おいしいお米.com

秋田県産米の銘柄・品種や特徴

秋田県の特徴

秋田県の特徴

秋田県産のお米

 秋田県の気候区分は日本海側気候に分類される。

 同じ日本海側の山形県や新潟県と同様に冬季には対馬暖流の影響もあり、 日本海側から湿った冷たい風が吹き、みぞれや雪を降らせる。

 隣県の山形県と同様に県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯に指定されており、雪が多く降り積もりやすい。

 また、冬季間の日照時間は全都道府県の中で最も少ないという特徴がある。

秋田県産のお米の銘柄や特徴

 秋田県のお米の特徴は、1984年に秋田県の奨励品種に採用された「あきたこまち」にあげられるように透明感・光沢・香りとも優秀で、ツヤツヤと輝くもち肌で安定した品質と収量が魅力的な品種が多く、粘りがあり、弾力性に富んだお米が特徴です。

秋田県で作られるお米の銘柄

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


秋田県産米の口コミ/評判

秋田県産米の口コミ/評判

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは、程よいバランスで味が良いです。家族みんな共に飽きが来ないという感じです。 特にこれという決めたブランド米はなく、手頃な値段で、普通においしければそれで良しという考え方です。 他にも、コシヒカリ、ななつぼし、ゆめぴりか等も買ったりしますが、何となく、あきたこまちに落ち着いています。 無洗米は購入外対象です。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2200円
色々なお米を食べてきましたがあきたこまちは、非常にバランスの良いお米だと思います。炊き上がりの香りも高く、よく噛んで食べていくと甘みも感じられます。 お弁当などにいれて冷めてもお米の味が濃く、どんなおかずとの相性もよくて、とても美味しく食べられます。

品種 :ひとめぼれ
内容量:5kg / 料金:2000円
食べごたえがありつつも、お米の中にきちんと甘みがあります。他のご飯だと味気なく感じてしまうほどです。おかずがなくても、ご飯だけでも食べてしまえるほどです。他のお米と比べて少し高いですが、それでも食事の中心になる白米なので、多めに払ってでも食べたいと思えるお金です。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:3000円
あきたこまちは、炊くともちもちしていて、甘みがあります。米自体の味がしっかりしていると思うので、炊きたてだとおかず無し米だけで数杯いけます。さっぱりサラサラ系の米好きにはおすすめできませんが、もちもち系好きな日本人は多いと思うので、私はあきたこまちがおすすめです。冷めても甘みやもちもち感が続くので、おにぎりやお弁当にもベストなお米だと思います。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:2500円
炊いた時の触感としては、パサつかずふっくらとしている感じがします。炊き方によるとは思いますが、べたべたしていないので、さっぱりとした後味です。これという特徴はないかもしれませんが、それだけにどんなおかずにも合う使いやすいお米ではないでしょうか。

品種 :あきたこまち
内容量:2kg / 料金:990円
あきたこまちは、米粒のもっちり感・あっさり感・やわらかさ・水分量、すべてにおいてバランスの良い銘柄のお米です。コシヒカリほど水分量が多くないため、きりたんぽ状に成形して鍋に入れてもあまりべちょべちょにならず、煮崩れしにくいです。食感も良いまま食べられます。あきたこまちはまさに、きりたんぽ鍋やだまこ鍋に向いている銘柄のお米と言っていいでしょう。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2300円
あきたこまちは、ふっくらとした炊き上がりになります。外で違うお米を食べると、パサついていると感じます。 味わいはコクがあり、噛めば噛むほど風味が感じられて、「ご飯を食べている」という実感があります。コクがあるので冷やご飯でもおいしくいただけます。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:3999円
今一人暮らししてるので。以前は自炊は、してなかったけど。 この半年前から。自炊するように、なりまして。 お米が当然必要になりまして。あきたこまちを、 主に使用してます。 味も良いし。毎日食べています。 もっと早く自炊すればいいかなと、 今更ながら思いました

秋田県の生産量/作付面積

秋田県の市区町村一覧

秋田地域
秋田市
男鹿市
潟上市
井川町
五城目町
八郎潟町
大潟村
北秋田地域
大館市
北秋田市
上小阿仁村
鹿角地域
鹿角市
小坂町
仙北地域
仙北市
大仙市
美郷町
由利地域
にかほ市
由利本荘市
山本地域
能代市
八峰町
藤里町
三種町
雄勝地域
湯沢市
羽後町
東成瀬村
平鹿地域
横手市

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地