おいしいお米.com

岩手県産米の特徴や購入/通販情報など

岩手県の特徴

岩手県の特徴

岩手県産のお米

 岩手県の内陸部の大部分は山岳丘陵地帯で占められ、 西側には秋田県との県境に奥羽山脈があり、これと平行して東部には北上高地が広がる。 さらに、この二つの山系の間を北上川が南に流れる。

 また、沿岸部は、宮古市より北では、典型的な隆起海岸で、海食崖や海岸段丘が発達し、 宮古市より南側は北上高地の裾野が沈水してできた、リアス式海岸が存在する。

 岩手県の気候としては、奥羽山脈の山沿い地方は、冬に雪の多い日本海側の気候、北上高地は高原性、盆地性の気候。 また、北上川沿いの平野部は、全体的に冬は寒さが厳しく、夏は暑い内陸性の気候となる。

岩手県産のお米の銘柄や特徴

 岩手県のお米は、ひとめぼれやあきたこまち、いわてっこなど、様々なお米が栽培されています。

 岩手県の米作りは、冷害との戦いで、寒さに強い品種が多いのが特徴です。

 夏が低温になった時のことを考えての耐冷性(低温への抵抗力)の強さと、カビの仲間が原因の病気の「穂いもち」への抵抗力の強さが特徴です。

岩手県で作られるお米の銘柄

【Amazon】岩手県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


岩手県産米の口コミ/評判

岩手県産米の口コミ/評判

品種 :ひとめぼれ
内容量:5kg / 料金:1300円
幼い頃からひとめぼれを食べてきたので、その流れでひとめぼれを購入しています。 どんな料理にも合う、優しい味わいが気に入っています。 炊き上がりも、他のお米とは違ってツヤ感とふっくら感が強いと思います。 以前は、宮城県産も買っていたのですが、岩手県産の方が甘みがあって美味しく感じたので、それ以降は岩手県産を選ぶ事が多いです。

品種 :ひとめぼれ
内容量:30kg / 料金:2500円
 最初は岩手県人に勧められたですがいつの間にか我が家の定番になりました。特に癖もなく 子供から大人まで、美味しく頂いてます。粘り気やもっちりかんが好きな我が家では好評です。特に 炊き上げた直後の香りはお腹の虫がぐーと鳴きますね、それほどにお米自体の香りが素敵です。

品種 :ひとめぼれ
内容量:10kg / 料金:3000円
これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

岩手県の生産量/作付面積

岩手県の市区町村一覧

県南
一関市
奥州市
北上市
遠野市
花巻市
金ケ崎町
西和賀町
平泉町
湾岸
大船渡市
釜石市
宮古市
陸前高田市
岩泉町
大槌町
住田町
山田町
田野畑村
県北
久慈市
二戸市
一戸町
軽米町
洋野町
九戸村
野田村
普代村
盛岡
滝沢市
八幡平市
盛岡市
岩手町
葛巻町
雫石町
紫波町
矢巾町

【Amazon】岩手県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地