【通販】にこまるの特徴や値段 | おいしいお米.com

にこまるの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

にこまるの特徴・由来など

にこまるとは

にこまるは、日本のイネの品種名および銘柄名です。

この「にこまる」の名は、笑顔がこぼれるほどおいしい品種で、丸々とした粒張りのよさを表現して、名付けられました。

ヒノヒカリ」に代わりうる品種として開発され、高温による品質低下が少なく多収で品質も良好な暖地向きの中生種です。

九州では、地域を代表するブランド米である「ヒノヒカリ」が作付面積の約6割を占めていますが、地球温暖化の影響で、「ヒノヒカリ」が、高品質さを保てない年がでてきました。

その対策として、高温年でも安定した品質と収穫量が得られて、尚且つおいしい品種が求められるようになり、そういった要望の過程で、「にこまる」は誕生しました。

にこまるの掛け合わせ

九州沖縄農業研究センターで「きぬむすめ」と「北陸174号」を交配・育種。

いもち病抵抗性は「ヒノヒカリ」並、耐倒伏性は「ヒノヒカリ」並かやや強で、高温年でも白未熟粒の発生が少なく、玄米は粒張りが特に良いのが特徴です。

にこまるの味

にこまるの特徴は、名前の由来の通り、丸く大きい粒と、粒ぞろいが良く、一粒一粒がしっかりしている事、炊き上がりのご飯の艶が良いです。

また、系譜を辿ると「ヒノヒカリ」も見つかりますが、「ヒノヒカリ」よりは、やや柔らかい食感が特徴です。

にこまるの合う料理

にこまるは、一粒一粒がしっかりとしているため、おにぎりにしても美味しく頂くことができます。

また、味がしっかりしているため、素材本来の味を楽しむことが出来るお米です。

【Amazon】おいしいにこまるの通販や購入はこちらから


品種 にこまる
育成年 2006
育成場所
粒形 食味抜群で収量も高い、ヒノヒカリにかわる高温耐性品種
名前の由来 「にこまる」は成熟期が「ヒノヒカリ」よりやや遅い、暖地向きの中生種です。玄米は粒張りが特に良く、高温年でも白未熟粒の発生が少なく、「ヒノヒカリ」より明らかに優れます。
稲の特性 西日本の暖地一帯

にこまるの口コミ/評判

にこまるの口コミ/評判

生産地 :長崎県
内容量:5kg / 料金:1700円
ながさきにこまるは、比較的新しい品種で、知名度は高くありませんが、炊飯器で炊いてもふっくらたきあがり、甘みがあります。また、粒がそろっているのでつやつやに炊きあがります。やや柔らかいので、小さい子どもさんや、ご高齢の方にも食べやすい品種だと思います。

生産地 :長崎県
内容量:5kg / 料金:1800円
にこまるは、まず、食感が良いです。ふっくらとしていて、多めに水を入れてたいても、ジトジト、べちゃべちゃしないです。ふわっと、柔らかく炊き上がります。粒も大きく感じます。味は、すっきりとした甘味、水っぽさを全く感じない、密度の濃ゆい味わいです。

【Amazon】おいしいにこまるの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地