【通販】こしいぶきの特徴や値段 | おいしいお米.com

こしいぶきの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

こしいぶきの特徴・由来など

こしいぶきとは

こしいぶきは、新潟の比較的新しい品種のお米です。

新潟の有名ブランド「コシヒカリ」を中心に「ひとめぼれ」と「どまんなか」を配合して作られました。

このこしいぶきは、平成5年から新潟県で開発が進められ、平成13年から一般栽培されるようになりました

ちなみに、こしいぶきという名前の由来は、新潟県民投票の結果、新鮮で活力に満ちた「越後(こし)の新しい息吹」という意味から来たこの名前が選ばれました。

米どころとして有名な「魚沼」「岩船」「佐渡」などでも、上質な「こしいぶき」が収穫され人気を集めています。

こしいぶきの掛け合わせ

こしいぶきは、ひとめぼれとどまんなかがが掛け合わされた品種です。

「ひとめぼれ」の血を引く品種のため、美味しい品種となりました。

コシヒカリよりも10日ほど刈り取りが早く、両方生産している生産者も効率よく刈り取りを行うことができます。

こしいぶきの味

コシヒカリのおいしさを受け継いでいるお米なので、コシヒカリに近い旨みや香りがあります。

また、しっかりとした食感をもち、噛むごとにお米の甘みが口の中で広がります。

こいごころに合う料理

いつものように炊き、おかずと一緒に味合うことも出来ますし、
握り飯や寿司(握り寿司、ばら寿司など)に適しています。

【Amazon】おいしいこしいぶきの通販や購入はこちらから

品種 こしいぶき
育成年 1993
育成場所
粒形
名前の由来 新鮮で活力に満ちた「越後(こし)の新しい息吹」という意味
稲の特性

こしいぶきの口コミ/評判

こしいぶきの口コミ/評判

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
こしいぶきは、こしひかりの孫くらいにあたる品種のお米で新潟では割とメジャーなお米です。こしひかりよりも粒が小さくしっかりとした噛みごたえがあり、あっさりした中にも甘みをきちんと感じられる味わいで冷めても大変美味。どちらかというと固めの食感のごはんに炊き上がるので、チャーハンなどにもよく合います。べちゃっとしたごはんが苦手な人にもすごくおすすめ。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
炊くとお米の甘味がすごく感じられて、食感もよくとても美味しいです。私は水を少しだけ少なくして炊いたりすることもあり、その時に作るごはんメニューによって水加減を変えています。例えば普通に食べるなら普通の量、炊きたてでチャーハンにするなら水少なめなどです。どの水の量にしても変わらず美味しいところと、無洗米で特に冬は水を触りたくないので便利です。お米を研ぐ作業は毎日のことだと無い方が時短になりますし、美味しいのでこれからも継続購入すると思います。

生産地 :新潟県
内容量:5kg / 料金:2000円
個人的には炊きあがりのツヤや味はコシヒカリといい勝負だと思っています。 どちらかというとしっかりとした食感が特徴で、おにぎりや丼ものにしたりちらし寿司にしたりする時などにぴったりです。 無洗米で良さそうなものを探していて、一度買ってみたら家族に好評で美味しかったので我が家はいつもこちらを買っています。

【Amazon】おいしいこしいぶきの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地