【通販】ヒノヒカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

ヒノヒカリの特徴や生産地・通販など

ヒノヒカリの特徴・由来など

ヒノヒカリの特徴・由来など

ヒノヒカリとは

ヒノヒカリは、イネ(稲)の品種の1つ。

ヒノヒカリは、コシヒカリ(越南17号)と黄金晴(愛知40号)の交配によって生まれた水稲ウルチ米です。

宮崎県総合農業試験場(農林水産省指定試験地)で育成されました。

1989年に水稲農林299号「ヒノヒカリ」として命名登録され、翌1990年に種苗法による品種登録がされました。

このヒノヒカリという名前の由来は、「西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、その飯米が光り輝くさま」から名付けられました。

また、多くの府県で奨励品種に指定されていて、九州を中心に中国・四国地方や近畿地方など西日本で広く栽培されています。

平成に入ってからの10年間で、その作付面積を一気に70倍以上にまで広げた、現在の日本のお米を代表する品種の一つと言っても過言ではないのがこの「ヒノヒカリ」です。

ヒノヒカリの掛け合わせ

ヒノヒカリは、「コシヒカリ(越南17号)」と「黄金晴(愛知40号)」の交配によって生まれた品種です。

ヒノヒカリの特徴としては、早晩性は、中性に属し、いもち病、白葉枯病にやや弱く、耐倒伏性がやや弱い。穂発芽性は「難」。ヒノヒカリの収穫適期は、出穂後45日目が標準となっています。

また、天候やほ場の条件にも左右されるので、籾の約90%が黄変した頃を収穫適期の判断の目安となります。

ヒノヒカリの味

ヒノヒカリは小粒でありながらも非常に良質な食味を持つことで知られています。

粒は小さいながらも厚みがあり食べ応えも良く、九州では多くの家庭で使われている非常に知られたお米であり、親しまれた味と言えます。

また、コシヒカリに似ているにも関わらず価格はヒノヒカリの方が安いため、コストを意識しつつ味にもこだわりたいとする外食業界においては非常に重宝される品種です。

ヒノヒカリに合う料理

ヒノヒカリはコシヒカリほど味の主張が強くないので、どんなおかずとも相性は良いです。

また、炊き上げた時の粘りもそれほど強くないため、炊く際の水加減で調整をしても、そこまで味が崩れないことも特徴の一つです。

ご飯本来のうまみを活かしたい、漬物と合わせたり味の薄いものと合わせたい時などは水を多めにしてふっくらと炊き上げ、チャーハンなどのようにご飯そのものを調理したい場合には水を少なめに固く炊き上げても美味しく食べることが出来ます。

【Amazon】おいしいヒノヒカリの通販や購入はこちらから

品種 ヒノヒカリ
育成年 1989
育成場所 宮崎総農試
粒形 中粒でやや長めで基部やや広く頭部が尖がっている。中飴色。
名前の由来 陽は西日本、九州を表わす。待望の良食味品種であり、その飯米は光り輝くことを表現。
稲の特性 宮崎県では普通期栽培地域に適する。
いもち病、白葉枯病にやや弱い。
ヒノヒカリの来歴

ヒノヒカリの口コミ/評判

ヒノヒカリの口コミ/評判

品種 :ヒノヒカリ
生産地:大分県
内容量:5kg / 料金:1500円
ひのひかりは、甘く水分が多いので、もっちりとしています。おにぎりにすると、塩が甘さを引き出してくれます。炊き込みご飯にしても、おいしいです。焼き飯には、不向きかもしれません。炊きたてのふっくら感、もちもち感は、本当に良いです。ふりかけや、混ぜご飯との相性もよいです。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:宮崎県
内容量:5kg / 料金:2500円
ヒノヒカリは炊き上がったときのつやが綺麗でどんなおかずにもよく合います。土鍋の釜で炊いていますが、底の方についたおこげの美味しいこと!しょうゆを少し垂らしただけでとても贅沢な一品になります。ごはんを噛みしめると口の中に広がるやわらかな甘みもとてもいいものです。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:新潟県
内容量:2kg / 料金:1000円
固めの炊き上がりにはなりますが、丼ものやカレーを多く作るので、そのような料理にはあっているのかなと感じています。また、大麦との相性も良いと感じていて、よく大麦を一緒に混ぜ込んで炊いていますが、味には満足しています。値段の割に品質が良いと思います。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:高知県
内容量:10kg / 料金:4000円
ヒノヒカリは全国的にはマイナーかもしれませんが、九州や中四国地方でよく作られているお米です。粒は小さめです。お米の主張が強すぎず、あっさりとして食べやすい味なので、どんなおかずとも相性がいいと思います。あまりべちゃっとしないので、カレーや炒飯にも使いやすいです。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:愛知県
内容量:5kg / 料金:5000円
身体のため、なるべく血糖値を上げにくい(粘りが少ない)タイプのお米を選ぶようにしています。なかでも気に入っているのがヒノヒカリと朝日。ともにシッカリとした味わいのある品種ですね。とくにヒノヒカリは比較的アミロース値が高いうえにモッチリめの食感でバランスが良く、よく買います!

