【通販】あきまさりの特徴や値段 | おいしいお米.com

あきまさりの特徴や生産地・通販など

おいしいお米.com

あきまさりの特徴・由来など

あきまさりとは

あきまさりは九州地方で生産されているお米です。

平成8年(1996年)から育成が開始され、平成13年(2001年)に「西海248号」という系統名、そして、平成17年(2005年)に熊本県、平成20年(2008年)に大分県で奨励品種となりました。

また、あきまさりの「あき」は「晩生種(収穫時期が遅め)」という意味があり、また、晩生種の中でも特に優れた品種となってほしいという願いから「まさり」という言葉が選ばれました。

この2つの意味を持った言葉を合わせ、「あきまさり」という名前になりました。

あきまさりの掛け合わせ

あきまさりは、平成8年(1996年)、「南海127号(後の「かりの舞」)」と「西海230号(後の「あきさやか」)」の掛け合わせによって誕生しました。

特徴としては、父と母共に稲が倒れにくく収穫量が多い、また、食味が良いという点が挙げられ、「あきまさり」はそれを受け継ぎ、食味がよく多収な品種となりました。

あきまさりの味

あきまさりの粒はやや小さめで、粘りや香りも控えめのお米です。

味はあっさりとしていますが甘みがあり、また後口がサラッとしているので、主張の強いお米が苦手な方におすすめです。

あきまさりに合う料理

あきまさりは、あっさり軽い口当たりのお米なので、他のお米と混ぜて炊くことで、十分な満足感を得ることが出来ます。

【Amazon】おいしいあきまさりの通販や購入はこちらから


品種 あきまさり
育成年 2006
育成場所
粒形 食味はヒノヒカリと同等で、倒伏にも強く、収量性はユメヒカリを10%以上上回る
名前の由来 「あきまさり」は「ユメヒカリ」とほぼ同じ熟期の晩生種です。九州の主力品種の「ヒノヒカリ」より出穂が1週間以上おそく、高温登熟を回避しやすい品種です。
稲の特性 九州の平坦部

【Amazon】おいしいあきまさりの通販や購入はこちらから

おいしいお米の生産地