【通販】ほしのゆめ及びほしたろうの特徴や値段 | おいしいお米.com

ほしのゆめ及びほしたろうの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ほしのゆめ及びほしたろうの特徴・由来など

ほしのゆめとは

ほしのゆめは、イネの品種のひとつ。2000年に品種登録(登録番号第7645号)されました。

北海道上川管内比布町の北海道立上川農業試験場により育成され、1996年に水稲農林340号「ほしのゆめ」として命名登録された良食味米品種です。「上育418号」の系統番号で試験され、北海道の優良品種となりました。

この「ほしのゆめ」という名称は一般公募され、決定されました。
名称の由来としては「きらきらと輝く星のイメージがつやのあるおいしい米を連想させ、米づくりに携わる人や食べる人の夢がかなうように」という思いによります。

北海道米で大人気となった「きらら397」の後継品種に位置づけられている人気上昇中の米が「ほしのゆめ」です。きらら397に比べて冷めたときにぱさつかず粘りがあるのが特徴となっており、冷めても美味しいため人気があります。

ほしのゆめの掛け合わせ

あきたこまち」と「きらら397」の交配によって生み出されており、長所は「きらら397」を越える良食味で、障害型耐冷性が強く、初期分蘖が旺盛であることが挙げられます。
反対に、短所は耐倒伏性が不十分で、割れ籾が多く、いもち病抵抗性が不十分であること、などが挙げられます。

また、ふさおとめは、北海道米で人気のあるきらら397の欠点でもあった、「冷めると美味しくない」という部分を改善しており、弁当などで冷めても美味しく食べられる米として注目されています。

ほしのゆめの味

ほしのゆめは、適度な粘り気とふっくらとした食感、あっさりとした素直な味わいが特徴となっています。

また、粒がしっかりとしており、あっさりとした味わいになっているのでおかずを上手く引き立ててくれるのも特徴です。

食感がしっかりめになっているものの、基本的にすべてのバランスが整っている米なので様々な用途で使えるのが魅力的な米として人気です。

ほしのゆめに合う料理

ほしのゆめは、食感がしっかりしていて、冷めても美味しいのでおにぎりやお弁当に最適な米です。

また、おかずを引き立ててくれるため、普段の主食としても食べることはもちろん、あっさりとした味わいとしっかりとした食感からチャーハンやピラフなどの炒め物として使っても美味しく食べられる米です。

【Amazon】おいしいほしのゆめ及びほしたろうの通販や購入はこちらから


品種 ほしのゆめ及びほしたろう
育成年 1996
育成場所 北海道立上川農業試験場
粒形 粒形はやや長い。色は淡飴で光沢は良。
名前の由来 キラキラとした星の輝きからつやのあるおいしいご飯をイメージさせるとともに、北海道のおいしい米づくりに対する夢の実現を表現。
稲の特性 耐冷性は強く、いもち病抵抗性・耐倒伏性は中。
ほしのゆめ及びほしたろうの来歴

【Amazon】おいしいほしのゆめ及びほしたろうの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地