おいしいお米.com

新潟県産米の特徴や購入/通販情報など

新潟県の特徴

新潟県の特徴

新潟県産のお米

 新潟県の気候の特徴は、東京に比べて北に位置しているため、全般に東京よりも気温が低く、年平均気温は山沿いでは11~12度、海岸・平野部では13~14度となっています。また、相対的に上越では高く、下越では低くといった特徴があります。

 また、年合計降水量は佐渡や下越方面の海岸部で1,500~2,000mmですが、山沿いでは3,000mmを越えるところもあります。山沿いでも湯沢方面や妙高方面は相対的に少なく、2,000mm程度となっています。

 新潟と東京で大きな違いがみられるのは冬季の降水量と日照時間で、新潟では冬季に降水量が多く、日照時間が少なくなります。これは冬型の気圧配置となって曇りや雨または雪の日が多いことが影響しています。

新潟県産のお米の銘柄や特徴

 新潟県の気候の特徴として、冬は雪がたくさん降り積もって氷点下まで外気温が 下がり、夏は30度以上の暑さとなります。

 この寒暖の差と、たくさん降り積もる雪が、お米の成長に良い影響を与えています。

 春になると、雪解け水が地中に浸み込んでいくため、豊富な清涼水が田んぼの地下に蓄えられます。さらに、山からの雪解け水が、上流から下流へと流れ、越後平野の田んぼに注がれます。

 新潟県の寒暖差と、清涼水がおいしいお米の秘訣です。

新潟県で作られるお米の銘柄

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


新潟県産米の口コミ/評判

新潟県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2500円
コシヒカリの最大の魅力である美味しさ。その味の特徴は、強い旨みと粘りです。それだけではなく香りやツヤ、炊き上がりの美しさ、歯ごたえの柔らかさなどどれをとっても優れています。コシヒカリは口に入れるとガツンと強いお米の香りと旨みを感じられます。この感覚はコシヒカリ独特のものであり、コシヒカリに慣れた方が他の米を食べると物足りなく感じるほどです。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2000円
特に品種にはこだわりませんが、こしひかりはおいしいと思います。また、ブランド力も在るので買い求め易く、安心です。最近は料理する時間短縮の為、手軽な無洗米を選んでます。福島、宮城、岩手のお米も応援してます。最近買ってませんがこの機会にもう一度買いたいと思います。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:3800円
新潟産のコシヒカリだからといっても、値段が安いせいなのかはよくわかりませんが、他の産地のコシヒカリと比べてもそれほど味に違いを感じず、他の産地のものでいいものがあればそれを買ってもいいとは思います。普段からコシヒカリを食べ慣れているせいなのかもしれませんが、他の品種のお米と比べるとやはりコシヒカリの方が美味しく感じます。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:2kg / 料金:1000円
固めの炊き上がりにはなりますが、丼ものやカレーを多く作るので、そのような料理にはあっているのかなと感じています。また、大麦との相性も良いと感じていて、よく大麦を一緒に混ぜ込んで炊いていますが、味には満足しています。値段の割に品質が良いと思います。

品種 :みずほの輝き
内容量:3kg / 料金:1200円
新潟の新ブランド米で、初めて見たもの珍しさと、安めの値段に惹かれてかいました。5分づきで購入したけれど、柔らかくて食べやすく、あっさりとしていてどんなおかずとでもあうと思いました。正直にいうとあまり品種による味の違いがわからないので、他と比べてどうこうという感想はないのですが、安いわりに美味しいお米で満足しました。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:3000円
新潟県産コシヒカリは甘みが強く、もっちりとした食感です。全国的にも有名な新潟県産コシヒカリですが、面積が広い新潟県は地域によって味が異なるため農家さんから直接買い付けたり、産地表記を見て買うのもおすすめです。水の違いや気候の違いが生むコシヒカリの味を試して頂きたいです。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:3000円
お米本来のうまみの感じられる品種だと思います。値段は高いですが、お米を脇役ではなく主役にできるので定期的に購入しています。価格重視で備蓄米なども使うことがありますが、味わいがぜんぜん違います。コシヒカリなら塩おむすびにするだけで充分においしく、2歳の子供もパクパク食べてくれます。

品種 :ミルキークイーン
内容量:5kg / 料金:2000円
「ミルキークイーン」はモチモチとした食感です。粒は小さめで、やや柔らかめです。もち米のような甘い香りもするので、ご飯そのものを楽しみたいときはおすすめです。冷めても柔らかくモチモチ感が続くのでおにぎりやお弁当向きですが、チャーハンやお寿司には向かないと思いました。

新潟県の生産量/作付面積

新潟県の市区町村一覧

下越地方
阿賀野市
五泉市
新発田市
胎内市
燕市
新潟市
村上市
阿賀町
聖籠町
粟島浦村
関川村
弥彦村
上越地方
糸魚川市
上越市
妙高市
中越地方
魚沼市
小千谷市
柏崎市
加茂市
三条市
十日町市
長岡市
見附市
南魚沼市
出雲崎町
田上町
津南町
湯沢町
刈羽村
佐渡地方
佐渡市
新潟市の区一覧
秋葉区
北区
江南区
中央区
西蒲区
西区
東区
南区

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地