おいしいお米.com

山口県産米の銘柄・品種や特徴

山口県の特徴

山口県の特徴

山口県産のお米

 山口県の気候は地域により日本海型、内海型、山地型の3つに区分される。

 県東部の山間部は山地型に属し、他の地域に比べ平均気温は低く降水量は多い。 また、県東部の瀬戸内側は内海型に、県西部などその他の地域は日本海型に属し、山地型に比べ平均気温は高く降水量は少ない。

 降雪量は瀬戸内海の沿岸部では少ないですが、山口県内の中国山地の山沿いでは積雪量は多くなり、多くの道路は路面凍結するほどです。

 また、関門海峡周辺では霧が発生しやすく、日本海側気候と瀬戸内海式気候との境界に当たるため、二面性を持つ気候です。強風・風雪・波浪注意報も発令されることも多く、強い冬型の時には暴風雪・波浪警報が発令される場合もあります。

山口県産のお米の銘柄や特徴

 山口県は本州の最西端に位置し、北部と西部は日本海、南部は瀬戸内海と三方を海に囲まれ、また県中央部には、東西に中国山地が走っています。平均して温暖な気候なため、昔から米作りは盛んで、耕地面積の80%が水田です。

 山間部ではコシヒカリ、沿岸部ではヒノヒカリを栽培するなど、気象条件や立地に合わせた品種の米が作られています。

 その他にも、山口県ではあきたこまちや日本晴、ミルキークイーンなど様々な品種が栽培されています。

山口県で作られるお米の銘柄

【Amazon】山口県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


山口県産米の口コミ/評判

山口県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
しっかり甘みと水分があり、しっとりもっちりという感じ。ひのひかりやひとめぼれなど他の品種も時々食べてはみますが、特に高齢の両親はこしひかりが好きなようで、結局、彼らのリクエストでいつものお米に戻ります。しっかりした味わいとやわらかい口当たりが良いのだと思います。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:10kg / 料金:3000円
ひのひかりは、水分多めと思います。炊き上がった時に、もちもちと仕上がります。炊いたまま、炊飯ジャーで保温すると、ジャーの底側のご飯が、押しつぶされたようになります。我が家は、炊き上がってご飯の上下をひっくり返した後、ジャーの蓋を開けてふきんをジャーにかけるように広げます。水分が適度に抜けて、ご飯がふんわりします。ひのひかりは、ご飯の蒸気を抜かすと、水分や甘みがバランスよく頂けると思います。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:5kg / 料金:1600円
色々食べ比べたことはないのですが、毎日炊いていてその時々で研ぎ方も違うと思うのに、いつもほっこら 美味しく炊きあがっています。味にくせがないというか炊き込みご飯にしてもいいし、ともかく邪魔をしません。長年炊いていても私自身、決して上手だという自信はないのですがいつも美味しくできるのはヒノヒカリのおかげかなとも思います。

山口県の生産量/作付面積

山口県の市区町村一覧

東部(岩国 / 柳井・光)
岩国市
柳井市
上関町
周防大島町
田布施町
平生町
和木町
西部(下関 / 宇部・山陽小野田)
宇部市
山陽小野田市
下関市
中部(山口・防府 / 周南・下松)
下松市
周南市
光市
防府市
山口市
北部(長門 / 萩・美祢)
長門市
萩市
美祢市
阿武町

【Amazon】山口県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地