【通販】きらら397の特徴や値段 | おいしいお米.com

きらら397の特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

きらら397の特徴・由来など

きらら397とは

きらら397は、1980年に始まった北海道における「優良米の早期開発試験」事業の中で、北海道立上川農業試験場で研究が進められ、1989年から作付けが開始された品種です。

コシヒカリの血を引く、「しまひかり」と「キタアケ」の交配によって生まれました。

この「きらら」は、雲母(うんも/きらめく鉱物)の別名でもあり、きらきらとした輝雪と白いご飯のイメージからきており、名前は一般公募によって決められました。

きらら397は、それまではあまり評判の良くなかった北海道産のお米のイメージを一気に変えたとも言われるお米とも評価されています。

北海道で作られるお米においては作付面積で2位、日本全体でもトップ10に入るお米となっています。

きらら397の掛け合わせ

交配組合せは、母が「渡育214号」(後の「しまひかり」)、父が「道北36号」(後の「キタアケ」)です。

「しまひかり」は「コシヒカリ」の血を引く良味品種でしたが、北海道で栽培するには耐冷性に問題がありました。

一方の「キタアケ」は早生種で、耐冷性に優れて多収量でしたが、食味に劣り、典型的な従来の北海道米の性格を持っていました。

その後完成した「きらら397」は、かつて「鳥またぎ」とまで揶揄された不味い北海道米のイメージを一新する品種となりました。

このように、交配に関しては、北海道で栽培する上で重要となる耐冷性、すなわち寒さに強い品種を作るため、優れた食味を持ちながら耐冷性が弱点とされた「しまひかり」と、食味はイマイチながら耐冷性に優れた「キタアケ」が交配されました。

きらら397の味

きらら397の特徴はその味です。

日本穀物検定協会が発表する米の食味ランキングにおいてAランクをなっています。

この食味の評価においてお米の粘り気を示すアミロース値が19%という数値を出しており、北海道のお米で初めて20%を切る数値を記録したことで有名になりました。

それまでは北海道のお米と言えば、粘り気が少なく、冷めてしまうとあまり美味しくなかいという悪い印象を覆すことに成功しました。

特徴としては、長所は良食味であり、初期生育が良く、穂数確保が容易であること。短所は耐倒伏性と登熟性に劣ることです。

きらら397に合う料理

きらら397の特徴として、アミロース値が低いこと以外にも、北海道産のお米の中でもタンパク値が低いことでも知られています。

これは、「コシヒカリ」などと比べると、高い数値です。これが丼物との相性を良くしていると言われています。

粘り気が強いとお米の上に乗せる食材の汁気でベトベトになってしまうのですが、きらら397は適度な粘り気によってベトベトになることを防いでいます。

また、きらら397は、いわゆるブランド米でありながら、コシヒカリなどの他のブランド米の品種と比べて価格が安く、粒が大きく炊き増えがする事、さらに、汁気の多い食材と組み合わせてもふやけないことから牛丼チェーンの松屋、吉野家など丼物を中心とした外食産業で用いられる事が多い品種です。

【Amazon】おいしいきらら397の通販や購入はこちらから


品種 きらら397
育成年 1988
育成場所 北海道立上川農試
粒形 中形で基部ややせまく肩が張っている。
名前の由来
稲の特性 北海道の道央部・上川・留萌の中南部・道南北部に適する。
耐冷性及びいもち病の抵抗性はやや強い。
きらら397の来歴

【Amazon】おいしいきらら397の通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地