【通販】あきろまんの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきろまんの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あきろまんの特徴・由来など

あきろまんとは

あきろまんは、広島県農業試験場(東広島市)に昭和59年に「ミネアサヒ」に「中生新千本」を交配し、62年に雑種第4代で個体選抜、その後、系統育種法により選抜、育成された固定品種です。

平成2年からは奨励品種決定試験を行い、その特性を確認して育成を完了しました。

あきろまんの掛け合わせ

中生新千本と比較して、草型が偏穂重型であること、穂数が少ないこと、穂発芽性が難であることが特徴として挙げられます。

また、ミネアサヒと比較して、草型が偏穂重型であること、出穂期及び成熟期が晩いことが挙げれます。

あきろまんの味

適度な粘りがあり、さっぱりした食感と歯応えがあるのが特徴です。

コシヒカリの系統を引き継いでいるため、美味しく食べることが出来ます。

あきろまんの合う料理

あきろまんは、冷めてもおいしいお米なので、お弁当やおにぎりに向いています。
お弁当をつくる機会が多い場合には、あきろまんを試してみてはいかがでしょうか。

【Amazon】おいしいあきろまんの通販や購入はこちらから


品種 あきろまん
育成年 1993
育成場所 広島県立総合技術研究所農業技術センター
粒形 小粒で、やや丸みを帯び、腹白粒及び乳白粒の発生が少ない。
名前の由来 まちにまった県独自の開発品種の誕生を表現。
稲の特性 「ろまん」は「夢」をさし、「あき」は、「安芸(あき)の国」(広島県西部地域の名称)と「秋」(稲の収穫時期)をかけ、広島の夢、秋の夢を意味しています。
白葉枯病抵抗性は”極弱”で、縞葉枯病には羅病性である。
あきろまんの来歴

【Amazon】おいしいあきろまんの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地