品種 :ヒノヒカリ
生産地:広島県
内容量:15kg / 料金:5250円
ご近所の農家さんから直接購入してます。2~3日前にお電話致しますと精米して持って来て下さります。2人暮らしなのでいつも炊き立てご飯を食べれる訳ではないのですが、美味しいのではと思います。お米を作る時に、以前は酪農家で土がよいので肥料はやらなくてもよいし、農薬も少な目でよいそうです。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:山口県
内容量:10kg / 料金:3000円
ひのひかりは、水分多めと思います。炊き上がった時に、もちもちと仕上がります。炊いたまま、炊飯ジャーで保温すると、ジャーの底側のご飯が、押しつぶされたようになります。我が家は、炊き上がってご飯の上下をひっくり返した後、ジャーの蓋を開けてふきんをジャーにかけるように広げます。水分が適度に抜けて、ご飯がふんわりします。ひのひかりは、ご飯の蒸気を抜かすと、水分や甘みがバランスよく頂けると思います。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:大分県
内容量:5kg / 料金:1800円
ヒノヒカリは香りが良いのですが、味自体は非常にあっさりとしていて和食にも洋食にも合います。地元九州ではよく食べられる品種なのですが、地域特有の甘い醤油とも合うんです。弾力に関しては平均的だと思っていますが、何と言うか食べ慣れた味ですし、誰にでも親しみやすいお米なんだと感じます。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:奈良県
内容量:5kg / 料金:1800円
他の品種を購入したことが無い(実父が作っているヒノヒカリをもらうことが多い)ので比べようがありませんが、特Aランクということなので、かなりおいしいお米なのだと思います。炊き上げた時に美しいつやがあり、やわらかく炊いても固めに仕上げても飽きることなく最後までおいしくいただけます。

品種 :ヒノヒカリ
生産地:岡山県
内容量:30kg / 料金:7000円
ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

【お米の高い・安い】銘柄ごとの価格差の理由

理由①品種と生産地
稲の品種や栽培地の条件によって、お米の品質や収穫量が異なります。一部の高級銘柄は特定の地域や気候風土に適した条件で栽培されるため、生産量が限られることがあります。そのため、需要に対して供給が少なくなり、価格が高くなる傾向があります。
理由②生産方法
お米の生産方法には、農薬や化学肥料の使用の有無、有機栽培や無農薬栽培などがあります。高級銘柄の一部は、より自然な栽培方法を採用しているため、生産コストが高くなることがあります。
理由③処理と精米方法
お米の品質を保つために、適切な処理と精米方法が行われる必要があります。高級銘柄では、より細かい精度で加工や選別が行われることがあります。これには専用の設備や技術が必要となり、それによって生産コストが増加し、価格が高くなります。
理由④ブランディングとマーケティング
高級お米の一部は、ブランドイメージやマーケティング戦略によって付加価値を持たせています。広告やパッケージングなどを通じて特別感や高品質のイメージを醸成し、価格を高めに設定することがあります。

人気のお米・品種

コシヒカリ

【口コミ】今の時期は水を少し多めにして炊くとふっくらして美味しいです。 時期によってお米が吸う水分量が違うので秋の新米の時と季節の終わりごろのお米では水の量を多少変えるとよりおいしく炊けるといわれました。 甘味はそこまで多くありませんがその分食べやすいです。

あきたこまち

【口コミ】近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

ゆめぴりか

【口コミ】ゆめぴりかは、北海道米の中でも、1、2を争う高級米です。 色は乳白色、つやつやで、見た目にも大変美味しそうですが、実際に食べてみると、これまた美味しいのです‼︎ 適度な粘りと甘さが特徴で、噛めば噛むほどお米の旨味が出てくるような気がします。 ぜひ一度、召し上がってみてください。

ななつぼし

【口コミ】北海道なので地元のお米です。地元のお米を地元の水で炊くので美味しいです。炊きあがりはふっくらとしていて甘くて美味しい。もち米のようなお米は胃がもたれますが,ななつぼしは粘りが少なめなので食べやすいです。お弁当を作るので冷めても美味しいななつぼしが一番です。

ひとめぼれ

【口コミ】これまではササニシキやあきたこまちを食べていましたが、ひとめぼれはそれらにないもっちりとした独特の食感があります。でもコシヒカリほど味や食感の主張が強くなく「程よくあっさり、程よくもっちり」といった感じで、どんなメニューとも相性が良く、毎日食べるのにも飽きがこないと思います。

ヒノヒカリ

【口コミ】ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

つや姫

【口コミ】名前のごとく炊き上がりに艶がありご飯特有の香りが強いような気がします。触感は他のお米よりも少しもちもち感があり弾力はある方だと思います。特におにぎりにした時は型崩れする事もなくどっしりとした食べ応えがあり、冷めても美味しさは変わらない感じでした。

はえぬき

【口コミ】味わいに個性があるお米ではありませんので、カレーライスや丼物、チャーハンなど、いろいろなメニューに使いやすいと思います。コシヒカリと比較してもそれほど劣らない味で、値段も割安なのが主婦には嬉しいポイント。普段づかいにはぴったりのお米ではないでしょうか。

キヌヒカリ

【口コミ】カレー用に水を少なめに炊いてもぱさづかずしっかりとした食べ応えがあり、普通のお水の量で炊いた時は、もっちりとしておいしいお米です。粒もそろっていて、つやつやしています。値段がとても手頃な割には白米のままでも十分おいしいです。冷やごはんでもぼろぼろせず、そのままでもレンジで加熱してもよい感じです。

さがびより

【口コミ】「さがびより」は、粒がやや大きめで炊いた時のつやがよいです。粒がべたつくことはなく、食感はややもっちりとしています。わりとあっさりした食感なので、和食はもちろん味付けのしっかりした中華料理などにもよく合います。冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったりです。

おいしいお米の生産地