【通販】ふさおとめの特徴や値段 | おいしいお米.com

ふさおとめの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ふさおとめの特徴・由来など

ふさおとめとは

ふさおとめは、千葉県が独自育成した早生品種です。

千葉県農業試験場で開発されたお米で、初交配は1990年に行われました。

父は福井県で誕生した「ハナエチゼン」、母は「ひとめぼれ」となっており、葯培養法によって交配され、1998年に初出荷されました。

千葉の隠れた名産米として知られていますが、生産量がそこまで多くないため、一般的なスーパーなどではあまり見かけないお米です。

ちなみに「ふさおとめ」の名称は一般公募によって決められたもので、千葉県にある房総半島の『房』をフサと読み、それに乙女を組み合わせたものです。

ふさおとめの掛け合わせ

ふさおとめは、「ハナエチゼン」と「ひとめぼれ」の交配によって生まれたもので、冷害に強く、早場米である点が特徴として挙げられます。

ちなみに、2013年に誕生した茨城県産の「一番星」は、ふさおとめを母に愛知101号を交配した品種です。

ふさおとめの味

ふさおとめは、粒が大きく、炊きあがりの艶、見栄えが良いのが特徴です。

また、粘りは控えめで、あったりとした食味が特徴として挙げられます。

このふさおとめですが、食味評価Aを得るなど、隠れた名産米でもあります。

2016年現在では、外食・中食向けの業務用米として多用されています。

ふさおとめに合う料理

ふさおとめは、粒が大きく食べごたえがあるため、シンプルにそのまま食べるのがおすすめです。

粘りもそれほどないため、チャーハンなどにしても美味しく召し上がることが出来ます。

【Amazon】おいしいふさおとめの通販や購入はこちらから


品種 ふさおとめ
育成年 1990
育成場所 千葉県農業試験場
粒形
名前の由来 千葉県にある房総半島の『房』をフサと読み、それに乙女を組み合わせたもの
稲の特性

【Amazon】おいしいふさおとめの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地