【通販】日本晴の特徴や値段 | おいしいお米.com

日本晴の特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

日本晴の特徴・由来など

日本晴とは

日本晴は、昭和後期に最も多く栽培され作付面積第一位を占めていた時期もあるお米です。

日本における米の有名銘柄のひとつであるのが「日本晴」です。

1970年(昭和45年)から1978年(昭和53年)までの間、日本全国の作付面積の第1位を占めていましたが、コシヒカリの誕生を機に作付けは減少の一途をたどっています。

また、21世紀以降の主要産地は、滋賀県を筆頭として鳥取県や和歌山県などがあります。
この日本晴という名前ですが、熟色が極めて鮮麗である特性と、世代促進による育成種第1号であることを記念しての命名されました。

日本晴の掛け合わせ

日本晴は、1963年(昭和38年)に、「幸風」と「ヤマビコ」の交配によって愛知県安城市にある愛知県総合農業試験場で開発・育成されました。

ちなみに日本穀物検定協会の食味ランクの標準米として滋賀県産日本晴が採用されていたことがあります。

日本晴の味

日本晴は、甘みがちゃんとありつつもあっさりした味が特徴です。

粘りが少なく硬さが程よいので懐かしいごはんの味わいを楽しむことができます。

また、近年では甘みがありモチモチした米となっている傾向がありますが、昔ながらのあっさりしたごはんの味が好きな人に根強い人気がある米です。

日本晴に合う料理

日本晴は、おかずの味を邪魔しないあっさりした米なので、どんなおかずにも合います。
粘りがあまりなく硬さが程よいので寿司米として最適な米で、家庭で使用する場合はちらし寿司などが非常におすすめです。

モチモチした米とは違って、多少汁気のあるおかずを乗せてもベトベトになったりもしないので牛丼などの丼物にも向いている米でもあります。

【Amazon】おいしい日本晴の通販や購入はこちらから


品種 日本晴
育成年 1963
育成場所 愛知県農試
粒形 中形で基部ややせまく頭部やや角張っている。中飴色。
名前の由来 熟色が極めて鮮麗である特性と、世代促進による育成種第一号であることを記念して(にっぽんばれ)と命名。(当時、早生は晴、中生は風の共通名の考え方があった。)
稲の特性 主産県の滋賀では、平坦部の地力中庸~肥沃地に適する。
秋落抵抗性弱いが良質、かつ、倒伏しにくく多収である。
日本晴の来歴

【Amazon】おいしい日本晴の通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地