【通販】ミルキープリンセスの特徴や値段 | おいしいお米.com

ミルキープリンセスの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ミルキープリンセスの特徴・由来など

ミルキープリンセスとは

ミルキープリンセスは、1991年茨城県にて育成された低アミロース米です。

「ミルキークイーン」の兄弟とも言われるため、味も形状もよく似ていますが、粘りは「ミルキークイーン」より少なめです。

また、ミルキークイーンの兄弟系統が親にあたり、またプリンセスのように気品高く、上質な味のお米として羽ばたいて欲しいという願いを込めて、「ミルキープリンセス」と名付けられました。

また、「ミルキー」という言葉には、お米の色が乳白色という意味も込められています。

ミルキープリンセスの掛け合わせ

「ミルキープリンセス」は「ミルキークイーン」と同様の個体である低アミロース系統の「鴻242号」を父、縞葉枯病抵抗性の「関東163号」を母として掛け合わせたお米です。

ちなみに、「鴻242号」はミルキークイーンの兄弟にあたります。

ミルキープリンセスの味

粘りの強い低アミロース米として育成された「ミルキープリンセス」は、玄米が半透明で乳白色です。

炊きたては綺麗な艶と粘りが見られ、冷めても粘りは長持ちします。

ミルキープリンセスに合う料理

もち米のように粘りがあって柔らかいお米のため、お弁当の白米やおにぎりに最適です。
また、保水量が高いため、炊飯時にやや硬めに炊き上がるよう水分量を調節して炊飯すると美味しく仕上がります。

【Amazon】おいしいミルキープリンセスの通販や購入はこちらから


品種 ミルキープリンセス
育成年 2001
育成場所
粒形 「ミルキークイーン」並に粘りの強い極良食味の低アミロース米系統
名前の由来 水稲「ミルキープリンセス」は1991年に農業研究センター(現作物研究所)において、縞葉枯病抵抗性で栽培性に優れた低アミロース米品種の育成を目標に、縞葉枯病抵抗性の「関東163号」を母、「ミルキークイーン」と同じM1個体に由来する低アミロース系統「鴻272」を父として交配し、その後代より育成した系統である。
稲の特性 温暖地東部

【Amazon】おいしいミルキープリンセスの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地