【通販】ハツシモの特徴や値段 | おいしいお米.com

ハツシモの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ハツシモの特徴・由来など

ハツシモとは

ハツシモは、日本の米の一種です。

主に岐阜県美濃地方の岐阜地区・西濃地区で作られる品種で、1950年(昭和25年)以来、岐阜県の奨励品種で、「幻の米」とも呼ばれることもあり、岐阜を代表する品種です。

また、日本の米の中では収穫時期がかなり遅い方で、11月中旬の初霜が降りる頃までじっくりと栽培されたことが、「ハツシモ」の語源だといわれています。

このハツシモは、関東地域ではあまり知られていませんが、東海地域や関西地域などでは粘り気があまりないこと、またお酢にコメの本来の味が負けないことから寿司米としてよく使われています。

ハツシモの掛け合わせ

「東山24号」と「近畿15号」をかけ合わせた品種で、いもち病に弱く、長稈で倒伏しやすい性質があります。

また、栽培する土壌・風土の好みが激しく、比較的粘土質で地力のある海抜の低い地帯が好まれます。

そのため、岐阜県内でも、木曽川・長良川・揖斐川下流域の平野部で栽培されています。

ハツシモの味

ハツシモは、コシヒカリササニシキ等に比べるとやや粒が大きく、全国でも1、2を争うほどで、ご飯の見栄えが大変すばらしいお米です。

梅雨の時期を過ぎても食味の低下が極めて少なく、年中風味が安定しており、しっかりとした歯ごたえがあります。

ハツシモに合う料理

ハツシモは、味はあっさりしており、あまり粘らない。吸水が少なく、型くずれしにくいく、冷めてもおいしいといった特徴があります。

その為、白飯・すし飯・丼物・カレーライス・オムライスなどの、料理に合います。

【Amazon】おいしいハツシモの通販や購入はこちらから


品種 ハツシモ
育成年 1950
育成場所 安城農事改良実験所
粒形 長形で基部せまくややくぼんでいる。中飴色。
名前の由来 初霜の降る頃に稔る、晩生の早にちなんだもの。
稲の特性 主産県の岐阜では、平坦部の地力中庸地に適する。
いもち病に弱く、かつ、長稈で倒伏し易い。
ハツシモの来歴

ハツシモの口コミ/評判

ハツシモの口コミ/評判

生産地 :岐阜県
内容量:10kg / 料金:3000円
粒の大きなお米で、粘り気は少ないのでカレー、炒飯などに良く合うお米だと思います。もちろん普通に食べても美味しいですし、粘り気が少ないので酢飯にも最適で家庭の巻き寿司にも使って頂けます。食べやすいお米なので子供からお年寄りまで幅広い層にお勧めできるお米です。

生産地 :岐阜県
内容量:10kg / 料金:4000円
岐阜以外では、あまり流通してないお米です。 味はほんのり甘くて美味しいです。粒が丸くおおきくて、粘りが少ないのが特徴。お米の粒が食べていてもわかります。 カレーライスなんかによく合うお米です。また、冷めても味がおちにくいので、すし飯にしてもおいしいです。

【Amazon】おいしいハツシモの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地