おいしいお米.com

秋田県産米の銘柄・品種や特徴

秋田県の特徴

秋田県の特徴

秋田県産のお米

 秋田県の気候区分は日本海側気候に分類される。

 同じ日本海側の山形県や新潟県と同様に冬季には対馬暖流の影響もあり、 日本海側から湿った冷たい風が吹き、みぞれや雪を降らせる。

 隣県の山形県と同様に県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯に指定されており、雪が多く降り積もりやすい。

 また、冬季間の日照時間は全都道府県の中で最も少ないという特徴がある。

秋田県産のお米の銘柄や特徴

 秋田県のお米の特徴は、1984年に秋田県の奨励品種に採用された「あきたこまち」にあげられるように透明感・光沢・香りとも優秀で、ツヤツヤと輝くもち肌で安定した品質と収量が魅力的な品種が多く、粘りがあり、弾力性に富んだお米が特徴です。

秋田県で作られるお米の銘柄

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


秋田県産米の口コミ/評判

秋田県産米の口コミ/評判

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは適度にモチモチしていて、和食にぴったりです。煮物や焼き魚など和風の料理によく合うと感じます。ほどよく甘みもあり、お米をゆっくり噛んで味わうのが楽しいです。家族もあきたこまちが一番好きです。たまにコシヒカリなどにするのですが、やっぱりあきたこまちが一番美味しいという結論に至ります。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:4500円
炊き上がりからふっくらとしていて、食べた時に程よくもっちりとした食感を感じられます。お弁当など冷めた状態で食べても、ベタッとした感じがなく、ふっくらとしたご飯のふくよかさがキープされていて、とても美味しいですし、ご飯の風味も感じられるので食べやすいです。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:1800円
あきたこまちは、コシヒカリほどの粘りはなく、ややあっさりとしたブランドですが、それが故にどのような食事にも合い、食べ飽きることなく食べ続けられます。また、あきたこまちの最大の特長は「冷めてもおいしい」ことだと思います。子どもたちのお弁当作りを欠かせない我が家ではとても重宝しています。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2000円
高いお米ではないので、粘り気はあまりなく、アッサリ系です。炊き上げると、なんとなくベッチャリしやすいような気がします。少し固めに炊いて一粒ずつをシッカリさせたほうがおいしく感じます。おにぎりにしても、コンビニおにぎりのほうが美味しいのですが、普通に食べれます。

品種 :あきたこまち
内容量:10kg / 料金:3000円
コシがあってしっかりとしていて、噛み応えがあってとても美味しいですし、炊きたての秋田小町は白くてとてもツヤツヤしていてキレイですし、味の方も噛めば噛むほど美味しいといった感じで美味しいです。 安くて安全でとても美味しいお米という事で我が家では秋田小町をいつも買っています。

品種 :コシヒカリ
内容量:30kg / 料金:10000円
甘みがあってモッチリしていて、いつ食べても美味しいと感じます。 どんなおかずにも合うし、塩むすびなどでも美味しい。 美味しすぎて食べ過ぎてしまうのが問題なくらいです。 『お米の味』をしっかり味わいたい人にはオススメです。 個人的にあっさりしているお米だと食事の時にテンションが上がらないので、どうしてもコシヒカリを購入してしまいます。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは、炊く前のお米そのものの香りがとても好きです。米袋を開けた時に、いい香りが漂います。あと、炊きたてはもちろん美味しいですが、冷めても美味しいと思っています。デンプン質が多いのか、もっちりした食感です。ただし、研ぎ具合で多少食感が調整できます。しっかり研ぐと、デンプン質が溶け出していくのであっさりします。個人的には、軽めに研いでデンプン質多めの甘めモチモチが好きです。

品種 :あきたこまち
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちはとても粘り気が強く、もちもちとした触感が特徴です。また、甘み、旨みがあるので、炊き立てのごはんだったら味噌汁と漬物だけで十分美味しいと思います。それから、冷めても美味しいお米なので、おにぎりやお弁当にしても美味しいく食べられると思います。

秋田県の生産量/作付面積

秋田県の市区町村一覧

秋田地域
秋田市
男鹿市
潟上市
井川町
五城目町
八郎潟町
大潟村
北秋田地域
大館市
北秋田市
上小阿仁村
鹿角地域
鹿角市
小坂町
仙北地域
仙北市
大仙市
美郷町
由利地域
にかほ市
由利本荘市
山本地域
能代市
八峰町
藤里町
三種町
雄勝地域
湯沢市
羽後町
東成瀬村
平鹿地域
横手市

【Amazon】秋田県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地