800円
コシヒカリはお米として全国的にも有名で、ほぼ全国どこでもスーパーなどで購入できるし、新米でなくても、開封から日にちが経過しても、味も色つやも炊いたときの良い香りも変わらないところが大好きです。名前を聞いて知らない人がいないという安定感があるので、試しに食べなくても美味しいのがわかるのがいいです。

生産地 :岡山県
内容量:5kg / 料金:2300円
コシヒカリをいつも食していましたが、つい最近岡山県産のキヌヒカリが特賞を獲得したということで変更しようかと考えているところです。コシヒカリ自体はもちもちして食感も申し分ありません。自分はお米が大好きで3度の食事はお米でなければいけない人間なのでお米にはこだわっています

生産地 :新潟県
内容量:2kg / 料金:1000円
ふっくらとモチモチとした食感で粘り気が強いです。味も甘みがあってしっかりしています。よって食べごたえがあります。冷めても美味しいのでお弁当にも適していると思います。おにぎりにも最適です。握りやすいし味も良いです。水分が多めなのでチャーハンなどには少し不向きなようです。

生産地 :愛知県
内容量:10kg / 料金:10000円
今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
コシヒカリは、お米の中で一番 THE お米!という位、お米の味が強く、どんなおかずにも合い美味しいです。粘り気のあるのが好みなので、少し多めに水を入れ蒸らすと、もっちりと甘味の深いご飯が炊けるので、リピートしています。噛めば噛むほど味が出てくるコシヒカリが大好きです。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:4500円
コシヒカリはふっくらもっちりとして甘みの感じられる優しい味です。個人的には水を多めにしてもちもちとしたものが好きですが、水を少なめにして炊くと芯のあるさっぱりとした味にもなり、また違った美味しさが楽しめるので気分や献立によって使い分けて炊くことが出来るので、飽きることなく毎日美味しく食べられるお米だと思います。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2500円
新潟産のコシヒカリを好んで食していますが、この米は甘みが強いのが特徴ではないでしょうか。まったく飽きるることなく長年楽しんでいます。また、炊き立てのコシヒカリと一緒に辛子明太子を食することもありますが、これはもう最高です。なんだか自分の好みだけを書いているような気がしますが、コシヒカリには粘り気も感じることができるのも、このコメを選んでいるひとつです。

【Amazon】おいしいコシヒカリの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地