おいしいお米.com

岡山県産米の特徴や購入/通販情報など

岡山県の特徴

岡山県の特徴

岡山県産のお米

 岡山県の気候は、中国山地と瀬戸内海に挟まれ、南部の平野地帯は典型的な瀬戸内海式気候です。 また、北部の中国山地沿いは日本海側気候に属し、冬季には1m程度の積雪に見舞われるなど豪雪地帯に指定されています。 さらに、その中間に位置する吉備高原は、南部より冷涼で雨量も多く、内陸に位置するため、北部ほどではないが冬季の寒さは厳しい。

 夏には瀬戸内海で発生する凪や山地越えのフェーン現象の影響もあり、都市部や内陸の盆地を中心に猛暑日になる日も少なくない。

 岡山県は温暖で災害の少ない土地柄となっています。降水量1mm以上の日数が全国最小であるため、「晴れの国」と呼ばれています。

岡山県産のお米の銘柄や特徴

 岡山県は、降水量が少なく、日照時間が多い温暖な気候で、台風などの影響もあまりありません。そのため、米作りには適した環境だと言えます。

 また、土壌にも恵まれているため、中国地方一の米の収穫量を誇っています。

 栽培されるお米の品種も様々で、あきたこまち、アキヒカリにはじまり、コシヒカリやひとめぼれなどが作られています。

岡山県で作られるお米の銘柄

【Amazon】岡山県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから


岡山県産米の口コミ/評判

岡山県産米の口コミ/評判

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:2300円
コシヒカリをいつも食していましたが、つい最近岡山県産のキヌヒカリが特賞を獲得したということで変更しようかと考えているところです。コシヒカリ自体はもちもちして食感も申し分ありません。自分はお米が大好きで3度の食事はお米でなければいけない人間なのでお米にはこだわっています

品種 :きぬむすめ
内容量:30kg / 料金:7000円
きぬむすめは、主人が兼業農家で一生懸命田んぼを耕すとこからして苗を植えて育ててます。農薬を使わずにしてるから美味しいと評判で、インターネットで関東地方へ義理妹が売ってます。岡山市は晴れの国で、雄町の冷水から湧き水が出てるのでお米はおいしいと思います。

品種 :コシヒカリ
内容量:5kg / 料金:1800円
コシヒカリが食べ慣れているため、その他のお米だと、なぜか物足りないと感じます。 コシヒカリはうま味や甘味が強い。本当は新潟県産が食べたいのだが、値段が倍以上してしまうので、地元のものを購入しています。 新潟県産ではないけれど、他のお米よりは好みなので、地元の品種よりもコシヒカリを購入します。

品種 :朝日米 
内容量:30kg / 料金:15000円
朝日米はふっくらと炊きあがりツヤがありお米が一粒ずつ立っていて歯ごたえがある感じがします。味わい深くほんのり甘みが感じられとてもおいしいです。少し水の量を少なめで炊いたらまた違うおいしさがあります。噛みごたえがあり甘さが増します。また、さめてもおいしく食べられます。

品種 :あきたこまち
内容量:2kg / 料金:800円
近所のスーパーでコシヒカリよりも価格が安いので購入してみました。地元岡山県産(他の産地の物は食べたことがないので比較はできませんが)ですが、味は甘くて、食感はもちもちしておいしいと思います。長年食べていますが、飽きることなく食べることができます。

品種 :ヒノヒカリ
内容量:30kg / 料金:7000円
ひのひかりは、コシヒカリのようにコシのあるしっかりしたお米とは違い、どちらかというと、水分たっぷりで、柔らかく、甘みのあるお米が好きな人に好まれるお米だと思います。わたしはお茶漬けが好きなので(しかも少し柔らかくしてから食べるのが好きなので)コシヒカリよりも美味しく感じます。

岡山県の生産量/作付面積

岡山県の市区町村一覧

東備圏
赤磐市
瀬戸内市
備前市
和気町
井笠圏
浅口市
井原市
笠岡市
里庄町
矢掛町
岡山圏
岡山市
玉野市
吉備中央町
倉敷圏
倉敷市
総社市
早島町
高梁圏
高梁市
津山圏
津山市
鏡野町
久米南町
美咲町
阿新圏
新見市
真庭圏
真庭市
新庄村
勝英圏
美作市
勝央町
奈義町
西粟倉村
岡山市の区一覧
北区
中区
東区
南区

【Amazon】岡山県産のおいしいお米の通販や購入はこちらから

新米の季節になりました-新米にまつわる記事-

新米とは、定義や雑学・うんちくなど
この季節になると、新米が出回り、秋の楽しみの一つとなっています。ただ、「新米」といっても、どういったお米のことを新米と言っているのでしょうか?
新米はいつからいつまで?出回る時期や期間
10月、11月に入り、新米が出回る季節となりました。お店でも「新米のシール」が貼られているお米の袋が並び始めますが、この新米というのはいつからいつまでのお米のことを言うのでしょうか?
今年の新米の値段や料金相場はいくら?
気になる今年の新米の出来栄えですが、例年と変わらず…と言った形のようです。早いものだと、7月頃から新米が出回っていますが、もう食べたという方も多いのでは無いでしょうか?

おいしいお米の生産地