【通販】ササニシキの特徴や値段 | おいしいお米.com

ササニシキの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ササニシキの特徴・由来など

ササニシキとは

ササニシキは、イネの品種の1つ。

かつてはコシヒカリとともに両横綱と呼ばれた人気品種で、1990年には作付け面積が207438ヘクタールとピークに達した。

しかし耐倒伏性、いもち病抵抗性に弱く、気象被害も受けやすいという短所があり、1993年の冷害では大きな被害を出し、その後、冷害に強いひとめぼれへ転換され作付面積は大幅に減少した品種です。

ササニシキの掛け合わせ

ササニシキは、1963年に宮城県古川農業試験場でハツニシキ(奥羽224号)とササシグレの掛け合わせにより誕生しました。

ちなみに、コシヒカリも「農林22号」と「農林1号」との交配でできた兄弟親戚品種です。

ササニシキの味

ササニシキの魅力は、炊き上がりの香りの良さと、口の中で心地よくほどけるやわらかな食感。そして、あっさりしていて「くどくない」「甘すぎない」ことが特徴です。

ササニシキに合う料理

ササニシキは、コシヒカリと比較するとアミロース含有量が多いため相対的にはあっさりしており和食に向いています。

また、寿司酢をいれてもベタベタしないため寿司職人が好み、寿司店によってはササニシキ使用をセールスポイントにしています。

この他にも、お刺身や煮物といった和食を味わう時には、ササニシキのご飯が最適です。
お米が主張しすぎないので、おかずとご飯、それぞれの美味しさを楽しむことができます。

【Amazon】おいしいササニシキの通販や購入はこちらから


品種 ササニシキ
育成年 1963
育成場所 宮城県農試古川分場
粒形 中形で頭部やや丸みを帯びている。中飴色。
名前の由来 両親であるササシグレの良質・良食味と多収性、及びハツニシキの良質でいもち抵抗性が強く稈がしなやかな優点を兼ね具えていることから、両親の名をそれぞれ採った。
稲の特性 主産県の宮城では、県下平坦地に適する。
いもち病・耐冷性に弱く、かつ、稈がやや弱い。
ササニシキの来歴

ササニシキの口コミ/評判

ササニシキの口コミ/評判

生産地 :宮城県
内容量:5kg / 料金:1500円
あっさりとしていて食べやすい。一人暮らしを始めて自分でお米を買うようになったのですが、実家で食べ慣れていたササニシキを自然と選んでいました。コシヒカリなどより、粘り気がなく、どんなおかずにもあうので、食べやすいと思います。価格もそれほど高くないのでいつもササニシキを購入しています。

生産地 :宮城県
内容量:30kg / 料金:8000円
宮城県の代表米ササニシキ。 ちょっと甘めな感じのひとめぼれも食べたりしたけれど、昔ながらのササニシキに戻りました。 粘っこくなく、口に入れた瞬間うまみだけが広がる感じです。 だから、お米の味がわかりやすいおにぎりが一番美味しいですね。農家から直接購入しています。

【Amazon】おいしいササニシキの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地