【通販】どんとこいの特徴や値段 | おいしいお米.com

どんとこいの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

どんとこいの特徴・由来など

どんとこいとは

「どんとこい」は1983年に新潟県の上越市で交配し、1985年に雑種第4代で優れた種子を選別し育成された品種です。

この「どんとこい」の名前の由来は、消費者が望む「お米の旨さ」をどっしりと受け止め、その通りの信頼感を表してくれるという期待を込めて名付けられました。

1987年から様々な試験を行い1990年以降「北陸148号」の名前で地域の適応性や特性を確認して育成を終えたものです。

どんとこいの掛け合わせ

どんとこいは「キヌヒカリ」と「北陸120号」を掛けあわせて作られました。

「どんとこい」の収穫期は「コシヒカリ」より少し遅く、「コシヒカリ」の収穫が終わってから収穫されます。

ゆっくりと発育するため、旨味が増し、年によっては「コシヒカリ」よりも食味値が上回ることもあります。

また「キヌヒカリ」を母に持つので、栽培しやすく収穫量が多くなっています。

この他、茎は短いため、台風や風水害があっても倒れることが少なく被害が少なくて済む傾向があるのも特徴です。

直播で田に蒔くことも可能なことから、苗作りの手間がかからず、コストも削減することができます。

どんとこいの味

どんとこいは、全国的に見て生産量はあまり多くありませんが、「どんとこい」は「コシヒカリ」並に味の良い品種です。

「どんとこい」の父方は「コシヒカリ」なので、その特徴を受け継ぎ、「コシヒカリ」とよく似た性質を持っています。

ただ、「コシヒカリ」よりゆっくりと時間を掛けて発育する、粒が一般的に大きくなります。
また、コシヒカリと似た食感ですが、多少硬めで甘みがある味になります。

どんとこいに合う料理

どんとこいは、炊きあがりのご飯を、そのままお茶碗で食べるのが美味しくおすすめです。
また、味がさっぱりとしているので、炊き込みご飯やカレーライス・チャーハンのような料理にして食べても美味しく召し上がることができます。

【Amazon】おいしいどんとこいの通販や購入はこちらから


品種 どんとこい
育成年 1995
育成場所 北陸農試
粒形 三重県の伊勢湾平坦部兵庫県の南部、京都府の北部丹後地域。玄米の形・大小ともコシヒカリ並み、粒厚も厚い。 
名前の由来
稲の特性 耐冷性は弱い。
耐倒伏性に強く、穂いもち、葉いもちはやや強い。
短強稈、多収。
どんとこいの来歴

【Amazon】おいしいどんとこいの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地