【通販】あいちのかおりの特徴や値段 | おいしいお米.com

あいちのかおりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あいちのかおりの特徴・由来など

あいちのかおりとは

あいちのかおりは昭和62年(1987年)に育成された、愛知県を代表するお米です。

育成年は昭和62年ですが、育成が開始されたのは昭和52年(1977年)です。

名前からわかるように、あいちのかおりの主な生産地は、愛知県です。

平成4年(1992年)に愛知県県の奨励品種米に指定され、愛知県内のお米の作付面積の4割を占める程多く作付されています。

また、愛知県の学校給食などでも定番のお米となっており、県内では「コシヒカリ」よりも知名度があります。

あいちのかおりが栽培される愛知県は、温暖で降水量も安定しているため農業に適した土地が多く、稲作も盛んに行われています。

特に愛知県にある「濃尾平野」は江戸時代の初期から米や麦の生産が行われており、あいちのかおりの生産も盛んな場所です。

この濃尾平野は、岐阜県の南西部から愛知県の北西部にかけて広がり、3つの川(木曾川・長良川・揖斐川)によって形成されている平野で、肥沃な土壌が特徴です。

あいちのかおりの掛け合わせ

あいちのかおりは、「ハツシモ」とコシヒカリ系統の「ミネアサヒ(中部17号)」との掛け合わせにより誕生しました。

「ハツシモ」は主に岐阜県で作られるお米で、粒が大きいのが特徴です。

「ミネアサヒ」は冷めてもおいしいという特徴を持っており、あいちのかおりでも受け継がれています。

あいちのかおりの味

あいちのかおりは、名前通りの香りが良いという特徴もありますが、適度な甘みを持ったクセのない味わいも挙げられます。

また、ツヤも非常に良いので見た目にも美味しそうなのが特徴です。

掛け合わせで使われたミネノアサヒから受け継いでいる粘りによって、温かくても冷めても美味しく食べられるのも魅力となっています。

この他にも、他の米に比べて大粒になっているので食感が良いことも挙げられます。

あいちのかおりの合う料理

このような特徴を持つあいちのかおりですが、どのような料理に合うのでしょうか。

適度な甘み、大粒で粘り気があり冷めても美味しい米なので、おにぎりやお弁当、お寿司に非常に向いている米です。

香りや甘み、食べ応えを楽しみたい場合は、普段のおかずと合わせても十分に美味しく食べることができます。

さっぱり食べたい場合は水を若干少なくして炊けば大粒な食感をより楽しむことができます。

反対に、ふっくら感や粘り気を出したい場合は水を多めにして炊くなどバリエーションを試すことが出来ます。

【Amazon】おいしいあいちのかおりの通販や購入はこちらから


品種 あいちのかおり
育成年 1987
育成場所 愛知県農総試
粒形 長形で頭部やや平ら、基部ややくぼんでいる。中飴色。
名前の由来 香るように芳醇な味という意。
稲の特性 主産県の愛知では、平坦部肥沃地に適する。
いもち病に弱いがごま葉枯病に強い。
あいちのかおりの来歴

【Amazon】おいしいあいちのかおりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地