【通販】ゴロピカリの特徴や値段 | おいしいお米.com

ゴロピカリの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

ゴロピカリの特徴・由来など

ゴロピカリとは

ゴロピカリは、群馬県農業総合試験場(現県農業技術センター)が「コシヒカリ」と「月の光」を人工交配して育てた米の品種です。

この「ゴロピカリ」の名前は県内から公募し、高崎市内の小学生の作品が採用され、上州名物の雷(稲妻)は稲の豊作をもたらすと言われています。そのため、この雷の雷鳴と「コシヒカリ」のヒカリかをとって名付けられました。

ゴロピカリの掛け合わせ

ゴロピカリは、病気に強い「月の光」の特性を受け継ぎ、「コシヒカリ」の美味しさを受け継いだお米です。

そのため、米の食味ランキングで「Aダッシュ」の評価を獲得したほか、複数産地のコシヒカリブレンド米と「おおむね同等」という評価を受けました。

ゴロピカリの味

ゴロピカリは、玄米の見かけもよいお米で、形は丸く、粒厚は薄いのが特徴です。

食味はとても良く、粘りもあり、もっちりとした食感があり、炊きあがりは光沢もあり、お米に旨みがあります。

ゴロピカリに合う料理

ゴロピカリは、冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当にも使えます。
また、お米自体が美味しいのでどんなおかずにも合います。

【Amazon】おいしいゴロピカリの通販や購入はこちらから


品種 ゴロピカリ
育成年 1993
育成場所 群馬県農試
粒形 玄米の形は円く、粒厚が薄い。
名前の由来 群馬名物の雷がイメージされた。
稲の特性 群馬県の平坦二毛作地に適する中生種。
耐倒伏性や、いもち病に強い。
縞葉枯病抵抗性を持つ。
ゴロピカリの来歴

ゴロピカリの口コミ/評判

ゴロピカリの口コミ/評判

生産地 :群馬県
内容量:5kg / 料金:1600円
ゴロピカリは隣県の新潟産コシヒカリにはかなわないという方がいますが、炊き立ては新潟産と同じくらい美味しいです。お弁当用になると少し粘りが足りないかなと感じることはあります。多少のパサつきも気になりますが、お値段を考えると妥当だとは思います。

【Amazon】おいしいゴロピカリの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地