おいしいお米.com

新潟県産米の銘柄・品種や特徴

新潟県の特徴

新潟県の特徴

新潟県産のお米

 新潟県の気候の特徴は、東京に比べて北に位置しているため、全般に東京よりも気温が低く、年平均気温は山沿いでは11~12度、海岸・平野部では13~14度となっています。また、相対的に上越では高く、下越では低くといった特徴があります。

 また、年合計降水量は佐渡や下越方面の海岸部で1,500~2,000mmですが、山沿いでは3,000mmを越えるところもあります。山沿いでも湯沢方面や妙高方面は相対的に少なく、2,000mm程度となっています。

 新潟と東京で大きな違いがみられるのは冬季の降水量と日照時間で、新潟では冬季に降水量が多く、日照時間が少なくなります。これは冬型の気圧配置となって曇りや雨または雪の日が多いことが影響しています。

新潟県産のお米の銘柄や特徴

 新潟県の気候の特徴として、冬は雪がたくさん降り積もって氷点下まで外気温が 下がり、夏は30度以上の暑さとなります。

 この寒暖の差と、たくさん降り積もる雪が、お米の成長に良い影響を与えています。

 春になると、雪解け水が地中に浸み込んでいくため、豊富な清涼水が田んぼの地下に蓄えられます。さらに、山からの雪解け水が、上流から下流へと流れ、越後平野の田んぼに注がれます。

 新潟県の寒暖差と、清涼水がおいしいお米の秘訣です。

新潟県で作られるお米の銘柄

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


新潟県産米の口コミ/評判

新潟県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:3000円
コシヒカリの食べ応えの有る力強い感触が大好きです。日本屈指の降雪地帯、新潟県で寒さに耐えて育ったコシヒカリの力強い感触を味わっていると、雪国の暮らしが目に浮かんでくるようです。日本人なら誰もが知る銘柄コシヒカリ。ノリを巻いても、塩をまぶしても、ありとあらゆる食品と合わせて楽しめる味かと思います。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:4000円
新潟県産こしひかりの中でも、佐渡産の特別栽培米こしひかりは程よい甘味による旨味ともちもちしすぎないふっくら感から、これぞ「昔ながらの日本の米」といえる抜群のバランスを持っている。ミルキーキクイーンのような突出した甘味やモチモチ感とは一線を画した、どんな料理にも合って正直料理がうまいと感じさせてくれる「おいしいお米」なのである。もちろん単体でもその旨さは十分味わえるが、料理と合わさって食する時、この米は無双となる。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:5000円
ふっくらした感じで優しい味です。購入しているお店の在庫によって他県のコシヒカリを買う場合もあるのですが、他の県産のコシヒカリと比べると炊き上がった時に艶があります。 おにぎりにして常温で数時間置いて食べてもお米のみずみずしさが失われない感じがします。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:3780円
「【美味しい無洗米】30年産新潟県産コシヒカリ 無洗米 5kg」というものをAmazonから購入しております。 このお米は一等米で甘味がありとてもおいしいです。炊きあがりのツヤもよくでており、とても香りがいいです。 無洗米の中でも上位に入る味だと思います。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:4500円
コシヒカリはふっくらもっちりとして甘みの感じられる優しい味です。個人的には水を多めにしてもちもちとしたものが好きですが、水を少なめにして炊くと芯のあるさっぱりとした味にもなり、また違った美味しさが楽しめるので気分や献立によって使い分けて炊くことが出来るので、飽きることなく毎日美味しく食べられるお米だと思います。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:4500円
海外生活をしているので、日本から持ってきて大事に食べているのですが、もう甘みから艶から全てが違う。炊いたときに立ち上る湯気がもう既に美味しい。もっちりしていて、すっきりした甘みがあって、絶妙な粘り気があって、梅干半分でお茶碗1杯食べられます。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:3000円
お米本来のうまみの感じられる品種だと思います。値段は高いですが、お米を脇役ではなく主役にできるので定期的に購入しています。価格重視で備蓄米なども使うことがありますが、味わいがぜんぜん違います。コシヒカリなら塩おむすびにするだけで充分においしく、2歳の子供もパクパク食べてくれます。

品種 :コシヒカリ
内容量:10kg / 料金:5000円
コシヒカリは冷めても美味しいので、おにぎりにして食べるのが私は1番好きです。あまり味を付けたりしなくてもほどよく甘いのが良いところだと思います。朝ご飯は白米に少量のお惣菜でご飯を食べる事が多いのですが、コシヒカリはいつもお惣菜より主役です。

新潟県の生産量/作付面積

新潟県の市区町村一覧

下越地方
阿賀野市
五泉市
新発田市
胎内市
燕市
新潟市
村上市
阿賀町
聖籠町
粟島浦村
関川村
弥彦村
上越地方
糸魚川市
上越市
妙高市
中越地方
魚沼市
小千谷市
柏崎市
加茂市
三条市
十日町市
長岡市
見附市
南魚沼市
出雲崎町
田上町
津南町
湯沢町
刈羽村
佐渡地方
佐渡市
新潟市の区一覧
秋葉区
北区
江南区
中央区
西蒲区
西区
東区
南区

【Amazon】新潟県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地