おいしいお米.com

秋田県産米の銘柄・品種や特徴

秋田県の特徴

秋田県の特徴

秋田県産のお米

 秋田県の気候区分は日本海側気候に分類される。

 同じ日本海側の山形県や新潟県と同様に冬季には対馬暖流の影響もあり、 日本海側から湿った冷たい風が吹き、みぞれや雪を降らせる。

 隣県の山形県と同様に県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯に指定されており、雪が多く降り積もりやすい。

 また、冬季間の日照時間は全都道府県の中で最も少ないという特徴がある。

秋田県産のお米の銘柄や特徴

 秋田県のお米の特徴は、1984年に秋田県の奨励品種に採用された「あきたこまち」にあげられるように透明感・光沢・香りとも優秀で、ツヤツヤと輝くもち肌で安定した品質と収量が魅力的な品種が多く、粘りがあり、弾力性に富んだお米が特徴です。

秋田県で作られるお米の銘柄

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


秋田県産米の口コミ/評判

秋田県産米の口コミ/評判

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:1900円
もともとはコシヒカリを買うことが多かったのですが、子どもが生まれたことをきっかけに少し安めのあきたこまちを購入するようになりました。 さっぱりした味わいで、どんな料理にでも合いますし、子どもも好んで食べています。 価格も手頃で家計に優しいので、しばらくはあきたこまちを定番にしようと考えています。

品種 :めんこいな
内容量:10kg / 料金:3200円
めんこいなは、あきたこまちよりは控えめな印象です。あっさり食べられます。しかし、十分な甘みと粘り気がありますので、毎日食べるお米としてはとても美味しく食べられます。やはり冷めても美味しいです。あきたこまちよりは粘り気が控えめな分、団子になりにくく扱いやすいです。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:3500円
この価格なのでまあ満足しています。コシヒカリのようなつや、おいしさはありません。価格が5千円くらいであれば美味しいと思います。あきたこまちでもメーカーにより味は違います。いつも同じメーカーのものを買いますが、たまに同じ価格で他のものを買うこともあります。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:1700円
価格優先であきたこまちを購入していますが、水分量が多めの品種で、冷めてももちっとしています。あきたこまちは、あっさりとしていていくらでも食べられるので、ファミリー向けのお米だと思います。どのようなジャンルの料理にも無難に合うお米だと思います。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:1800円
あきたこまちは、値段も手頃で品質も良く買いやすい銘柄です。味はすっきりしていておいしく、好みにあっています。大抵のスーパーで置いているので求めやすいです。炊きたてはもちろん、さめても味は落ちません。焼きめしにしてもベタつかなくて、おいしく食べられます。

品種 :あきたこまち
内容量:30kg / 料金:9000円
あきたこまちは炊き上がりもツヤツヤしていて、お米もふっくら。そのまま食べても甘みのあるお米だと思います。古米でも水加減をいつもより少し多くするだけだくで、新米に近いくらいの炊き上がりになり素晴らしい品種だと思います。食べ方としては、炊き上がりのアツアツに筋子です。わたし個人の感想ですが。

品種 :コシヒカリ
内容量:2kg / 料金:1000円
昔はコシヒカリと言えば美味しいお米の代表格のようなイメージだったが、今は他のブランドのお米も充分美味しく、久しぶりに買ったコシヒカリは昔ほど感動的な美味しさを感じなくなった。とは言え、やはり日本のお米だけあって無難と言うか、裏切らない美味しさではあった。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2300円
あきたこまちはササニシキ、コシヒカリに負けない秋田県を代表するブランドで、いまや日本有数のブランド米として全国で作られています。味はササニシキやコシヒカリと比べて、とてももちっとした粘り気があって、水分量の多いお米です。きりたんぽやだまこ、おにぎりにとても適しています

秋田県の生産量/作付面積

秋田県の市区町村一覧

秋田地域
秋田市
男鹿市
潟上市
井川町
五城目町
八郎潟町
大潟村
北秋田地域
大館市
北秋田市
上小阿仁村
鹿角地域
鹿角市
小坂町
仙北地域
仙北市
大仙市
美郷町
由利地域
にかほ市
由利本荘市
山本地域
能代市
八峰町
藤里町
三種町
雄勝地域
湯沢市
羽後町
東成瀬村
平鹿地域
横手市

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地