【通販】こいごころの特徴や値段 | おいしいお米.com

こいごころの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

こいごころの特徴・由来など

こいごころとは

こいごころは、茨城県つくば市にある農業研究センターで昭和61年に交配され、「コシヒカリ」の血を引く品種です。

久住試験地および水田利用部では平成4年から奨励品種を決める試験に供試し試験を行ってきました。その後、平成8年に大分県の認定品種に採用されました。

こいごころの掛け合わせ

こいごころは、関東141号とコシヒカリが掛け合わされた品種です。

「コシヒカリ」の血を引く品種の「ひとめぼれ」や「ヒノヒカリ」と同様に美味しい品種となりました。

こいごころの味

コシヒカリとかけ合わせれたことから、程よい大きさと、甘さのあるお米です。

こいごころに合う料理

いつものように炊き、おかずと一緒に味合うことも出来ますし、
握り飯や寿司(握り寿司、ばら寿司など)に適しています。

【Amazon】おいしいこいごころの通販や購入はこちらから


品種 こいごころ
育成年 1995
育成場所 農研センター
粒形 玄米の粒形は中、粒厚はやや厚い。腹白、乳白粒は少ない。
名前の由来 一度食べたら忘れられないような美味しい味を表現。
稲の特性 耐倒伏性はやや強くいもち病抵抗性は中~強、縞葉枯病抵抗性を持ち白葉枯病抵抗は弱い。
こいごころの来歴

【Amazon】おいしいこいごころの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地