【通販】チヨニシキの特徴や値段 | おいしいお米.com

チヨニシキの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

チヨニシキの特徴・由来など

チヨニシキとは

チヨニシキは、早く・多く収穫できる、そしていもち病と寒さに強い品種を作ることを目標に、1973年、愛知県農総試山間実験農場にて育成が開始されました。

その後、1978年には、、生産力検定予備試験、場内特性検定試験を行い、「中部41号」の地方系統名が付けられました。

1985年には、4県(福島県、茨城県、愛知県、沖縄県)の奨励品種に採用され、同年6月、「水稲農林276号」として登録され「チヨニシキ」と命名されました。

現在では主に福島県で生産されており、ついで茨城県で生産されています。

ちなみに「チヨニシキ」という名前は、「錦(にしき)のような美しい稲が長く栄(は)えるように」という願いを込めて命名されました。

チヨニシキの掛け合わせ

「愛知26号(後の初星)」を母、「トヨニシキ」を父として掛け合わせが行われました。

母の初星はいもち病に強く多収という特徴を持っており、この長所がチヨニシキにも受け継がれています。

チヨニシキの味

チヨニシキの魅力は、炊き上がりの香りの良さと、口の中で心地よくほどけるやわらかな食感。そして、あっさりしていて「くどくない」「甘すぎない」ことが特徴です。

粒はやや大粒で、炊飯すると良い香りが立ち込め、甘みとやわらかい粘りを感じられます。また、やわらかいことから消化にも良いお米です。

チヨニシキに合う料理

やや大粒で、あっさりしていることからおかずの味を引き立てるため、丼ものと相性が良いです。

【Amazon】おいしいチヨニシキの通販や購入はこちらから


品種 チヨニシキ
育成年 1985
育成場所 愛知県農総試山間実験農場
粒形 中形で基部せまく腹部やや張っている。中飴色。
名前の由来 錦のような美しい稲がながく栄えるようにと。
稲の特性 主産県の茨城では、県南部の肥沃地・県北の平坦地に適する。
いもち病にやや強く強稈・多収である。
チヨニシキの来歴

【Amazon】おいしいチヨニシキの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地