【通販】あきげしきの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきげしきの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あきげしきの特徴・由来など

あきげしきとは

あきげしきは、宮崎県で平成2年(1990年)に育成が開始された品種です。
平成6年(1994年)には「南海131号」という系統名が付けられましたが、平成8年(1996年)に系統適応性検定試験や特性検定試験などを行い、ようやく平成9年8月(1997年)に「あきげしき」という名前が正式に命名されました。

あまり聞き馴染みのない品種ですが、主な生産地としては、九州中部の中山間地帯が挙げられます。特に熊本県阿蘇での生産が盛んに行われています。

このあきげしきは茎が太く台風などにも強い、熊本県だけの品種として知られ、標高が高く冷涼地である産山村はあきげしきの育成に最適とされています。

また、名水百選にも選ばれた池山水源、山吹水源があり、その湧水により産山村で育つお米はもちろん、野菜もあか牛もすべての命がその名水によって支えられています。

あきげしきの掛け合わせ

ヒノヒカリ(南海102号)」と「西海199号」を掛け合わせてできたのが「あきげしき」です。
「ヒノヒカリ」は極良と言われる食味を持っており、あきげしきはその食味を受け継いでいます。

あきげしきの味

あきげしきの粒はやや大きめで、炊飯時にとても美しい艶が出るお米です。

食感は、歯ごたえがよく、噛むほどに満足感が得られます。また、食味もとても優良で、良食味品種として知られています。

あきげしきの合う料理

何と言ってもあきげしきは食感、食味が魅力的なお米です。
そのため、米本来の味を味わうことが出来るお寿司がおすすめです。
また、炊きたてはもちろん、冷めても美味しく食べられます。

【Amazon】おいしいあきげしきの通販や購入はこちらから


品種 あきげしき
育成年 1996
育成場所 宮崎総農試
粒形 粒形は中形、粒はやや大きく、やや濃飴色、光沢良。
名前の由来 九州中部の風光明媚な中山間地帯が主産地。「あきげしき(秋景色)」は熟色の黄金色が鮮やかで、止葉は直立し草姿も端麗であり、収穫期の秋の恵みをさらに豊かなものに彩るものと期待し、命名した。
稲の特性 耐倒伏性は強く、いもち病の真性抵抗性遺伝子を有し、葉いもちと穂いもち抵抗性は”やや弱”、白葉枯病抵抗性は”中”、縞葉枯病には”羅病性”。
あきげしきの来歴

あきげしきの口コミ/評判

あきげしきの口コミ/評判

生産地 :熊本県
内容量:5kg / 料金:1700円
もちもちしていて、適度な甘みがあり、炊き上がりがツヤツヤしており、ボソボソ感は全くないです。粘り気は少なめです。シンプルな味なので、基本的にどんなおかずにもよく合い、飽きずに食べ進められます。季節に応じて、水加減を調節すれば、美味しく食べられます。

【Amazon】おいしいあきげしきの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地