【通販】中生新千本の特徴や値段 | おいしいお米.com

中生新千本の特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

中生新千本の特徴・由来など

中生新千本とは

中生新千本は、米の品種のひとつ。

中生新千本という名前は1950年名付けられ、一般の食用だけでなく、日本酒の原料にも用いられます。

中生新千本の掛け合わせ

中生新千本は、愛知県農事試験場で「農林22号」「隼」の交配により作出されました。

強棹で耐倒伏性が強く、収量性の高い品種として近畿、中国地方に普及しました。

ただし、いもち病、白葉枯病、紋枯病への抵抗性はやや弱く、白葉枯病抵抗性も弱。
また穂発芽性、脱粒性は中となっています。

現在では栽培は減少したものの、準酒造好適米として一定の需要がある。

中生新千本の味

中生新千本ですが、酒米としても利用されることが多い品種ですが、そのまま食べても美味しく頂くことが出来ます。

酒米に使われるため、程よい甘みと、粘りがある品種です。

中生新千本に合う料理

中生新千本は、炊きあがりのご飯を、そのままお茶碗で食べるのが美味しくおすすめです。

また、炊き込みご飯やカレーライス・チャーハンのような料理にして食べても美味しく召し上がることができます。

【Amazon】おいしい中生新千本の通販や購入はこちらから


品種 中生新千本
育成年 1950
育成場所 愛知県農試
粒形 長形で胚芽小さくやや角張っている。中飴色。
名前の由来 従来の「中生千本」にかわる、新しい中生の穂数型の品種であることにちなむ。
稲の特性 主産県の広島では、中南部の肥沃地に適する。
白葉枯病に弱いが、いもち病に強く、短稈で、かつ、多収である。
中生新千本の来歴

【Amazon】おいしい中生新千本の通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地