【通販】ゆきひかりの特徴や値段 | おいしいお米.com

ゆきひかりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ゆきひかりの特徴・由来など

ゆきひかりとは

ゆきひかりは、昭和59年に北海道で栽培されていた昔のお米の品種です。

現在ではほとんど栽培されていないお米で、北海道でも約1%しか栽培しておりません。

ゆきひかりは従来のコシヒカリ系の米ではなく、うるち米系の品種です。

ゆきひかりの掛け合わせ

1984年に北海道立中央農業試験場で育成された品種で、「空育114号」の系統番号で試験され、北海道の優良品種となりました。

北海230号・巴まさり・空育99号の3品種を交配して開発されました。

良食味と耐冷性を両立した品種として注目を集め、ピーク時の1989年には北海道内における作付面積が70,681ヘクタールに上るなど急速に普及しました。

ゆきひかりの味

ゆきひかりがアトピー性皮膚炎や米アレルギーなどの症状を持つ患者に対し症状を軽減する効果が高いという噂が広まり、それらの患者の間でじわじわと評判が高まっています。

また、中央農試が行ったアンケート調査においても、ゆきひかり並びに高度精白米(精白歩合を70%程度まで高めた米)により症状が改善したと答える割合が他の品種に比べ高いという結果が出るなど、ゆきひかりがアレルギー症状改善に貢献している可能性は高いものと見られています。

ゆきひかりに合う料理

コシヒカリのように美味しいと言われるゆきひかりですが、「冷めるとぱさつく」などの難点を持っています。

そのため、炊きたての御飯を味わうことをお勧めします。

【Amazon】おいしいゆきひかりの通販や購入はこちらから


品種 ゆきひかり
育成年 1984
育成場所 北海道中央農試
粒形 中形で基部ややせまく頭部丸みを帯びている。淡飴色。
名前の由来 「ゆき」は耐冷性の強さと、飯米の白さを示し、「ひかり」は良質・良食味を表す。
稲の特性 北海道の道央に適する。
耐冷性に強いが、耐倒伏性はやや弱い。
ゆきひかりの来歴

【Amazon】おいしいゆきひかりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地