【通販】あきたこまちの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきたこまちの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あきたこまちの特徴・由来など

あきたこまちとは

あきたこまちは、日本のイネの栽培品種の1つです。

1984年に秋田県の奨励品種に採用された。

秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種ですが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていません。

育成年は1984年ですが、1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持しています。

また、2005年(平成17年度)の作付面積は約13万ha、順位は第4位で、東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位となっています。

ちなみに、日本穀物検定協会が発表した2016年産米の「食味ランキング」で、秋田県の県南産「あきたこまち」は特Aを獲得。2012年に特Aに返り咲いて以来、四年連続での特A受賞となりました。

あきたこまちの掛け合わせ

交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号で、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれた。
1977年に雑種第一代1個体分の雑種第二代種子を秋田県農業試験場が譲り受け、その年の圃場栽培から後代の育成・選抜を行ないました。

その後、1981年に雑種第六代の選抜終了後、有望系統に「秋田31号」の地方番号が与えられ、1982年以降の各種試験に供されました。

1984年に秋田県の奨励品種に採用され、秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなみ「あきたこまち」と命名されました。

あきたこまちの味

コシヒカリを親に持つあきたこまちは、コシヒカリ譲りの味の良さを誇ります。

香りも良く、粘りもありモチモチとした食感の良さが特徴で、旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどバランスが非常によく、完成されたお米と評価されています。

また、他のお米よりも水分含有量が多いのも特徴で、炊き立てはもちろん、冷めても美味しいお米です。

そんなあきたこまちは、玄米でも美味しく食べられる品種で、一般的な品種では、玄米にするとどうしても、ぱさつきやすくなってしまいますが、あきたこまちでは、玄米でも発芽玄米でも粘り気が強く、良い食感を楽しめます。

あきたこまちの合う料理

あきたこまちの特徴は、コシヒカリ譲りの甘みや旨みを持ちながらも、味のバランスが良いのであっさりとしている点です。

そのため、、あきたこまちに合う料理は、繊細で比較的薄味の和食との相性が非常に良いです。また、刺身やお寿司にも良く合います。

また、コシヒカリほど腰が強くないので、おにぎりにも合いますし、うな重や丼ものにもおすすめです。冷めても美味しく頂くことが出来ます。

【Amazon】おいしいあきたこまちの通販や購入はこちらから

品種 あきたこまち
育成年 1984
育成場所 秋田県農試
粒形 中形で基部ややせまい。中飴色。
名前の由来 秋田県雄勝町小野の里に生まれたと伝わる小野小町にちなみ、おいしい米として名声を得るようにとの願いをこめて。
稲の特性 主産県の秋田では、高冷地を除く県内一円の平坦地に適する。
白葉枯病に弱いが耐冷性やや強い。
あきたこまちの来歴

あきたこまちの口コミ/評判

あきたこまちの口コミ/評判

生産地 :石川県
内容量:10kg / 料金:4000円
数年前から、有名どころのコシヒカリやササニシキよりもあきたこまちを好んで買ってます。口コミやお米屋さんの話だと、あきたこまちは有名どころよりも粒が大きいと言いますが、私は何故だかそれらより粒が小さく感じ、食べやすいのです。あっさりとした甘味とくせのない味が好きです。あとは、石川県も実はお米が美味しいということをこの数年で耳にし、それ以来新潟や富山・秋田ではなく若干価格が下がる石川産のを購入しています。

生産地 :秋田県
内容量:10kg / 料金:3800円
あきたこまちは、甘すぎずさっぱりとしすぎない食味と粘り気があり、我が家では安定した人気があります。また、味付け海苔や納豆、生卵など日本的なおかずとの相性もよいので、庶民の味方の品種ではないでしょうか?また、きらら397など北海道のお米はコストパフォーマンスが良いので利用させてもらっています。

生産地 :秋田県
内容量:5kg / 料金:2000円
あきたこまちは適度にモチモチしていて、和食にぴったりです。煮物や焼き魚など和風の料理によく合うと感じます。ほどよく甘みもあり、お米をゆっくり噛んで味わうのが楽しいです。家族もあきたこまちが一番好きです。たまにコシヒカリなどにするのですが、やっぱりあきたこまちが一番美味しいという結論に至ります。

生産地 :秋田県
内容量:10kg / 料金:4500円
炊き上がりからふっくらとしていて、食べた時に程よくもっちりとした食感を感じられます。お弁当など冷めた状態で食べても、ベタッとした感じがなく、ふっくらとしたご飯のふくよかさがキープされていて、とても美味しいですし、ご飯の風味も感じられるので食べやすいです。

生産地 :茨城県
内容量:20kg / 料金:7000円
もう何年も前から、近くのネットスーパーで、茨城県産あきたこまちを配達してもらっています。無洗米なので、磨がずに食べれて、しかもこれがおいしいのです。そして、木曜配達にすると、5%OFFになり5Kを4つ、合計20K注文していますが、税込6920円とたぶん、ここまで安い無洗米はないと思います。

生産地 :秋田県
内容量:5kg / 料金:1800円
あきたこまちは、コシヒカリほどの粘りはなく、ややあっさりとしたブランドですが、それが故にどのような食事にも合い、食べ飽きることなく食べ続けられます。また、あきたこまちの最大の特長は「冷めてもおいしい」ことだと思います。子どもたちのお弁当作りを欠かせない我が家ではとても重宝しています。

生産地 :秋田県
内容量:2kg / 料金:1000円
あきたこまちは、風味も食感もよく日本人の口にはとても合っていますし、わたしは好んでよく購入します。価格も、他の品種に比べると安価なのでいつもスーパーではこちらにします。やはり、美味しい上に安いとなるとコストパフォーマンス面からでは、あきたこまちが一番ではないかなと思います。

生産地 :秋田県
内容量:10kg / 料金:3600円
あきたこまちは昔から食べてきて食べ慣れたお米です。私の中では「米=あきたこまち」です。あきたこまちは他の品種に比べて、粘り気が強くもっちりとした食感です。秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」に使う、きりたんぽやだまこは粘り気が強いあきたこまちだから作れるものだと思います。

【Amazon】おいしいあきたこまちの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地