【通販】朝日の特徴や値段 | おいしいお米.com

朝日の特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

朝日の特徴・由来など

朝日とは

朝日は、米の品種の一つ。アサヒ、あさひ、朝日米(あさひまい)などとも呼ばれます。

1908年(明治41年)に京都府向日市で山本新次郎という農家が「日ノ出」という品種の米を栽培していた時、その中に特異な2穂を発見しました。

その2穂を育て、日ノ出から連想させて「朝日」と名称を定めましたが、すでに同名の品種が京都府内に存在していたため、明治44年に京都府農業試験場が「旭(京都旭)」と正式に命名しました。

大正時代に岡山県農業試験場が旭の品種改良を行いましたが、岡山県内ではすでに旭という品種が別に存在していたために混同を避けるため、「朝日」という名称しました。

1925年(大正14年)2月に岡山県の奨励品種に定められました。

その後も岡山農業試験場は試験・品種改良を続け、「朝日47号」を分離選出した。現在栽培されている朝日の大半はこれにあたります。

コシヒカリササニシキあきたこまちも品種改良をたどれば、この朝日(旭)にルーツがあります。

この朝日の欠点としては、背が高いため栽培時に倒れやすく育てにくい、脱粒しやすい等の点が挙げられます。

朝日の掛け合わせ

-

朝日の味

大粒で、適度な粘りと歯ごたえが持ち味です。

また、ふくよかでほどよい甘さのある上品な味わいだと言われます。

朝日に合う料理

米飯の他、握り飯や寿司(握り寿司、ばら寿司など)に適しています。
中心部分に心白が少ない品種ですが、酒米としても使用されます。

【Amazon】おいしい朝日の通販や購入はこちらから


品種 朝日
育成年 1931
育成場所 岡山県農試
粒形 朝日(旭)は、「日の出」から選出されたもので、日の出にちなんだといわれる。
名前の由来 岡山県では、南部の地力中庸地に適する。いもち病・耐倒伏性に弱い。
稲の特性
朝日の来歴

【Amazon】おいしい朝日の通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地