おいしいお米.com

新潟県産米の銘柄・品種や特徴

新潟県の特徴

新潟県の特徴

新潟県産のお米

 新潟県の気候の特徴は、東京に比べて北に位置しているため、全般に東京よりも気温が低く、年平均気温は山沿いでは11~12度、海岸・平野部では13~14度となっています。また、相対的に上越では高く、下越では低くといった特徴があります。

 また、年合計降水量は佐渡や下越方面の海岸部で1,500~2,000mmですが、山沿いでは3,000mmを越えるところもあります。山沿いでも湯沢方面や妙高方面は相対的に少なく、2,000mm程度となっています。

 新潟と東京で大きな違いがみられるのは冬季の降水量と日照時間で、新潟では冬季に降水量が多く、日照時間が少なくなります。これは冬型の気圧配置となって曇りや雨または雪の日が多いことが影響しています。

新潟県産のお米の銘柄や特徴

 新潟県の気候の特徴として、冬は雪がたくさん降り積もって氷点下まで外気温が 下がり、夏は30度以上の暑さとなります。

 この寒暖の差と、たくさん降り積もる雪が、お米の成長に良い影響を与えています。

 春になると、雪解け水が地中に浸み込んでいくため、豊富な清涼水が田んぼの地下に蓄えられます。さらに、山からの雪解け水が、上流から下流へと流れ、越後平野の田んぼに注がれます。

 新潟県の寒暖差と、清涼水がおいしいお米の秘訣です。

新潟県で作られるお米の銘柄

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


新潟県産米の口コミ/評判

新潟県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
コシヒカリは、お米の中で一番 THE お米!という位、お米の味が強く、どんなおかずにも合い美味しいです。粘り気のあるのが好みなので、少し多めに水を入れ蒸らすと、もっちりと甘味の深いご飯が炊けるので、リピートしています。噛めば噛むほど味が出てくるコシヒカリが大好きです。

品種 :コシヒカリ
内容量:30kg / 料金:10000円
コシヒカリは、お米の味もしっかり有り、程よい噛み応えが魅力だと思います。 またありがたいことに親戚がコシヒカリを生産しているので新米を食べさせていただく機会が毎年あります。 コシヒカリの新米は非常に香りもよく、味もほのかに甘みを感じることが出来ます。 またコシヒカリの特徴として保温を切った後の冷えた状態でも美味しくいただけると私は感じました。

品種 :コシヒカリ
内容量:30kg / 料金:10000円
山間地の農家の方から直接購入しているので他の田んぼのお米とブレンドされていない本当に美味しいコシヒカリです。甘みが強く、粘り気も強く、冷めてもより甘みが引き立ちお弁当でも美味しく頂くことができます。おかずがなくともお米だけでお腹いっぱい食べれます。

品種 :コシヒカリ
内容量:20kg / 料金:5380円
ごはんより炊き込みご飯や焼き飯を作ることが多いので全然問題ありません。 ですがブレンド米といえど新潟産コシヒカリ9割使用してる事もあり問題なし。 コシヒカリらしくお米艶々でふっくらと仕上がります。 値段も安いしまとめ買いで配達で楽だしホント言うことなし。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
新潟出身なので、県外に住んでいてもお米は新潟産のものを選んで購入しています。 コシヒカリはもっちりとした食感で、噛むほど甘みが強く感じられ、とても腹持ちのいいお米です。塩むすびのようなシンプルな食べ方でも十分満足できますし、焼魚や煮物など和食との相性もバッチリです。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:3000円
コシヒカリはお米の中では最高級品なのでとてもおいしくいただいております。たまにパックのサトウの ごはんも食べますが、こちらのコシヒカリもなかなかの味で、レトルトのカレーやハヤシ、シチューとよく合います。値段が張りますが、我が家はやっぱりコシヒカリです。

品種 :こしいぶき
内容量:5kg / 料金:2000円
こしいぶきは、こしひかりの孫くらいにあたる品種のお米で新潟では割とメジャーなお米です。こしひかりよりも粒が小さくしっかりとした噛みごたえがあり、あっさりした中にも甘みをきちんと感じられる味わいで冷めても大変美味。どちらかというと固めの食感のごはんに炊き上がるので、チャーハンなどにもよく合います。べちゃっとしたごはんが苦手な人にもすごくおすすめ。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:5000円
粘りが強いのに加え旨味が強く食べ応えがあります。他のものをあまり食べたことがないのですが粘りの強さは特徴的です。外食して食べるお米でもコシヒカリであれば匂いや粘りですぐにわかるはずです。一度食べると他のものには手を出しにくくなるくらい美味しいお米です。新米の時期は粘り気もより強くなりとても美味しくなります。

新潟県の生産量/作付面積

新潟県の市区町村一覧

下越地方
阿賀野市
五泉市
新発田市
胎内市
燕市
新潟市
村上市
阿賀町
聖籠町
粟島浦村
関川村
弥彦村
上越地方
糸魚川市
上越市
妙高市
中越地方
魚沼市
小千谷市
柏崎市
加茂市
三条市
十日町市
長岡市
見附市
南魚沼市
出雲崎町
田上町
津南町
湯沢町
刈羽村
佐渡地方
佐渡市
新潟市の区一覧
秋葉区
北区
江南区
中央区
西蒲区
西区
東区
南区

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地